波佐見陶器市 2012(1)

th_DSCN4125_20120508081859.jpg

5月4日、ダンナが釣りに行くというので、
しめた!とばかりに母を誘って長崎・波佐見陶器市へ。
実家から30~40分と近いし、賑わう有田陶器市に後ろ髪引かれつつも、
コンパクトで回りやすいゆえ、もっぱらコチラが多い昨今。
→→→→昨年の様子
今回はさらに時間がなかったので、いつも行くところを
ピンポイントで買い回った感じ。
「すでに持っていて、使いやすかったものだけ補強」
あくまで即戦力目当て。吟味なし。即決、即買い。
よって、画面的に地味。苦笑


■ 白山陶器

今や全国のセレクトショップにもっとも
取り扱いが多いであろう、ど定番メーカー。
「一点物じゃなきゃ・・・」とか「一生使いたい」などという
発想はまったくないので、使いやすくて丈夫で、デザインもシンプル、
そんでもって、割れてもすぐ買い足しできる白山陶器は、
私の好み(がさつな性質を補う)を満たしている。


【青磁シリーズ】

th_DSCN4093.jpg

現在の売れ筋は平茶わん、麻の糸、COMMO…あたりであろうと推測。
そんな中、存在は非常に地味なんだけど、昨年~今年で我が家の食卓で
もっとも出場回数が多かったのが、この「青磁シリーズ」。
・・・1987年にグッドデザイン賞を受賞したロングラン商品みたい。

八寸の平鉢はちとでっかいいんだけど、丼によし、大鉢によし、
和洋問わないし、どことなくアジアな雰囲気もあるので、
エスニックや韓国料理にも合いやすい。

ということで、今回は六寸とひめとんすい、れんげを追加。
揃ってウレシイけれど、パッと見、中華料理屋の風情・・・。

th_DSCN4132.jpg 



【ブルームシリーズ】

th_DSCN4117.jpg

こちらは、どちらかというとパケ(絵柄)買い。笑
北欧っぽいデザインと瑠璃色が女子の心をわしづかみするようで、
ここのコーナーが一番人が盛ってた気がする。
絵柄の印象が強いってことは、意外に使いにくいってことだけど、
定食風の盛りつけを好むのであれば、オススメのシリーズ。
なんてことないハンバーグやショウガ焼きでも、
な~んかご馳走に見える不思議さよ!
美人さんなお皿であるな~と見るたびに思うわ。

th_DSCN4127.jpg




長くなったので、残りは次回。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア