「がん」の温度差

温度

以前、叔父さんが胃がんにかかった時、

「えええっっっっ!死んじゃうの!!!!」

が、初めに頭によぎりました。
がんについて何も知らなかった私にとって「がん=死」であり、
一生、治らない病気というイメージでしたからね。

ということで、今回それを体感したわけですが・・・

「がん=死」

じゃないです。

もちろん、症状によっても違うし、
広域に捉えるとそうかもしれませんが(人は遅かれ早かれ死にますから)、
かつて自分が思っていたソレとはやっぱり違います。
自分も含め、同病の友人たちも治療を頑張りつつも
明るく元気に暮らしているし(ちゃーんと生きてます)、
転移・再発しつつも「結局、20年経っちゃったのよ-」と
生き生きと過ごされている女性も身近にいます。

どうやらここ最近、私ががんであることが第3区域(注1)あたりで
急激に浸透しているようで、電話やらメールやらが届くのあります。

もちろん、心配してくれるのは本当にありがたいなぁと思います。
心配かけてすみませんとも思います。
でも、かなり深刻な感じで受け取られているのも事実のようで、
そのたび「いやいや、大丈夫だって!!」と火消しに苦労しております。
また、普通に出歩いたり、お酒飲んだりするのにも、
過剰なまでに「だ、だいじょうぶとー!!」などと言われたりもしますが、
え、ええ、大丈夫です。無理なら出ませんし、飲みませんから。苦笑


この温度差は仕方ないことだろうけど、
双方経験者として言わせてもらえば、う~~~~~~ん、
あと2度ぐらいでいいから、その温度差が縮まればうれしいかなぁ・・・。
患者サイドからすると5度ぐらいを希望したいんだけどね。

なにしろ医学も進歩しているし、検診をはじめ予防意識も上がり
病気への対応も早くなっているので、今やがんも治る病気と言われています。
健常なみなさん、その辺をご理解の上、温度差縮小にご協力ください。

ちなみに、叔父もしゃんしゃんしています。
私も(皆が思うより)元気なんでご安心くださいまし。


(注1):第1区域・・一・二親等あたり、親友
     第2区域・・三親等、普段接する友人
     第3区域・・昔の同級生とか、なんとなく知ってる知人



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

yakko | URL | 2010.05.26 12:58
第三区域の人って表現、うまいなあ。ある意味一番無責任で、なおかつそんな時ばかり関わりを強調するといいますか‥。『ツラいよ、かなしーのよぅ。』とか2割増くらいでやってみせると納得されますね(笑)。
もこもこ | URL | 2010.05.26 13:00
もこもこと申します。
頷きながら拝見させていただきました。
私も先日告知を受けましたが、やっぱ温度差を感じています。
友達なんか特に「泣かんでよかて~」って感じです。
病人だけどそんなに病人にせんでくれ状態ですe-351
治療を始めて分かったことですが、今の医療はすごいですよね。
感心しています。何でもアリですもんね。
先が長いんで早く落ち着いて欲しいものです。
またお邪魔します~。
第3区域 | URL | 2010.05.26 14:17 | Edit
第3区域は静かにしておきます…
カナ | URL | 2010.05.26 15:13
この場合、悪い意味ではなくて、
なんというか、この年齢で「がん」ってやっぱ重たいやん。
みんな免疫がないから、もうただただ心配!
みたくなっちゃう人もおるんよ。
本当は「感謝、感謝」なんだけどね。
私もちょっと疲れたのかもしれん。成長が足らないわ。

ちょっと引いたところで、見とってねーな話なんよ。

カナ | URL | 2010.05.26 15:26
泣いてくれるのもウレシイことなんですが、
冷静になろう、なろうとしている時に、
感情MAXでこられると、やっぱり戸惑いますよね。
噂にされるのも嫌だとか、ほっといてと
つい思ってしまう自分も嫌なのですが、
病気で気持ちの余裕が削がれている状態なので、
ちょっとそっとしといてね、ってかんじです。

最近の医療ってすごいですよね。
私もなってみて、よりすごさが分かりました。
1日も早くがんを笑い飛ばせるよう、治しましょうね。
カナ | URL | 2010.05.26 15:31
本当にお気持ちだけでウレシイです。
静かに見守ってくださる、心づかいに感謝です。
かち | URL | 2010.05.26 17:53 | Edit
確かに…
いつも「大丈夫―?」と言われ苦笑しています。

あ、そういえば、私、福岡出身です。実家は東区
これからもよろしくお願いいたしますー。
カナ | URL | 2010.05.26 18:54
大丈夫疲れ・・・かもしれません。苦笑
言い過ぎて、本当に大丈夫なのかどうか、
わかんなくなる時がありますもん。

福岡のご出身ですかー。
今日の福岡は肌寒し。
いやはや、今後ともよろしゅーねがいます。
びうむ | URL | 2010.05.26 22:21
うん、うん、よくわかります。
お気持ちだけありがたく頂戴しますので、という感じでしょうか。
それにしても『第3区域』、読んでいて吹き出しました。ナイスな分類です、使わせていただきますね!
 もし北海道にいらっしゃる事があれば、ビルの谷間の時計台から話題の旭川動物園まで、山海の幸満載でご案内しますよぉ!


カナ | URL | 2010.05.27 09:23
第3区域・・・まぁ、あまり線引きしちゃいかんのですがね。苦笑
でも、病気を含め、事故とか訃報とか良くない事を耳にしたとき、
自分自身がその人にとって「第3区域」だった場合、
連絡すべきかしないべきか、すごく迷うんですよ。
で、私は「しない派」なんで、「する派」のソレにびっくりしちゃうのも
あるんですよね・・・。気持ちは同じだと思うけど、表現にもいろいろあるな・・・。

いやはや、北海道!
水曜どうでしょーやおにぎりで知識を得てますので、
かなり興味深い場所です。
昔、一度行きましたが、時計台の肩すかしっぷりは潔さすら感じました。笑

nana | URL | 2010.05.28 00:45
うんうん。

早期発見(治療可能)であれば、
「癌になったけど、いたって健康」なんですよね。
癌=死、っていう偏見?がなくなったらたくさんの人
(癌になった人もこれから癌になるかもしれない人も
/癌患者を家族とか友達に持つ人も)精神的に
楽になるんだろうな、って思います。

ところでこの素敵な写真はどこですか?
昭和な感じ、いいですね~
カナ | URL | 2010.05.28 11:18
本当にそんな感じ、そんな感じ。

偏見とは言いませんが、もう少し理解が深まれば、
お互いが生きていきやすくなるなぁと思いました。
難しいところでもあるんでしょうけどね。

ここは、熊本の山の中にある駅だったと思います。
SLが走ってるんですよ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア