愛とか絆とか

人は大きな困難に直面した際、

(1)信じたくないと否定する
(2)どうして自分(や大切な人)がと怒りを覚える
(3)現実を受け入れる
(4)これからどう対処するか考える

…という過程をたどるそうだ。
※病友であるバブルスさんの記事よりコピペ

それこそ、私は病気によって
この一連のサイクルを体感したが、
やっぱり辛く苦しい経験であった。

災害に遭われた方は、
まだまだ(1)の状態かと思うが、
時間が経過するにつれ、おそらく(2)の段階に突入すると思われる。
抑圧されたエネルギーが攻撃へと転じたり、
自暴自棄に陥ったり、気持ちも分かるだけに心配。
でもここを越さないと(3)へは行けないので、
もはや見守るしかない。

時間という薬が必要。


***


電話回線も落ち着いた頃かなということで、
最近、実家や親戚に電話をしている。

大半が九州内だし、被害を受けたわけでもないが、
ここまでの惨事を連日見たり聞いたりするだけでも、
精神的不安や疲労はかなりのものだと推測する。
病気で痛い目に遭って、困難に多少耐性が出来ている私でも
今の状態は凹むぐらいだから・・・。

一人暮らしの叔母も

「横の川が氾濫したらとか、
 原発も近いしとか考えてたら、夜も寝られない」

と、案の定、不安な様子。

歳をとれば、ただでさえ弱気になるもの。
この災害を引き金に、気分がどんどんふさぎ込んで
鬱になるとか、大いに考えられるしね。

「なんかあったら家に来ればいいけん大丈夫!」

「絶対助けにいくけん、安心して」

と(まさに気休めだけど)言葉ぐらいはかけることはできる。

「話したら安心した。ありがとう」

と叔母も幾分元気というか、正気を取り戻したようだった。
こちらこそ、ほっとしたよ。
というか、私が安心したかっただけかもしれないな。

人は一人でも生きてゆけるかもしれないけれど、
一人より二人、二人より三人のほうが、
綺麗事のソレではなく、物理的にも強いはずだし、
何かしら足りたり足らなかったりしても、
即時に補いやすいという利便性も高い。
それよりなにより、いっぱいいたほうが楽しいじゃない。

実際、こういう関係性が、
被災地の根源を支えているんだと思う。
都会でなく、いい意味で田舎のよさと言おうか、
繋がりがあるから、暴動にならないんだと思うよ。
今こそ「束」で乗り越えてほしい。

ということで、被災とは関係のない地域の方も、
親や親戚、友人に連絡してみてはどうだろうかね。
(もちろん、長電話はよくないけど)
誰かと繋がっているって感覚って、
それこそ万が一の際、予備電力みたく作用するんだと思う。
買いだめのティッシュより、心強いって。


やさぐれ風味の私ですが、
結構「愛」とか「絆」とか信じる子です。テヘ





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

| | 2011.03.17 12:19
このコメントは管理人のみ閲覧できます
JOHN | URL | 2011.03.17 12:44 | Edit
細くてもつながっているって大事なんだよね…。

こんなところでゴメン。
実は宮古在住の友人(男)の安否がわからず、ずっとネットで探しています。
知っている電話番号はつながらず(使われておりませんと)。
筆不精のヤツだったんで、共通の友達も「最近連絡取ってない」と。
年賀状だけでも送り続けていれば…と悔やまれてなりません。
遠くからもやもやと案じるだけしかできないのがもどかしいです。
大事にしたい関係ならば連絡を取ろう。時々でいいのだから。

ほんとにそう思う。
| | 2011.03.17 15:57
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011.03.17 17:23
このコメントは管理人のみ閲覧できます
tanoca | URL | 2011.03.18 11:17
コメントから大変失礼いたします。
tanocaです
カナさんんからの呼びかけの影響は大きいものと思いましてお願いしたくコメントさせていただきました。

3月27日に福岡警固公園で
NPO法人グリーンリーフの乳がん/子宮がんのイベント開催されます
そこで東北への募金・救援物資募集をいたします。
先日トラックで物資配給が届かない場所へ行ったそうです。
そこでまだまだいろいろなものが足りてないようですが、今必要としてるものは、ガスボンベと下着だそうです。
下着は子供から~お年寄りまで男女のたくさんのサイズの下着です。
本当に必要なものだけ送りたいです。
もしよかったら呼びかけよろしくお願い致します。

もしこれが不適切でしたら削除お願致します。
カナ | URL | 2011.03.18 15:11
いやはや、直後はそれどころじゃなく
(ちょうど仕事が忙しくて)
ちょっと経ってから「そういや・・」って感じですよ。
でも、被災地で寄り添う人々に自分を重ねた場合、
親にせよ、親戚にせよ、友人にせよ、
大事な人は誰一人欠けてほしくないなと思った次第。

気持ちの余裕も、できるだけ分けてあげてください。
カナ | URL | 2011.03.18 15:16
不特定多数の人に愛や希望を与えられるほど
自分には力はないけど、大事な人はなるべく助けたい、
ある種の身内贔屓だけど、それでもいいやと思ってさ。

お友達、心配だね。
こんな状態ですから、明日は我が身と思って、
繋がりを再確認しとくべきだと思ったよ。
相手にも自分にも、きっと役立つことだと思うわ。
カナ | URL | 2011.03.18 15:24
大変な思いをされたかと思います。
とはいえ、ご無事でよかった。
まだまだ油断できない状況が続くかと思いますが、
なんとか乗り越えてほしいと願います。

まさに一瞬にして全てを飲み込んでしまった
地震、津波の脅威は想像を超えるものだったと思います。
心の傷も大きいかと思いますが、
これまでの楽しかった思い出は、
しっかり心に刻んでおいてくださいね。

きっと美しい海、町は戻ってきます。
生きていれば、また楽しい思い出はつくれますから。
応援してます。
カナ | URL | 2011.03.18 15:35
コメント、ありがとうございます。
いやはや、同病さんとのこと。
・・・あまりためになるようなブログではありませんが、
ある意味、戦友として病気と闘いましょう。

抗がん剤の最中の今が、
キツサのピークであると思います。
無理しすぎることなく、乗り越えてくださいね。
ストレスたまったら・・・ここに吐き出してもらっていいですから。笑

ブログ拝見しました!
すんごい、おいしそう!
仕事柄、写真を見ただけでおいしい、そうでないが分かります。
料理からいい気(パワー)が出てる。
ということで、いろいろありますが、
頑張ってゆきましょう。
カナ | URL | 2011.03.18 15:37
tanocaさん、お久しぶりです。
※ブログみてまーす。

ほほう、なるほどですね。
援助もポイントを押さえて、
きっちりやることが賢明ですね。

ということで、後ほど紹介させてもらいます。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア