FC2ブログ

서울에 다녀왔다(ソウルに行ってきた・・・2日目 東大門市場〜明洞編)

th_IMG_0606.jpg 


独特?毒々? 東大門路地裏探訪。

 グッドモーニン。これも年の功なのか、単なる老化なのか、基本早起きだ。若者友人Aはまだ眠そうだが、いかんせん時間がないぞ! 急かすように用意させ、いざ…で、どこに行く? 「どっか行きたいとこないとね」「化粧品買うぐらいかな」…天神に行くかのごとく無策っぷり。ということで、朝でもどっか開いているだろうと東大門を目指す。

 言わずと知れた市場街で、ないものはないくらい問屋がみっちり。さすがに太刀打ちできず、一般人でも入りやすい大型ファッションビルに向かうもオープンは10時30分。屋台でおでんを食べたり、問屋を冷やかしたり…友人Aがほしがっている化粧品は見当たらない。ならば、先に(てか、朝食抜きだった)ご飯だ。今回訪れた店は、以前行ったことがある店の支店で「元祖サンパッチッ 昌信店(東大門)」。30種類の野菜に薄切りサムギョプサルを包んで食べる料理「サンパッ」の専門店で、とにかくおなかいっぱい野菜を食べることができる。韓国だったら焼肉だろう!いやいや、焼肉は日本でも食べられるし、日本の方がおいしいし(韓国の焼肉は大味であまり好きじゃない)。連日酷使しまくっているGoogle先生によると「11時オープンげなよ」。10分前についたが、場末スナックのママ風アジュンマから「イレブン!イレブン!」と追っ払われ、その辺りの路地をうろうろ。

th_IMG_0601_20180327112452f04.jpg
家の壁に自由にペイント。脈略はゼロ。

th_IMG_0612.jpg  
アート?と洗濯物のコラボ

th_IMG_0616.jpg 
電線好きにはたまらない混線具合。萌

th_IMG_0621.jpg 
友人Aと二人「近所にあったら毎日買いに行く!」


2週間分の野菜を摂取!虫&草食動物になった気分。

 路地裏に紛れ込み、魅力的な惣菜屋や調味料屋を発見できたが、ミッションはご飯だ。時間ぴしゃりに行くも渋々。なぜ! 再び追い出されそうになったが「外は雪、寒すぎるニダ」風のジェスチャーで、なんとか中に入れてもらった。で、注文…ダメ! 韓国語で何かしらまくし立てられたかと思うと、アジュンマの皆さんがテーブルに集いもぐもぐタイム。えー!!! 軽い食事ではなく、テーブルにみっちりおかずをならべ、ガッツリ昼食を食べている(食後のコーヒーも飲んでいた)。「これじゃいつになるやら…」喧嘩しても負けは確実なので、せめてもの抵抗…ということで「メッチュ、チュセヨ…」。口をもぐもぐしながら、瓶ビールと栓抜きが、ドンッ。結局、食べ終わるまで30分待ち、やっと注文できた。メニューは「サンパッジョンシッ(包みご飯定食・9000W)」と、追加の肉(700W)、海鮮サムジャンソース(300W)のみ。まずは、サンパッジョンシッと海鮮サムジャンソースを頼み、待つこと10分…。

th_IMG_0634.jpg 
チシャ、ゴマの葉…見たこともない葉っぱが山盛り

th_IMG_0635.jpg
鯖大根やチゲ、水キムチ、ワカメスープ。もはや1日分の食事の量

th_IMG_0636.jpg
昔ながらの古民家を改装。オンドルが心地いい  

 やっと、きた! もりもりと盛られた野菜はみずみずしくてキレイ。有機栽培の野菜を使っているそうだが、日本ではお目にかかれない謎の草?…野菜もいっぱい。豚肉はカンナで削ったかのような薄切り。タレに絡ませてプレートにのせるとすぐに焼ける。それを野菜で巻いて、ひたすら食べる、食べる、食べる…。味変に海鮮サムジャンソースは必須。おかずはおかわりし放題なので、キムチやネギを追加。「さぁ、全部食べるぞ!」と意気込んだものの、やはり無理…。お隣の韓国人も無理そうだったので、基本的に量が多いんだろう。ということで、2週間分ぐらいの野菜を食べ、満足、満足。アジュンマは怖いが、東大門市場に行かれた際は、ぜひ。


友人Aと一緒の時間…12時間(笑)いざ、憧れの場所へ!

 昼食が終わったら…友人Aとお別れ。まさに半日! Aは化粧品を買いに明洞へ、私は東大門市場に戻る。向かったのは東大門総合市場。実は、行きたかったところNo.1。さすがに、親や友人をここに連れてくることは憚られるし、いや〜、思う存分一人で楽しみたい。服地、副材などファッション系の問屋がみっちり。目指すは5階、アクセサリー商材エリアだ。

th_IMG_0655.jpg
この列がいくつも並ぶ!

th_IMG_0663.jpg  
価格は日本の半額ぐらい

 夢の国! ディズニーランドよりUSJよりテンションが上がる。このエリアの大半は小売りOKなので取っつきやすいが、いかんせん店が多過ぎて選べない。何周も回って目星をつけつつ、そこからパーツを吟味…時間がいくらあっても足りない。何をどれだけつくるかなど、明確なソレを決めて行かなければならないということがわかった。今年中の再訪を誓う。


オネエサン、メモトツカレテル。コレデゼンブナオル!

 後ろ髪を引かれる思いで問屋を後にし、化粧品でも買うかと明洞へ。昼からパラパラ降っていた雪も、この頃になると本降り。「今年最後の雪だな…」なんてセンチメンタルに浸ることもなく、マッチ売りの少女のように朦朧としながら街を徘徊。目に入った化粧品やに入るやいなや、「オネエサン、メモトツカレテル。クマ、シミ、タルミ、コレデゼンブナオル!」ほんとかよ! 化粧品屋のおねえさんとの舌戦にあっさり負け、ハイ、じゃ買います。ニホンジン、チョロイネ。オマケもたくさんいただいたが、この先3年は買わずに済むほどのクリームやらパックやら…否応なしに美容強化、いや消化だな。

 何か食べて帰ろう。一人で焼肉…そんな元気も食欲もなく、明洞の裏路地にある「北村(プッチョン)ソンマンドゥ」へ。有名店の「明洞餃子」に行こうと思ったが、一人でも入りやすかったこちらへ。マンドゥ=餃子がウリの店なので、カルグスク(うどん)や冷麺なども充実しているが、トッピングとして餃子が入っていたりする。ハングルの伝票に自分でチェックするタイプだったが読めない…。餃子入りちゃんぽんをオネエサンに直接頼んだが、運ばれてきたものは、オヤ〜? 麺じゃなくな〜い? コレ(私があまり好きではない)トッポッキの薄切りみたいなモチだよね? あー。これじゃありませんと突き返す元気もなく、モチをよけながら汁をすする。ダシダ(韓国の総合ダシみたいなやつ)の味? ダシダが忠実なのか、そもそもがダシダなのかは分からないが、家で自分で作ったような味がした。餃子はげんこつぐらいある大きさ。基本的に韓国の食べ物は、日本のポーションの倍はある。カラス貝(ムール貝とは言いがたい)…大丈夫かなと思ったが、火が通ってるからいいか…。ごちそうさまでした。

th_IMG_0667.jpg
中にこぶし大の餃子が入っている。魚介もいっぱい

th_IMG_0669.jpg  
明るくて清潔なので、一人でもはいりやすい

29968歩・・・おつかれさんでした。私。

 ホテルに戻り、ほ〜〜〜〜っ。ガーミンによると、本日の歩数29968歩。よく歩いた。ダブルサイズを2つ連ねた超キングサイズのベッドでごろごろ。なんと幸せなことよ! 猫さんたちは元気だろうか、あ、オットも…カリカリマシーンを起動させ、様子をうかがう。明日帰るから、待ってておくれ。

th_IMG_0672.jpg
4人はラクに寝られる

th_IMG_0674_20180327113125b07.jpg   
むーたんだけ。チョロマは来ず




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア