老け風情からの脱却…(-_-)

th_sagi.jpg

舞鶴公園・大濠公園周辺を我が物顔で飛び回っている鷺。
近づいても逃げない、完全に調子に乗っている。


先日の飲み会で、
たぶん、同じ歳だったはずだよな…と思っていて方より、
ずっと「カナさん」と敬語で話しかけられておったんだけど、
案の定というか、おきまりというか、
「歳上だと思ってました」との解答。

だよね!

20歳の時も、30歳の時も、42歳の今も、
「歳上だと思ってました」と言われ続けてきた。
一緒にいる友人たちが歳上だったりもするし
(47歳とか…しかし、5歳上はあんまりだ!)、
夫に言わせると、慎重に言葉を選びながら
(解答によっては激高するから)、
「貫禄というか、物怖じしないというか…」
容姿というより、風情態度)にそう思わせる
何かがある…みたいなことを言う。

まぁ、歳上と言われたからといって怒ったり、
反論する気なんてサラサラないのだが、
よく巷で囁かれる、

「老け顔は、歳をとってから逆転する」

のソレは、信じてよいものだろうか。

その瞬間を今か、今かと待ち続けているのだが、
最近の出来事をみても、その兆候は見られない…。
あ、そういえば、母がまさにそんなタイプだ!
目鼻立ちのはっきりした大人っぽい顔だったので、
ずいぶんと歳上に見られたそうな。
今では、全体のエッジもゆるみ、ふわっとした、
得てして年齢より若い印象がある。

と、ここまで書いてはみたものの、
私の場合、形状云々の「老け顔」ではなく、
じわっと醸し出る「老け風情態度)」が問題なのだ。
漠然と抽象的だけど、それは確実に存在しているという
非常に難易度の高い敵…。

余計にしゃべらなければいい?
取っつきやすい格好だといい?
いつもより多めにニコニコしたほうがいい?
ねぇ、ねぇ、どうしたらいい?

年齢より若く見られたいなんで贅沢は言いません。
せめて、年相応でいいんです!

秘訣をご存じの方、
どうか御指南くださいませ、ませ、ませー。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア