保険をシフトチェンジ

DSCN1207_convert_20120825165308.jpg
食べたい、鮎・・・。

おはようございます。
すごく久しぶりな気がする。
書いてはみたものの、なんだか話がまとまらなかったり、
おもしろくなかったり、たり、たり・・・で放置。
一番の理由は「仕事が忙しかった」なんだけどね。

そんな最中、保険の見直しなどにはまり込み、
自らの首を絞めるという・・・。
比較したり、突き詰めてゆく作業、好きっちゃ好きですが。w

秋が終わった頃には、術後3年を迎える。
私のステージでは、だいたいこの辺りを越すと
加入できる保険が増えてくる(といっても、片手で足りるくらいだけど)。
健常者と比べると、4、5倍といわないくらい保険料は高くなるけれど、
初発より膨大な費用を要する再発に備えておかねばならぬから・・・ふむ。

それから、ダンナの保険の見直し。
結婚直後に入ったものなので、もちろん加入年齢が若い分、
掛け金は安いけれど、内容が微妙だったり、そもそも把握しきれていない。
それでもって、当初は「順番的にダンナが先に逝き、
残された私と子ども(当初予定2人)が困らないように」と
死亡受取を厚めにしていたけれど(世の奥さま、そうだよね)、
すっかり状況が変わってしまったわけで・・・。

とにかく「夫婦2人が生きている時間」に
照準を合わせた内容にシフトチェンジしようと相成った。
他人様に迷惑をかけない程度のお葬式代は必要だけど、
大金なんぞ残しても意味なし。
ということで、医療保障を充実させ(どんな病気でも来い!)、
いざと言うとき途中解約しやすいもの、
保険料免除特約があるものなどに変更しようと思う。

この類はすごく難しいし、決断にも力が要るけれど、
定期的に見直す必要があるもんだなと再確認した。
今回は「ほけんの窓口」のファイナンシャルプランナーさんに相談したが、
「一時金の最終受取は・・・ダンナさんが75才ですね」
まじっすか!60才でもらえないですか!
・・・私、生きてないかも。というか、ダンナも。
そんなこんなで、調べるといろんな「要検討」箇所が浮き彫りになった。

ちなみに、医療保険の内容に関しては、
まさに「経験」として分かっているので、
「あー、入院金より、一時金が多いやつがいい」
「生活習慣病より、がんへの保証が厚い方がいい」
希望は言いやすかった。
ファイナンシャルプランナーさんからも、
「さすが」と感心されたよ。苦笑

ということで、こんな感じだったので、
ブログ書く暇がなかった・・・。


**

th_DSCN6357.jpg

お盆に作っておりました。ネックレスです。
木の実みたいで、なんだか「うまそう」な風情です。
黒のタートルネックに合わせるイメージで作りました。
タートルネックと書いただけで目眩がしますが・・・。



**


チョロマは、友だちと遊んでました。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

ひとで | URL | 2012.08.26 21:53
保険の取捨選択は難しいですね。
オラの場合も嫁さんが乳ガンになる前年にガン保険(夫婦型)の見直しを検討していたのに結局何もせず・・・、まあ保険は出ましたが「あと一声!」と保険屋に言いたくなった(笑)。
保険を止める時は「解約せずに掛け金の支払いを止めて、自動で解約に持っていくと、猶予期間中に万が一病気になった時は払っていなかった掛け金をを支払って復活させ保険金をもらう」という方法を勧める人もいましたよ~。
ナギサチ | URL | 2012.08.26 22:15 | Edit
私の場合、母親がガンで亡くなったこともあり、しかも(いまだに)独り身なので、死亡保障より入院やがんに重きをおいて契約したんですよね~。

その2か月後にガン発覚っていう…すごいタイミングだったのですが。

あの時はそれで良かったと思いましたが、今はちょっと後悔してますね。

万が一、結婚したりすることがあれば見直そうかしら?
花子 | URL | 2012.08.27 00:03
エネジーを感じるオレンジ。黒や茶色と合わせたらとってもすてきだと思います。
かほる | URL | 2012.08.27 17:25
再発治療でも高額医療費還付で助かってますが、世帯収入やライフステージ、税制との絶妙なバランスで助かってるのであって、教育費とローン抱えてたらタマランな。という薬代ですよ。
残り7割払ってくれる健保組合もタマランでしょう。
たいていの健康な人は聞いて絶句します。
私も初回は「健保効かない?」と思ったもの。
それをたぶん生きてる限り飲む。うへ。

入院は短期化傾向だし、手術も昔ほど切らないし、どちらも健保も還付も効きます。
本当にお高いのは抗がん剤、とくに新規の。
長期の化学療法、放射線療法に手厚い保険をお勧めします。

ガンマ線云々の先進医療費は、存外使えない場合が多いのよね~
効く人には劇的に効くけど、効かない人は意味ない程度だし。
保険でまかなえれば効かなくてもあきらめつく?そういうもんでもないでしょう…
わずかな特約で付けるのはともかく、それを目玉にする会社は「わかってません」よね。
ミネコ(三猫) | URL | 2012.08.27 20:50 | Edit
昔、生保の給付窓口のコールセンターにいたことがあります。
その時、研修で保険のこといろいろ勉強したのに、
全部忘れた(^_^;)

自分の保険のこと、ちゃんと見直していざという時
すぐ対応できるように証書とか契約のしおりとか
分かるようにファイルしとくこと。
・・・できてないんですけど。しなくちゃなー
カナ | URL | 2012.08.28 13:51
>ひとでさん

保険って、一種の賭ですからね。
予測のみで大金をつぎ込むのですから、
決断するのにも力が要ります。
ダンナさんには厚めに掛けて、
奥さんは最小限・・・が普通だと思うので、
私も「もう一声!」と本当に思いましたよ。

おそらく「払済」という方法が
これにあたるのかな?
あまり公になってないけれど、
裏技みたいなものがたくさん存在しているみたいですね。
カナ | URL | 2012.08.28 14:01
>ナギサチさん

ほーんと「生きるための保険」やと思いますわ。
まぁ、欲を言えばきりがないと思いますが、
思い立った時が替え時、それも運命ということで。

私も困らない程度に入っていましたけど、
まさか30代でがんになるとは、思いもよらなんだ・・・。
がん家系でないから・・・とノーマークでしたもん。

カナ | URL | 2012.08.28 14:02
>花子さん

パワーストーンの類(効果)は
あまり気にしていませんが、
華やかな色のものは、見てるだけでも
明るい気分になりますもんね。
女性らしさも高まりそうだし。うふふ。

カナ | URL | 2012.08.28 14:08
>かほるさん

>本当にお高いのは抗がん剤、とくに新規の。
>長期の化学療法、放射線療法に手厚い保険をお勧めします。

いやはや、まったくそのとおり。
なってみてわかる、治療の奥深さ・・・。
保険の複雑さ×医療の複雑さによって、
もはや一般人では理解しがたいですよね。

一番は「かかっただけ支払い」なんでしょうかね。
一時金に目を奪われがちですが、
実費保証が堅実な気がする・・・。

カナ | URL | 2012.08.28 14:13
>ミネコ(三猫)さん

実は私も昔、昔、保険のおばちゃんに頼まれて、
外交員資格(研修)みたいなものを受けさせられたんですよ。
よって、なんとなく理解している気でいましたが、
いや〜〜、海のごとく深いですね。保険の世界って。

私も慌てて証書探しましたもん。苦笑
定期的に送られてくる証書も、どれがどれやらで
難儀しましたわ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア