3.11に思う

DSCN3130_convert_20120312162215.jpg

3.11

昨日であの日から一年経った。
朝から特番がたくさん放送されていて、
「いろいろ思ったら泣けてきた」とダンナ。
たまたま、元上司の訃報の連絡もあり、
それもごっちゃになって泣けてきたらしい。

お昼に近所の「浜勝」に行ったんだけど、
泣いたらお腹が空いたようで、ご飯を4杯もおかわりしていた。

ちょうど帰ってきた頃、2時46分。

目を閉じて黙祷をした瞬間、
目の奥がぐわんと熱くなり、あれよあれよと涙が出て驚いた。
いわゆる意志ではない感覚の部分が勝手に涙を放出させ、
ああ、知らない間に心に傷をこさえていたんだな・・・。

横にいたダンナがティッシュで拭いてくれたんだけど、
残念なことに、この日のマスカラがウォータープルーフでなかったため、
お見事なほどパンダ目で、お互い顔を見合わせて大笑いになった。

大切な人を亡くした人、財産をすべて失った人、
慣れ親しんだ街を離れて暮らす人、その悲しみ、苦しみ、怒りは計り知れない。
でも、代わってあげることはできない。
一人一人、それぞれの方法で、乗り越えるしかないのである。

ある中学校の卒業式が放送されていた中で女の子が、

「これから先の人生を津波のせいにしたくない。
 そのためにも前に進みたいと思う」

みたいなことを言っていた。
悪いのは自分じゃなくて○○のせい・・・と思って生きるのは、
ある意味ラクだけど、やはりそこから何も生まれない。
おそらく彼ら、彼女らの人生は、これまでより困難がつきまとう。
でも、そこで進むのをやめてしまっては、ただ困難が困難として残る。
すごく力の要ることだけど、より先へ、より前に進んでほしいなと思う。

そんなこんなで、おっさんなのにご飯を4杯食べられることや、
涙をぬぐってもらってパンダ目になって大笑いすることは、
生きているってことであり、幸せってことなんだな・・・感謝。


亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われたみなさんが、一日でも早く元の生活を取り戻し、
生きる希望、幸せを感じることができる日が来ることを、
心よりお祈りします。



追伸:がれき受け入れ賛成派です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

ふとえ | URL | 2012.03.12 18:03
私もその時間、泣いていた。この世は悲しいことだらけです。

あの日からテレビは見ないの。映像に耐えられなくて。

情報はラジオとネットで足ります。自慢の40インチの液晶テレビには

ホコリ除けの白い布がかかるんですよ。売っちゃおうか?

名無し | URL | 2012.03.12 18:42
瓦礫受け入れ賛成派って瓦礫受け入れることで
本当に被災地が救われると思っているのですか?
よく考えてください。
カナ | URL | 2012.03.12 18:50
>ふとえさん

たしかに、悲しいことはいっぱいですが、
楽しいことやウレシイこともいっぱいあるんじゃないかなと、
まぁ、希望かもしれないけど、そう思うのです。

でも、情報の取捨選択は、
ふとえさん自身のルールでいいと思います。
自分の心地よい空間・世界は自分で創らなきゃ、ですね。
カナ | URL | 2012.03.12 19:08
>名無しさん

被災地救済というより、日本という国に起きた震災だと思うので、
手分けして片付けた方がいいんじゃないか・・・私個人の考えです。
これに限らず、いろんな考え方があって当然だと思います。
さまざまな意見より、いい方向に行けばいいですね。
yu | URL | 2012.03.12 20:53
涙ふいてくれるダンナが横にいるのがうらやましいにゃv-283v-343
カナ | URL | 2012.03.13 11:02
>yuさん

実をいうと、この手の行為を「しあわせ」と気づいてなかったです。笑
最近になって、あー、なるほどーと思った次第で。苦笑
mi | URL | 2012.03.13 21:19
わたしは市で瓦礫の担当をしているものです 瓦礫が片付かないと進まない事がたくさんあります・・・そう言っていただける方がいるだけで嬉しいです ありがとうございます
MIKI | URL | 2012.03.13 22:38
力及ばずだけど、被災地の復興を願っています。

なんか、名無しさんみたいな書き込みはさみしい。
ひとつずつやれることを考えることが大事。
報道もちょっと違うんじゃないか、って目をそらしたくなるような変な演出だし。こんな風に個人の綴っている文章の方がよほどピンときます。

日本のなかで起こったことなのに、政治が、他人事みたいに思っているように感じます。
カナ | URL | 2012.03.14 09:57
>miさん

わっ!いやいやお疲れ様でございます。
当事者でないのに、わーわー言うのもいかんなと、
発言をあえて避けてきたのですが、そう思っていただけて良かったです。

なんというか、いい/悪いではなく、
我関せずの「傍観者」にはなっちゃいかんなと思い、
自分なりに考えるようにしています。
カナ | URL | 2012.03.14 10:03
>MIKIさん

いろんな情報が錯綜してますし、
人によって受け取り方も違えば、主義主張も違います。
いろいろある中から「自分はどう思うかな」と立ち止まることが
大事なのかなと思ったりしてました。

一人の力は無力ですが、それはゼロではないです。
やれること、思うこと、ちょっとずつでも+できたらよいですね。
名無し | URL | 2012.03.14 10:14
被災地救済というより、日本という国に起きた震災だと思うので

>原発事故に関して言えば世界規模の問題です。
放射性物質には「痛みを分かち合う」や「絆」や
「助け合い」という甘美な感情は存在しません。
たとえ低レベルでも目に見えず匂いもなく静かに
確実に人体を汚染します。
関東で処理するならまだしも、土壌汚染のない土地での
処理はもってのほかです。
福島以外に放射性物質は降らなかったのでしょうか?
宮城や岩手には1粒の放射性物質が舞い降りなかったとでも?

http://onodekita.sblo.jp/article/54423340.html

http://takedanet.com/2012/03/post_6946.html


しかも政府はセシウムしか検査していません。
セシウム以外有害な核種が爆発によって吹き飛んでいます。


http://lituum.exblog.jp/17918815/

放射能汚染でまっさきに犠牲になるのは一番弱い子供です。
もう二度とコメント入れませんがもう一度言います。
真っ先に健康に影響がでるのは子供たちです。



malt. | URL | 2012.03.14 14:51
カナさん、こんにちは

被災地からの声をもっともっと世界に知って欲しいです

生活の問題、環境問題・・東北人は絶えています。堪えています。

頑張ってってよく言われますが、みんな、そんなことを言われなくても頑張っています。

1年、2年と起きた現実を風化させないようにすること・・これは、被災した私たちが
すべきこと

そして、どうか 忘れないでいて欲しい  知って欲しい

まだ、何も解決していないことを・・・
こはる | URL | 2012.03.15 08:44 | Edit
カナさん、いつも楽しく読ませていただいてます。
しかし、今回の最後の「追伸」には、腰を抜かしそうになりました。
カナさんは真実をご存じなのかと思っていたのでとてもショックです。
ジャーナリスではないにしろ、文章を書いてお金をもらい、
世の中に発信するお仕事をされている方としてはあまりにも不勉強で、無知すぎです。
なぜガレキを拡散させてはいけないか、このサイトはわかりやすく簡潔にまとまっています。
http://www.pref.tokushima.jp/governor/opinion/form/652
徳島県のサイトです。

そしてなぜあんなに政府がガレキを拡散させたいのか・・・もちろん目的は「お金」。
枝野の父親は北関東の廃棄産業の重鎮ですし、ガレキを受け入れることで各市町もお金がもらえます。
さらに、ガレキを拡散することによって、数年後、莫大に増えているであろう
放射能汚染による病気を補償しないためです(福島だけじゃなく、全国的にガン発生率上がってるでしょう?と言いたいがため)
癌で苦しまれたカナさんが、このままガレキを拡散してたくさんの人がガンやさまざまな病気で苦しむことになるのを応援されているというのに驚きを隠せません。
もう少しお勉強されるべきです。あまりにも無知です。
まさか、「東北へ行こう」「食べて応援」キャンペーンのお仕事とかされてませんよね・・・
ちなみに、福岡ももはや食品の放射能物質汚染は免れません。
外食、コンビニはほとんど汚染されてると思った方がいいでしょう。
最近体調がすぐれないのは、内部被ばくによる低線量被害の影響も疑われた方がいいと思います。
免疫が落ちてる方へは特に影響が大きいです。
こちらもご参考にご覧ください。
http://sos311karte.blogspot.com/

あと、こちらの方のブログも大変参考になります。コメント欄にも有効な情報がたくさんあります。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

まずは北九州のガレキ受け入れを阻止しないと、九州全部が汚染されてしまいます。
カナ | URL | 2012.03.15 08:49
>名無しさん

名無しさんのコメントもごもっともです。
それらも含め、皆それぞれに考え、
自ら導き出した結論のもと、行動に移さないといけないですね。
カナ | URL | 2012.03.15 09:26
>malt.さん

どうもどうも、malt.さん。
遠く離れた私たちが知り得ないこと、
たくさんあるんだろうなと思います。
テレビなどでは、復興、復興と盛り上がっている様子が
放映される一方、八方塞がりの人も多いはず。

もちろん、全部知りうることはできないけれど、
malt.さんの訴えを、感じることはできます。
なにをどうしたらいいか、正解なのかはわからないけれど、
無関心だけにはなっちゃいかんなと肝に銘じています。
カナ | URL | 2012.03.15 10:36
>こはるさん

コメント、ありがとうございます。
勉強不足であることは、ごめんなさい。
添付のサイト、見させてもらいますね。

とはいえ、仕事でやってるのかであるとかは、
ちょっと悲しいです。あくまで、私個人の考えですよ。
体調に関しても、問題ないのでご安心ください。
yuko | URL | 2012.03.18 17:41
カナ様

大震災後、いつも被災地にあたたかい眼差しを向け、
今回も
「ガレキ受け入れ賛成派」
と表明された、優しさと勇気に感動しました。

カナ | URL | 2012.03.20 12:50
>yukoさん

コメント、ありがとうございます。
いやいや、もっとやらんといかんな・・・と、
反省したり、考えてみたり、もぞもぞな日々ですよ。

勇気はちょっと要ったのですが、
「自分はどうだろう」と考えてもらえたら(賛否両論あってよい)、
いいのかなと思いました。考えから、行動につながればもっといいかと。
たびい | URL | 2012.03.22 01:11 | Edit
こんにちは、はじめまして。
わたしも同病(軽かったですが)やってまして、また同世代の
自由業、勝手にシンパシーを感じて今までずっと陰ながら
応援したり、一緒に涙を流したりしてブログを拝見
してきました。

ので、はじめてコメントするのにこんなにしょっぱい
話題で申し訳ないのですが、瓦礫の件、やさしさからの
お気持ちなのはよく分かります。でも、この問題は、よく
知れば知るほど賛成出来ないのです。
上の方たちもすでに紹介していますが、わたしからも
下記のリンクのご一読をお願いいたします。
http://www3.hp-ez.com/hp/kakusan/page1
↓「がれき受け入れについて医師の立場からの意見書」
http://www.radiationdefense.jp/wp-content/uploads/2011/12/c1a973770ad3a28000054a899b4091a51.pdf
この問題は、よく情報を知り考えないと理解が難しい問題なのです。

瓦礫は、汚染があるとすれば、それはどこで処理するにしても
もっとも汚染を封じ込める処理方法が検討されるべきなのです。
それは、放射能汚染だけでなく、アスベストなど化学物質
汚染の可能性も含めてです。
安全性の十分な検討と説明がなされていないのが問題の根本にあるのです。
また、汚染されていないのならば、それは現地で処理するのが
経済性からみて一番現地支援になる方法です。
陸前高田市の市長は、雇用創出などのため現地で処理したいと
言っています。
少なくとも、40億円と言われる広告費や莫大な運送費を
かける事に疑問はありませんか?あまつさえ、国は瓦礫受け入れ
地方自治体に助成金を出すと言っています。その分のお金を
現地に渡して、現地で復興優先度の高い事業にお金を
配分できるようにするほうが理にかなっていると思いませんか。
また、今回の問題の国や行政の住民の反対を無視した
進め方は、反対住民を無視してお金をばらまき原発を推進してきた
プロセスにも重なる横暴を感じます。

現在、東北や関東から現在放射能を恐れて九州以南に
避難している方が大勢おられ、その方達はそのために
経済的、精神的(家族の不仲や離婚を含め)ダメージを
負っています。その方たちが、「せっかく苦労して放射能から
逃げてきたのに、九州まで追ってくる」と絶望している
現実もあります。

もちろん、個人の考えはそれぞれなので、いろんなものを
見て、考えた末それでも賛成というのであれば、仕方ないかと
思いますが、反対派は決して感情だけで反対しているのでは
なく、懸念を持つだけの問題点がある事は知っておいて
いただけたらと思います。

こんな話ばかりしてしまってすみません。でも
普段のカナさんのブログ、とても好きなので、この件は
この件で知っていただきたいのですが、気を悪くなさらないで
これからもすてきなブログを書いてくださいね。
カナ | URL | 2012.03.22 08:42
>たびいさん

コメント、ありがとうございます。
なんというか、すっと入ってくる語り口(書き方)で、
「なるほど」と理解しやすかったです。

私自身、勉強不足ではありましたが、
「私はこう思う」とあえてブログに書いてみて、
より身近に、より真剣にこの問題について考えるようになりました。
また、このやりとりを読んで考えてくださっている方も
数は少ないとはいえ、いらっしゃるのではと思います。

いろんな意見があって当然です。
それらを踏まえ、国としての方針を早急に固めてほしいなと思います。
もやっとした状況を打開してほしいなぁ。

たびい | URL | 2012.03.22 18:33
カナさん、お返事ありがとうございました。いきなり差し出がましい事を
書いてしまってすみませんでしたが、きちんと読んでくださった事、
とてもありがたく、うれしいです。

震災と原発事故以来、「何が正しいのか」が皆の中で揺らいでいますよね。
一見正しそうに思えても、違っていたり、またその逆もあり。ネット上には
様々な(そして時折とても極端な)情報や意見もあり。その中で何が
自分にとって正しいのか判断するのはとても難しいですが、情報は
多い方がよいですよね。(「情報は力」を、わたしたちはガン治療で
学びましたし(^_^;)

痛みを分かち合うのも尊い心だけど、皆が痛まない解決策があるなら
それはそれに越した事がないとわたしは思うのです。例えば、
わたしは胸が片方どっかいっちゃいましたが(^_^;)、わたしが
胸が片方ないからって、皆にその気持ちを分かち合ってもらうため胸を
片方取ってもらっても、それはちっともうれしくない。それより、
皆がなるべく病気にならず、また病気になった時安心して治療出来る
環境を整えたり、そういう努力をしてくれる方がいいと思います。

瓦礫の件は、健康被害が実際に出るのかどうか分かりません。
だれにも、まだ、正確なところは分からないのです。
ただ、少なくともそれを懸念しているひとが大勢います。西日本には、
その懸念を無視してまで、あえて瓦礫受入で支援しなくても、すばらしい
環境や食べ物を守る事で日本を応援する事が出来るのではないかな、と
思うのです。

はっ、また語ってしまいました。カナさんの投げかけで、
こうして対話させていただく機会がもてて、よかったです。

ではでは、ブログ、これからも楽しみにしてますね。
普段はシャイ(←自分で言うな(^_^;)なので
ロム専になってしまってますが...、またよかったら
楽しい話題でコメントさせてください!

本当に、ありがとうございました。
カナ | URL | 2012.03.26 09:10
>たびいさん

お返事ありがとうございます。
たびいさんのご意見は、表面的な問題ではなく、
自分の経験や思いを踏まえ、結論を出されているから
説得力あります。ああ、そういう解釈もあるんだなと、
私としても勉強になりました。
病気を通して震災を考えると、
たしかに見え方が違いますよね。

そこでひとつ思うのが、
(国のゴタゴタから、私たちのやりとりも含め)
端での喧々諤々にしらけてしまだろうな・・・心配です。
「ピンクリボン運動、わー!」とかのソレで感じる
違和感というか、当事者置いてけぼりみたいな感じに
ならないといいな・・と思います。

なにはともあれ、早く結論を出して欲しいなぁ。
とどまっていては、何もかわんない。

たびいさん、ロム専でなくブログとか書いてくださいよー。
文章上手だし、もっと読みたいです!
その時は教えてくださいね!




福島より | URL | 2012.04.08 03:07
はじめまして。
あっきさんのブログを読ませていただいており、
コチラを読ませていただきました。

カナさんの追伸、個人的にとても嬉しかったです。

自分の生まれる前に建設された原発。
もういらないです。
身近に、隣県でお茶をしようとして、拒否された人もいるし。
食事に行って、千円やるから出て行ってくれと言われた人も。

正直、これ以上傷つきたくないです。

まるで病原菌。

コメント読ませていただいて、改めて思いました。
まさしく、福島県は隔離病棟。やっぱり病原菌なんだなぁ、って。
 
富裕層は脱出しています。でも、それでも出られない人も沢山います。
いまだ悩み苦しんでいる人は沢山います。

宮城岩手の瓦礫は、もうどうにもならないから、SOSを出しているのに。

徳島市役所職員のツィッターも、がっかりしましたが・・・。
本当に、
本当の絆って、一体どこにあるのでしょう。

被災された人たちの救済議論無しに、ただただ恐怖を増長する言葉を投げかけられ。
しかもはるか遠くから。
 
どうか
瓦礫NO、の前に
自分が同じ立場に立ったなら・・・と想像してみてください。
お願いします。
と、いくら悔し涙を流しても、今の日本は何も変わりませんね。

長いコメント失礼しました。

また、お邪魔させていただきます。
カナ | URL | 2012.04.13 09:09
>福島よりさん

コメント、ありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
落ち着いて・・・と思っていたらこんな遅くになってしまった!

原発、がれき、放射能、復興・・・いろいろな情報が
ない交ぜになっていて間違った認識をしがちだし、
物事も見方によっては様々な「正義」を生み出すので
「どうしようどうしよう」と判断が先延ばしになってしまうのでしょう。
あちらを立てれば、こちらが立たず・・・決断するためにあるのが
政治の役目じゃないかな・・・なんて思うのですが・・・ね。

私も難しいことは正直分かりませんが、

>自分が同じ立場に立ったなら・・・と想像してみてください。

精神論かもしれませんが、やはり無視できな部分であると思います。
今回の震災は東北での出来事でしたが、
いつどこで起こっても不思議ではなこと。
だからこそ、日本という組織全体でのフォローが必要なのかなと思うのです。

悔しい悲しい思いはまだまだ消えないかと思いますが、
どうか希望だけは捨てないでくださいね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア