韓国ソウル・親孝行ツアー(3)

th_DSCN3699.jpg

仁寺洞

李氏朝鮮が漢陽(現在のソウル)を首都とした時代から発達してきた街。
両班(ヤンバン=昔の高級仕官)が住んでいたところでもあり、
その名残りとして古い町並みが残っている。

th_DSCN3721.jpg 某コーヒーショップ名もハングル

th_DSCN3719.jpgth_DSCN3722.jpgth_DSCN3723.jpg
th_DSCN3705.jpgth_DSCN3707.jpg

ほな、散策!と行きたかったが、友人に頼まれたマニキュアを買うため、
入り口の「TONYMOLY」にて大半の時間を使い果たす・・・色がいっぱいでさ。笑


南大門

言わずと知れた、ソウル市民の台所。
東大門は衣料品中心だけど、南大門は食品中心。
ということで、日本で言うとアメ横ですかね。(福岡なら西新。笑)

th_DSCN3725.jpgth_DSCN3726.jpgth_DSCN3727.jpg

ツアーはここで解散。ガイドさん、どうもありがとう!
南大門市場を見て歩こうかな・・・と思ったけど割愛。
たしかに安い感じはするが、日本人と分かれば「ニセモノアルヨ」の連呼で、
私はともかく、母&叔母では太刀打ちできない。
ぼったくられるか、スリにあうかのどっちかと判断しチラ見で終了。
見計らったかのように雨がパラパラ…さっきの「昌徳宮」で降られなくてよかった~。

現代百貨店横の「曾賢蔘鷄湯」でお昼ごはん。
食堂っぽくて、現地の人しか見かけなかった。

th_DSCN3737.jpg 蔘鷄湯 13000W(980円ぐらい)

まるっと一羽。
基本的に蔘鷄湯は自分で味を作ってゆく食べ物であるので、
キムチ入れたり、塩をつけたり、おいしくいただける。
しかし、これが果たして「おいしさレベル」のどのあたりに位置するのかは不明。
お店のおっちゃんもいい人だったので、よしとしよう。

th_DSCN3738_copy.jpg うまし!

次の予定まで少し時間があったので、歩いてゆける明洞の繁華街へ。
ここは何度か来たこともあるので街の風情も分かる。
よって、母たちが楽しい場所でもないし、はぐれて迷子になるだけ・・・
ということで、さら~っと流すのみ・・・だったはずなのに、私の手には買い物袋。
いやね、たまたま通った「OMBRE(オンブレ)」 って店がかわいくてさ。
サイトではデニム専門店となっているけど、
売れ筋なのか牛革のバッグがずら~~~~っとあった。
どっかのブランドショップで見かけた(忘れた!)やつによく似たものを
見つけたので、即買い。あやうく3つ買うところだったけど、
この先長いし、時間もないし、なにしろ引率なんで泣く泣く買い物終了。


さあさあ、次行くぞー!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア