ファーストネームファーストで。

IMG_9918_2_convert_20170321132033.jpg 


先日、名古屋行きの飛行機で読んだ
「翼の王国」の吉田修一さんのエッセイに、

〜アッ○ルストアのスタッフの呼び名が、
 すべてファーストネームで驚いた〜

…そんなことが書かれていた。

「こんにちは!本日担当させていただきます、
 ダイスケです!よろしくお願いします!」

すべての語尾に「!」がつくような、
独特のフェスティバル感というか、こなれ感というか、
「あー、アッ○ルならやりかねんな−」などと、
吉田さんの面食らった風情に共感を覚えつつ
さらりと読んだわけだが、数日後、
「いやいや、こなれ感云々じゃなく、
 ファーストネームって重要だよ!」
シーンに直面した。

友人はバツイチで息子がいる。
最近、縁あって再婚し、娘も誕生。
現在、家族4人で幸せに暮らしている。

独身時代からの友人で、あだ名は○○っしー。
○○は名字の頭文字のよくあるソレだ。
で、最初の結婚の時、
「さすがに旧姓じゃいかんやろう」と、
△△っしーに呼び名を変更。
その場合の△△も、ためらうことなく名字だった。

そして、数年後、離婚。
本人ももちろん予測しえなかっただろうが、
そこに残ったのは△△っしーというあだ名。
ちょうど△△っしーという呼び名に慣れた頃であったため、
△△っしー…じゃなかった、○○っしー」
友人間でも混迷した状態が続いた。

そして、このたび、再婚。
「えっと、今度の名字は何やったかね?
 あ!!□っしーってなわけにはいかん名字やん!
 かといって、○○っしーのままってのも
 いろいろ変な感じだよね…」

一同、だよね〜。
「てかさ、名字じゃなくていいくない?
 今後、何があってもいいように(笑)
 ファーストネームを採用しようじゃないか!」

慣例とは怖いもので、
「名字あだ名」に囚われていた私たち。
ということで、出会って何十年経った今、

「◇◇◇ちゃん…なんか照れるね」

と、ファーストネームで呼び合うことになった。
とはいえ、時間的経過も必要で、

△△っしー…じゃなかった、◇◇◇ちゃん!」

現在、友人間でも混迷した状態が続いている。
日本も夫婦別姓への動きはあるが、
結婚で名字が変わる国は世界的にみても少ない。
(どちらかの戸籍に入るって意味で、
 夫の籍に妻が入るが多いけれど、
 妻の籍に夫が入ってもいい)
国ごとの制度については割愛するが、
諸処の利便性(今回の改名騒動も含め)を重視した場合、
ファーストネームの有用性を再確認した次第。

スムーズに「◇◇◇ちゃん」と呼べるまでには、
もう少し時間が必要だが、今後を思うとひとまず安心。
その他の名字由来のあだ名を持つ友人らも、
「私もこれを機に改名しようかな」と。

ということで、友のみなさん、
これから先、何が起こるかわかりませんので、
ファーストネームファーストでよろしく。

※今、テレビから小池さんの例のフレーズが
 聞こえてきたもんで・・・のっかりタイトルで失礼



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア