好調なのか、不調なのか…(番外編)

気功


「ここのところ病気ばっかりで、
 私は何かに呪われているんじゃなかろうか」

友人5人でモンゴル鍋を食べていた時のこと。
スピ系話が「アリ」な面子なので、なんの迷いもなく

「それって、前世から引き継いでいる呪いでは!」
「どっかで何かに取り憑かれたんじゃない!」
「目に見えない何かが作用して熱を出しているかも!」

などなど、でるわ、でるわ(笑)

ということで、仲間内で評判の良い気功院があるので、
そこで診てもらおう!となった。
うち2名は既に施術してもらったことがあり
「地に足がついてなくて、フラフラしています」
「片足しかついていません」
「チャクラがまったく開いてません」などと言われたそう。
わー、なんて言われるんやろ…!
不安というより、ワクワクしながら気功院を訪ねた。

最初に言っておくが、こちらの気功院は怪しいやつではない。
基本は身体の歪みを整えたり、
痛かったり滞っている箇所をほぐしたり流したりがメイン。
「気」という目には見えないものだが、
弱っているところは弱く、充実しているところは強く反応するそうだ。
事前に言わなくても、左足首をさすり「ここ、痛めてますね」。
たしかに!マラソンで痛めて、慢性的に痛みがある箇所だ。
その他、婦人系を司る腎系が弱いとのこと。

今回は最初なので、まずは弱い部位を知り、
ある程度まで整えて施術は終了。

「何か聞きたいことはありますか?」

・・・あります、ありますとも。

「先生、なんかこう…呪われているとか、憑かれているとか、
 その手のものはありませんか?私、病気ばっかりするし…」

と単刀直入に聞いてみた。すると、先生より一言、

「大丈夫です。まったく。←キッパリ
 むしろ逆で、たくさんの人に守られていて、
 (上半身あたりをさして)すごく厚い気で覆われていますよ」

なんと!呪われていない!

「いろいろと苦労は多いかもしれませんが、
 普通の人だったらへこたれてしまうそれも、
 笑いながら耐えられる、ある種、強靱な気の持ち主です」

褒められているのか、そうじゃないのか…ま、いいか。

「足もしっかり地についていますし、
 チャクラも下3つが開いていて、
 精神的にとても落ち着いています。
 ということで、必要なのは体のケア“だけ”です」

・足首から下のケア
 (足首まわし、足指マッサージ)
・耳ひっぱりマッサージ

を宿題に出され、サクッと終了。
たしかに、体は病弱だが、気持ちはタフだと思う。
今のところ、ストレスも感じていないし、
人間関係もすこぶる良好だ。

ということで、特別心配するような症状もなく、
呪われても、憑かれてもおらず、
非常に健やかであるということが分かった。


ああ、よかった、よかった。




・・・じゃ、あの高熱はなんだったんだ?
まだまだ、原因探しの旅は終わらない。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

好調なのか、不調なのか…(3)

IMG_4491_convert_20170407175758.jpg


好調なのか、不調なのか…(2)のまま、またしても放置・・・。
「更新なしということは、不調なんじゃないか!」と思われた方、
少なくともうちの両親からは電話がかかってきて、
「大丈夫とね!」と、いらぬ心配をかけてしまった。

結論として・・・大丈夫なんで安心してください!

この更新まばらなブログにお越しくださる方の中には、
同じ病気の方や何かしら健康に不安を持たれている方も多く、
情報自体は参考にならずとも、ひとつの例としてもしかしたら
何かの役に立っていたらいいな…。はちゃめちゃだけれども。

私も今後どうなるか分からないので、
「記録」という意味でも、記しておきたいそれもある。
ということで、もう少々続きます。


***

一連の騒動をひっさげ、乳がんの主治医に相談。
親身になって解決に導いてくれると思いきや、
ひとしきり血液検査結果などを見直し、

「別にどうもしてないけどね…」

ですね、どうもしてませんよね…。
とはいえ、他に頼るところもなく(すでに3院回ってますし)、
薬の副作用や飲み合わせなども含めて、
なにか解決のヒントは無いものかと頼んだが、

「私は専門外だし、どうしてほしいの?」

「もう、いいです」

と、言葉にした瞬間、涙がドドドーーーーーッ。

大人げないし、先生を困らせるつもりはなかったが、
これまでのいろいろに疲れ果て、涙腺が決壊してしまった。
週末の外来は激混みで機嫌が悪かったのかもしれないが、
正直、がっかりしたし、とっても悲しかった。
結局、気の毒に思った看護師さんが大きい病院を調べてくれ、
散々渋られた紹介状も手配してもらい、なんとか次の目処がついた。


先日、大きい病院の総合診療科を受診。
案の定、検査と待ちに長い長い時間を要したが、
ここらではっきりさせたいところ。
病院の食堂のまずい山菜そばを食べながら、結果が出るのを待つ。

ひとけもまばらになった頃、私の番号が呼ばれる。

「結果は…う〜ん、特に異常はないですね…」

不思議なもので、病気なのも困るが、病気じゃないのも困る。
それは先生もお分かりのようで

「もっと力になれたら良かったんだけど…」

いやいや、先生は悪くないですから。
結論として、もう一度、熱が出た瞬間に再検査
(炎症反応等が数値に反映される)、
後日、自己免疫疾患系の検査結果が出るのでそれから判断…と相成った。
また、これは婦人科の先生との話だが、
生理周期と高熱のタイミングがどうも怪しいので、
改めて検査するとのこと。

何軒も渡り歩き、何万円もつぎ込み、
採血も何本も取られ…ぼくはもう疲れたよ。

そして、病は「疲れ」を見逃さない。

「あれぇ〜、なんか頭痛い気がする…」

また、来たか!と思ったが、今回は様子がどうも違う。
39.5℃まで上がり、何日も続く…

ハイ、インフルエンザa型。

弱り目に祟り目とはよく言ったもんで、
何がなんだか分からないまま、もう寝るしかなかった。
やっと元気になった本日、今週が終わる。
きっと来週はいい日だと信じたい。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

好調なのか、不調なのか…(2)

IMG_4079_convert_20170330183222.jpg 

ここから、高熱の謎を解き明かすべく長い旅が始まる・・・。

手始めとして、まずは近所の内科へ。
「インフルも陰性ですし、風邪でしょ」との診断。
そんなもんかな…と思っていた翌週、またもや高熱。
慣れっこになって放置したら、そのまた翌週に同じ症状…。

「高熱 突然 原因」でネット検索すると
「大人の知恵熱」「膠原病」などいくつか出てきた中で、
一番近い症状が「腎盂炎」ぽかったので泌尿器科へ。
治せとは言わないので、ちょっとでも原因がわかればいい…
と検査やエコーなどを行う。

「膀胱炎や腎盂炎ではありませんね。
 でも、子宮?子宮筋腫?が肥大していますね。
 婦人科へ行ってみてください」との診断。

えー!病院をハシゴして婦人科へ。
実をいうとここ数年、婦人科の検査をさぼっていた。
だって、子宮体がん検査ったら痛いんだもの。マンモの比じゃない。
なーんてことは、まったくもって行かない理由にならないが、
特に不調も感じていなかったので、ついつい後回しにしていたのだ。

検査の結果は、

「子宮全体が肥大していますね。子宮腺筋症です」

えー!なにそれー!
強度の月経痛や月経過多、ひどくなれば手術らしい。
子宮内膜症に似た症状のようだ。
子宮腺筋症も乳がんも、エストロゲン由来の病気である。
とにかくホルモン治療剤のこともあるし、
整合させるべき情報が多すぎて、頭、ぽーーーーん。

・乳がん
・甲状腺機能低下症&バセドー病
・喘息
・蕁麻疹(アレルギー)

新たな仲間が加わった。

子宮腺筋症

既往症覧がいよいよいっぱいになりだした。



・・・ということで、旅はまだまだ続く。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア