三毛猫+三毛猫

cyoroma_muromin_convert_20170718154129.jpg 


最近の暮らしの中での変化といえば、
新たな猫がやってきた。

ラン仲間が室見川のマラソンコースを走っていた時、
川の中州からミャーミャー鳴き声が!
「お昼から大雨の予報だし、川が増水したら流される!」
と、川を渡って保護したそうだ。
とはいえ、助けたものの飼えないし・・・
で、縁あって我が家にやってきた。

生後2カ月ほどの小さい仔猫で、
柄はチョロマと同じ三毛だ。

正直、連れてこられたものの、
飼うかどうか迷った。

ちょうど1年ほど前、近所のコンビニ近くで
野良猫を拾った。成猫だったが人懐っこいサバトラだったが、
むしろその危機感のなさが仇となり、
車道で寝てみたり、誰彼構わずついて行ったり、
「危ない!」ということで保護した。
とはいえ、保護と言っても飼う前提だったが、
1カ月経っても、2カ月経っても、3カ月経っても、
チョロマとセブンくん(セブンイレブン出身)の距離は
縮まらず、それどころかチョロマは声が出なくなり、
セブンくんにはハゲができた。ストレスだよね・・・。
途方にくれていた時、仲良しのデザイナーさん宅の猫が
「よかったらうちで飼うよ」と言ってくれた。
ということで、泣く泣くお別れしたが、
セブンくんはデザイナーさん宅の猫として、
元気はつらつで暮らしている。

・・・そんなこんなで、動物を飼うのは難しい。
性格もあるし、相性もある。
今回はうまくいってほしいな・・・願うのみ。

初めこそ、シャーシャー言っていたチョロマも
その小ささに安心したのか、以前のように警戒しない。
今では、ムロミのしつこすぎる「構って攻撃」にじっと耐え、
立派な「アネキ」として面倒を見ている。

ということで、
長女・・・チョロマ
次女・・・ムロミ(室見川出身)
と相成った次第。

現在、3週間ほどたつが、
とにかくやんちゃなムロミにチョロマはもちろん、
私も夫も翻弄される日々。
仔猫なのでしょうがない・・・早く落ち着きますように。


インスタ:cotori29cotori29


にて、その様子をアップしています。
もしよろしければ、フォローしてやってください。


親バカだけど、可愛いですよ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

7年6カ月

19642323_1403684146378761_2425097351262393355_n.jpg


白龍走から2週間。
坂も辛かったが、その後の忙しさも辛かった。
週明け提出予定だった原稿が(奇跡的に)数日先に延び(うれしい!)、
一息つけた日曜の朝。ふへ〜っ。

ということで、予約を何度も延期してしまった
乳がんの定期検診にやっと行けた。
今回は再発・転移の有無を調べるべくCTとエコー。

「まったく問題ナシよ。
 7年半年クリアやね。よかった、よかった」とW先生。

前日、飲み過ぎたせいで(先生には内緒)
若干、コレステロール、中性脂肪、ASTの数値が高いが、
HighもLowもなく(絶賛中年期にしては良い検査結果。

「でも、油断したらダメよ。
 小葉がんは再発しやすいから。
 10年間はしっかり治療ですからね」

と、W先生よりピシャッと釘を刺される。

「先生、毎日お腹が空いてたまりません」

「ホルモン剤の副作用だからね〜。
 くれぐれも調子に乗って食べ過ぎないこと」

「…ハイ」

ホルモン系の治療は「太る」といわれる。
厳密に言うとダイレクトに「太る」のではなく、
食欲を増進させる作用や代謝が落ちて浮腫みやすくなるなど、
太りやすい条件がそろうといった具合。
これも、神様からの試練なのだろうか。

とはいえ、万事安泰とはいかないが、
なんとか7年半もの間、元気に過ごすことができている。
月日が経って、ついつい生活も乱れがちだが、
あんな思いはもう勘弁なので、
「忙しすぎない生活」を心がけたいと思う。


**

小林麻央さんが亡くなられた。

若くしての罹患、同病患者として
ブログなども読ませていただいていたが、
34歳での逝去は早すぎた。
海老蔵さんの会見や子どもさんたちの姿を見ては
涙、涙だったのだが、もっとも心に刺さったのは、
麻央さんが「ことしの女性100人」に選ばれた際に寄稿した手記だった。


〜一部抜粋〜

人の死は、病気であるかにかかわらず、
いつ訪れるか分かりません。
例えば、私が今死んだら、
人はどう思うでしょうか。
「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??
私は、そんなふうには思われたくありません。
なぜなら、病気になったことが
私の人生を代表する出来事ではないからです。
私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、
愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、
愛した、色どり豊かな人生だからです。
だから、
与えられた時間を、病気の色だけに
支配されることは、やめました。
なりたい自分になる。
人生をより色どり豊かなものにするために。
だって、人生は一度きりだから。

参照元 http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38073955


「可愛そうと思われたくない」
…その気持ち、痛いほどわかる。

私も麻央さん同様に、人生において病気はほんの一部にすぎない
そう思っていた。でも、周囲はそう見てくれない。
私は36歳の時に発覚したが、「若くして可愛そうに」だとか、
何かをやれば「生き急いでいる」だとか、
遠くから聞こえてくる声に、何度も「くそっ」と思った。

でも、その「くそっ」が、結果として大きな力につながった。
ブログを公開することで、たくさんの方とつながることができたし、
山に登ったり、走ったり、新しい世界への扉を開くことができた。
死を意識することは、すなわち生を意識すること。
強がりに聞こえるかもしれないが、罹患後の7年半の日々は、
さらに彩りを増し、そこにいる私はいつも笑っていた。

辛さを包括するぐらい、幸せあればいい。

一度きりの人生。
私だけの人生。
今、この瞬間が愛おしい。
それに気づけたことで、世界は何倍も輝いて見える。


麻央さんの死はもちろん悲しいが、可愛そうではない。
最後の最後まで愛にあふれた姿は素晴らしかったし、
とても美しかった。心よりご冥福をお祈りします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

「私が昨日まで知っていた時間や常識を、今、超えていく」

th_hakuryuso_3.jpg 


「四十路から体育会系!マラソン大好きカナのブログ」

もはやタイトルを変更しないといけない
・・・そんな気がしてならない今日この頃。


hon.jpg  おやおや?


そして、ついにやってしまった。
同じ本を2冊買っちゃうアレ。
本棚に近づいていない証拠だ。
ああ、ブックオフに行こう…。

ということで、
週末、熊本県美里町で開催された
「第3回 Red Bull 白龍走」に参加した。

「日本一の長さを誇る石段3,333段での
 ステアークライムを含む、
 総距離3,333mの上り坂レース」

初年度は333人、昨年は666人、そして今年は999人が参加。
(私はよく知らないんだが)世界で活躍する
トレイルランナーの上田瑠偉選手だとか、川崎雄哉選手だとか、
有名どころも参加する大会(のようだ)。

友だちに誘われたし、ネタになりそうだし、
ま、なんとかなるやろ〜と、完全なノリで参加したわけだが、
10段/3,333段ほどで、そんな自分を激しく後悔。
100段、500段、1000段、2000段…綿々と続く石段、
「これ、ホントに終わると!?終わらんっちゃないと!!」
ハァハァ…とあがりまくる呼吸、
ズンズンとウソみたいに重たくなる足、
普段、あまり汗をかかない私だが、この時ばかりはポトポト…。
もちろん周囲の絶景を見る余裕など一切なく、
前方をゆくランナーたちの汗がしたたりおち、
水玉模様になった石段をただただ見つめながら
3,333段のゴールを目指した。

記録は、

一般女子の部】  
 44位/123人
 49分41秒

今回から制限時間が設けられたそうで、
女子は60分以内、男子は50分以内でゴールしないと
タイムアウトになってしまい、記録証がもらえない。
これが、マラソンタイムのどれぐらいに値するのか分からなかったが、
サブ4レベルの私で男子制限時間ギリギリ。
遊び半分で参加した人々は、完全にタイムアウトだ。
最低でも男子サブ4、女子サブ4時間20分(サブ4.5じゃ厳しいかも)
じゃないと難しいということか…わおー。


いきなり話は逸れるが、
毎度このブログに登場の「しいたけさん」。←準レギュラー
彼がいうところの守護神的なソレに

龍系の人

というジャンル?括り?が出てくる。
友人から「まさに、カナさんやし!」といわしめるほどの
ピッタリ具合で、私も読んでびっくりした。

龍系の人の特徴① 龍系の人の特徴② 龍系の人の特徴③

龍の人が求める世界観は、
「常軌を逸した陶酔の世界」らしい。

「普通じゃ味わえないことを、この瞬間だけは味わうことができる」
 
「私が昨日まで知っていた時間や常識を、今、超えていく」

ギリギリ限界まで自分を追いこんで、
自分を壊してくというのが龍系の人たちは大好き

…なんだって。うぐぐ。


話を戻そう。

タイムアウトのカウントダウンが遠くから聞こえてくる。
このまま歩いていては間に合わないので、
最後の力を振り絞って走る(走れてないんだろうけど)。

「50分切りせんと、悔しくてまた来年…とかになりかねん。
 そんなの絶対いややし〜〜〜!!!」

もはや、半べそ。
なりふり構わず倒れ込んでゴール。
19秒を残して3,333段、走覇!いや、踏覇した。

辛かったよ〜。
きつかったよ〜。
死ぬかと思ったよ〜。
途中でやめなくて良かったよ〜。

まぁ、平凡な記録であるが、
「私が昨日まで知っていた時間や常識を、今、超えた」
瞬間がそこにあった。物理的にはもちろん、
達成感ともまた少し違う、まさに何かが昇華した感覚。
己の精神が龍となって天に昇った。
白龍が見えたような、見えなかったような…。

ということで、3,333段上れば、
3,333段を下らねばならない。
笑いが止まらない膝をひきずり下界を目指す。

現在、3日経つが、
今なお、強烈な筋肉痛。

挑戦して良かった。
でも、1回で十分だ。
階段、しばらく見たくない。


th_hakuryuso_1.jpg 

途中で飲んだレッドブルの染みたことよ。
帰りの温泉に癒されたことよ。
4時過ぎに食べたダゴ汁にホッとしたことよ。
一緒に走った友人たちの存在が心強かったことよ。

こうして、
元気で楽しい毎日を送れることの
素晴らしきことよ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア