波佐見陶器市 2012(2)

一真窯

桜陶祭で行った中尾山にある窯元のひとつ。
「光春窯」や「陶房 青」など中尾山にはいくつか
気に入った窯元があるんだけど、
陶器市会場に出店しているところは、ここだけじゃないかな。
(商品提供はしてあるが、実店舗としては参加していない模様)

白磁のしのぎ模様(表面を削る)が特徴で、
シンプルなものが多いけれど、作品によっては、
Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)の陶器のような
洋の要素も感じられて、人気のある窯元でありんす。

今回は自分用に16径ボールを2つと、
あとは友だちへのプレゼント用にいくつかまとめて購入。

DSCN4108_convert_20120508171756.jpg



仁窯

ろくろのデモンストレーションを見ていたら、
「うちの主人は、本当に焼き物が好きなのよ~」と
ニコニコしながら奥さんに話しかけられて、
なんかいいな~と思ってね。作家の妻、こうでなくっちゃ。

調べたところ、ご主人(朝長 仁さん)伝統工芸士に認定されている
ハイレベルな職人さんのようで、たしかに並ぶ器の佇まいがすごく美しかった。
透明感のある白磁で、なめらかで艶やか。
A品は高くて買えなかったので、アウトレット品で我慢。でも破格値!

DSCN4103_convert_20120508171640.jpg


■ 窯元不明

実を言うと、すごく欲しいってわけではなかったんだけど、
「おっちゃんじいちゃん」のお店で買ったもの。
とにかく「おっちゃんじいちゃん」は私の弱点でありまして。苦笑
本気の作品もう~んな感じゆえ、お客さんもあまりいなくて、
手持ちぶさたな姿がもう、もう、もう・・・。
一周して、気になって、さらに一周して・・・買ってしもうた。
「私もこれでビールを飲みよります」とのことで、ビールグラスにした。
同じ規格のはずだけど、柄や湯飲み部分の大きさもマチマチだし、
重さもものによって違う・・・ある意味、選ぶのに苦労しての2つ購入。

だからと言ってはなんだが、それも含めて「味わい」のような気もして、
私も同じくこれでビールを飲んでいる。
※ダンナには「取っ手が取れそう」と不評だが・・・。

th_DSCN4100.jpg


ということで、今回の戦利品は実に地味であった。
こう見ると「ヤマザキ春のパン祭り」でもらう器みたいだし・・・。
短大進学の時に買った無印の器をいい加減捨てよう・・・そうしよう。
そんでもって、IKEAに食器棚を買いに行こう・・・そうしよう。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

musica | URL | 2012.05.13 11:45
波佐見陶器市、行きたい。。。
カナ | URL | 2012.05.14 09:30
来年こそは、いらっさい。
陶器市じゃない時でも、それなりに回れますゆえ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア