箱と領地侵略

hako_convert_20170310084902.jpg


宇宙的に決められた存在の総量とでもいおうか、
平均化による安定(バランス)とでもいおうか、
「収まりのいい一定地点(量)」というものがある(気がする)。

幾度となくここにも書いているが、
私は本気で片付けられない。
(〜られないと書くと「やりたくても、やれない」感じで、
 「悪いな〜」というへりくだったニュアンスも含むが、
 本音のところでは「やりたくもない」。そりゃ、どうでもいい)

そして、私の「片付けたくない!」の熱量と同等に、
オットは「片付けたい!」の熱量を持っており、
私が散らかしてはオットが片付け、
私が散らかしてはオットが片付け、
私が散らかしてはオットが片付け…
「収まりのいい一定地点(量)」を保つべく、
イタチごっこな日々がかれこれ15年ほど続いている。

そんな感じで、2017年3月現在、
マンションの専有面積の9割5分は私のもので占領されている。
残り5分がオットの領地となるわけだが、
その場所は、不毛地帯(私の手が届かない)だ。

手が届かない=見ることもないわけだが、
ふと、納戸の上を眺めてみると…

なにっ!この箱!

靴箱がいっぱい!
ちなみに、中身は空。
ランニングシューズは消耗が速いため
すでに本体はこの世に存在せず(オットは惜しげもなく捨てる)、
箱だけが残っているものもある。

ということで、普段見ない収納の上や
クローゼットの上を改めて見てみると、
シェーバーの箱、財布の箱、時計の箱…
でてくる、でてくる、箱、箱、箱。

今後転売しそうなもの(レアグッズや趣味のものなど)、
シーズンオフに収納する家電などに関しては
箱があった方が良いと思うけれど、
中年男性が使い古したシェーバーも、
汗まみれで塩塩したランニングウォッチも、
おそらく誰も買わないだろう。

「ねぇ、あの箱(集団)、要ると?」

オットは咄嗟に「要る」と答えたが、
ハッ!とした顔で、

「要らん…かも!」

無意識のうちにためこんでいた様子。
なんとなく置いていた…わかるよ。
しかし、私と大きく異なるのが、
ハッ!としてからの行動だ。

「よし、全部捨てる!」

目をキラキラさせ、箱を解体しだした。
迷いなくゴミ袋に投入する様は清々しいものだが、
「あ、コレは捨てんでもいいっちゃない」
結婚指輪がわりに買ったオメガの時計の箱もゴミ袋の中に…。

真っ赤のえらくリッチな箱。
宝石箱として…はないにせよ、何かに役立ちそうな気がする。
それがいつになるかは、わかんないけど…。
いそいそとゴミ袋から拾い上げ、
私占有の9割5分の領地に移動させた。

箱がきれいになくなり、すっきり空いたスペース。

「ハッ!冬用のマットとか置けそうじゃん!」

私の「占領モード」に火がついた。
現在の9割5分の占有地から、
春までには9割6分へ領地拡張を実現させたい。

小さな箱の中で、小さな領地獲得に向け、
今日も小さくせめぎ合うのである。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア