春の色

th_haru.jpg 


 すっかり春である。いや、もう終わってる!?お天気や草木の変貌以外に「春ですね…」と感じるのが、大人の階段を一歩上がった若者たちを見かけた時だ。真新しいスーツ、かかとの擦れていないパンプス、そして、とってつけたようなメイク。最近では、小学生でもメイクする時代なのかもしれないが、目をこらすと「見よう見まねでやってみた」感満点のおかめさんが、やっぱり一定数居るのである。

 高校を卒業し、福岡に進学する際、母が商店街の真ん中あたりにある「まるみつ化粧品」で、シャカシャカ振ると白っぽくなる化粧水と乳液、コンパクトのファンデーション、黒っぽい眉ずみ、透明のまつげ下地とマスカラ、そしてリップではない口紅を買ってくれた。それは細いスティックタイプで、オレンジピンクでツヤツヤしていた。今でも鮮明にその色を覚えているのは、つけた自分が自分じゃないようで、とにかく落ち着かなかったから…かもしれない。うん、今思えばあの色、似合ってなかったな。

 誰に聞いか忘れたが、「年齢を重ねるごとに、メイクアイテムが1つ増える」らしい。たしかに、翌年にはアイシャドウ、その翌年にはチーク…。今では、かなりの消費量をほこるコンシーラーだとか、クマ隠しの色つき下地だとか、直近で買ったのは「韓国の女優も使っている目元美容液!これ効く!」だったな。膨大な品々であふれる鏡台を前に、ああ、私も遠くにきたものだ。見つめた先の空の色は、あの頃と同じ、青く澄んでいた。さて、新しいアイシャドウでも買いにいこうかな。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

「コグミはグミ界のGUである」

FullSizeRender-1_2018040716171882e.jpg 


 齢43(もうすぐ44)にして、こんなものにはまるとは…。ま、こんなもの、とは失礼かもしれないが、いい年した大人が好きこのんで食べるものではない。「京都でしか買えない限定品の飴なの〜」なんて言いたいところだが、見ての通り・・・グミだ。グミ。

 これまでお菓子を買う習慣はなかったが、最近はレジ前コーナーでグミを見つけては、なーんとなしに買ってしまっている。運転する時、仕事している時、なんでもない時にもぐもぐ。いや、むにゅむにゅ。これまでグミのことなんて一切考えたことがなかったが、柔らかかったり、堅かったり、味もいろいろある。思った以上に、グミの世界は深い。

 きっかけは、トレイルに行った際、友人が「食べる?」と1粒くれたのが出会いだった。たいがいくたびれていたこともあり、糖分と酸味(レモン味だった)が体に染みた。それからというもの、トレイルや山登りには「My グミ」を携え、道中むにゅむにゅしている。でも、これは推奨される補給食のようで(ロングや100km以上のレースになると「噛む」ものがあった方が胃のトラブルを抑えることが可能です。人によっては50km程度の距離でもミックスバーやトレイルミックス、グミなどの噛むものを摂取した方が良いです)…理にかなってるじゃん。

 そういえば、グミが好きな人がいたな…落合陽一だ!「現代の魔法使い」と呼ばれる若き"天才"として知られるが、彼曰く『つぶグミには複雑性が詰まっている。つぶグミはグミ界のユニクロである』そうだ。





落合陽一先生のつぶグミ論がおもしろい!


 一昨日、薬局で見つけて買った「コグミ」※つぶグミの類似品(どっちが先かは不明)に「いっぱい入ってて、味もいろいろあって、これスゴイ!」と思っていたところだった。さしずめ「コグミはグミ界のGU」ってとこかな。いよいよ、私の思考(嗜好)も天才に寄っていってるぞ。いや、完全にデブに寄っていっているだけか…。傷が浅いうちに、グミと手を切らねばならない。といいつつ、むにゅむにゅしている。ああ、止まらない!



 コグミはUHA味覚糖




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

서울에 다녀왔다(ソウルに行ってきた・・・3日目 旅ラン編)

th_IMG_0742_20180330110921962.jpg 


私の辞書に「ゆっくりする」の文字はない。

 グッドモーニン×2。あっという間に帰国だ。フライトは13時10分。となると、1時間半前には空港に着いておきたいので、10時発のリムジンバスに乗らねばならない。せっかくいいホテルだし、ゆっくり起きて、朝食バイキングでもいくか…と思いもしたが、私の辞書に「ゆっくりする」という文字はない。「やっぱり、旅といえばランでしょ」。日本では渋々走るのに、旅先だけは別。フランスやバンコクにもラングッズ一式を持っていき、時間の許す限り走りまわっていた。

 午前5時起床。パパッと身支度を整えて外に出るも真っ暗。しかも、かなり冷え込んでいる。さっさと走らないと凍え死ぬ。今回の目的地は、ソウルのシンボル「Nソウルタワー」だ。標高243mの南山のてっぺん、調べてみると遊歩道があるっぽい。ま、行けばなんとかなるだろう。これまで、地下鉄で移動していた明洞も走ってみると2kmほどで、近っ! ケーブルカー乗り場を横目に頂上を目指す。道路はクッション舗装されていて走りやすい。アップダウンはあるが、練習コースとしてもいい。それなのに…ランナーの少ないこと、少ないこと。散歩のハラボジ、ハルモニとたまにすれ違うくらい。まぁ、寒いしね…。日本のランブームが過剰ってこともあるか。

th_IMG_0689.jpg
Nソウルタワーが見えてきた

th_IMG_0712.jpg
ひたすらのぼる。霧氷がきれいだった

th_IMG_0710.jpg   
すまーいる

走るどころではなく、雪山登山…でも美しい。

 頂上には階段道でアタック。標高が上がるにつれ雪がすごく、つるつる滑る。足下に気をつけながら、霧氷の隙間を上っていく。走れる状態ではなく、もはや雪山登山。しかし、本当に美しい。約5km、1時間ほどで頂上に到着。それと同時に太陽が昇り始めた。展望台からはソウルの街並みを一望。山に囲まれた盆地なのだな。どおりで寒いはず…なんて。もう少し景観を堪能したかったが、時間がない。下りの階段は転びそうだったので、舗装道を駆け下りることに。こちらも雪化粧した木々が幻想的で、早起きした甲斐があったというもの。

th_IMG_0719.jpg
Nソウルタワーの高さは236.7m。電波塔でもある

th_IMG_0730.jpg 
太陽が昇ってきた

th_IMG_0732.jpg 
八角亭

th_IMG_0739.jpg  
ハラボジ(おじいさん)率高し

th_IMG_0748.jpg 
とにかく、霧氷がキレイすぎた

冷えた体に参鶏湯が染みる、染みる。

 いかんせんGoogle Mapのナビが機能しないので、迷いながらもソウル駅にゴール。往復10km。ホテルに戻ろうかと思ったが、おなか空いた、そして寒い…。温かい食べ物を求めて、南大門市場へ。オープン準備で慌ただしそうな風情ではあるが、営業している店はまだ少ない。裏路地(太刀魚横町)に食堂街を発見したが、カルチジョリム(太刀魚の煮付け?鍋)の店ばかり。正直、魚の煮たやつ嫌い…。一軒だけあった「ソウル参鶏湯」に入る。走った後で喉が渇いた。テーブルに置かれた水を飲む(これが後に…)。しばらくして参鶏湯がやってきた。初日の「智鎬韓方参鶏湯(ジホハンバンサムゲタン)」に比べると炊きが浅く感じられたが、その分素材の味が生きており、染みこむような味わいだった。とりあえず、おなかも満たされ、体も温まった。

th_IMG_0759.jpg 
南大門は生活雑貨や食料品を取り扱う店が多い

th_IMG_0761.jpg
韓国といえばイシモチ

th_IMG_0765.jpg
新しくはないが、掃除はいきとどている

th_IMG_0764_2018033011265289e.jpg   
水炊きみたいな味。あっさり

IMG_0794.png 
もう少ししたら、桜がきれいだろうな

 早くから開いていた問屋で、ラッピング商材を漁ったりしてたら、いよいよリムジンバスに間に合わない! バタバタとシャワーを浴び、荷物をパッキンしてチェックアウトした(これが後に…)。空港には無事予定時間につき、免税手続きや免税店を冷やかし、福岡に帰った。


すんなり終わったためしがない。想定内だが…トホホ(T_T)

 これでソウル日記終了。チャンチャンのはずだったが、帰国した日の深夜、猛烈な腹痛で飛び起きる。それからトイレとお友達…。おまけに高熱まで出る始末で、結局3日寝込んだ。カラス貝かいな…食堂の生水かいな…辛く苦しいお土産、韓国よありがとう。そして、数日前からガーミンの計測器(そこそこ高い)が見あたらない。あーん、ホテルに忘れてきたかも(泣)今、ホテルに英文メールを送ったところ。見つかりますように…。

th_IMG_0784.jpg 
海外に行くと必ずといっていいほど体調を崩す

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア