○○シーズン、到来!

IMG_4485_convert_20160420093032.jpg


これが世でいうバイオリズム?なのか、
日々の暮らしにおいて、やたらと遭遇する(必然・偶然含む)
○シーズン」が存在する。

1カ月〜2カ月、長いもので1年ぐらいか、
後付的に「今回は××シーズンだったな」と思うものもあれば、
ハッと何かが降りてきて、潮目ががらっと変わることもある。
良くも悪くもメリハリがあるというか、
シーズンが終了すると、嘘みたいに
す・・・・・と次のシーズンに移行する。

最近は、もっぱら「棚ぼたシーズン」で、
予定していた人が行けなくなったから代わりにどう?とか、
ミュージカルの券もらったから行こうよとか、
自ら何かしなくても、ちょっとラッキーな出来事が舞い込んでくる。
できればこのシーズンは終わって欲しくないけれど、
これまた予告なく終了するので、その瞬間を謳歌するしかない。

あ!もうひとつあった。
現在、真っ盛りなのが「生傷シーズン」だ。
美顔スチーマーで腕をやけどしたり(注入口が少し開いていた。泣)、
自転車で転んで両足青たんまみれになるなど、
いわゆる自業自得、注意力散漫が招いた負傷がほとんどだが、
普段比200%で痛い目に遭っている。

先日、がんの転移を調べるべく、
かかりつけではない某総合病院にて検査を受けた。
静脈注射で造影剤を入れるのだが、
担当おぼしき若きDr.(技師さん?インターン?)
…んーーーー、明らかに嫌な予感しかしない。
なにしろ「自称・病気プロ」なので注射は慣れたもの。
大丈夫な人/そうじゃない人が、雰囲気や事前の所作で分かる。
経験値はもちろんだが、老若関係なく角度や勢い(度胸)など、
上手い/下手を左右するポイントがある。
(絶対、この人、無理だろうな…)と思った瞬間、じぐっ゛!
見事に血管を外し、腕に激痛が走った。で、同じことを×2回。

さすがに3回目は勘弁してくれと
「すみません、別の方にかわってください」とチェンジを要請。
その上司であろう中堅のDr.(技師さん?)がやってきた。
「痛いので手の甲はやめて、腕中央の血管にしてほしい」と
お願いしたが、強い口調で「1発で終わらせたいなら
手の甲が確実です」と言われ、なら仕方ない…と。

がっ、人間完璧な人はいない。絶対もない。
そんなことは、私だって分かっている。
しかし、あんなに強く言ったにも関わらず、失敗…。
何も事もなかったかのごとく、
再度、ブスリとやられ4回目でやっと終わった。

それこそ「自称・病気プロ」なので、
失敗にもいくらか寛容かつ、痛みや恐怖に強い自信はあったが、
痛みと緊張と不安で、涙は出るは、冷や汗が出るはで、
フラフラと座り込んでしまった。
その後、数時間経っての検査だったが、
痛みは引くどころかジンジンしびれるし、
内出血して腕や手の甲は青アザみたくなってるし…。

検査終了後、「これはさすがにないだろう」と
改めて先生に見てもらうことにしたが、
あ、さっきのDr.(技師さん?)だ。ザワザワ…。
やる気なく「じゃ、チェックします」と
たまたま机にあったクリップをくるっと曲げ、
その先っぽで腕を刺しだした。
「感覚ありますかー」ありますけど…ギャッ!

問診票や注射の時にも伝えていたが、
私は皮膚が弱いので、テープや金属などはNG。
よって、刺した部分がポツポツと発疹のように浮き上がり、
みみず腫れがぶわっ!青タン、腫れ、蕁麻疹…。

なんら難しい検査でもなく、
体調に不具合があって挑んだわけでもないのに、
身も心もボロボロ…。
高い検査料と、長い所要時間でますます泣けた。

「今、不慮の事故とかに遭ったら、腕は青タンや火傷跡、
 足も打ちみだらけやし、もしや!DVを受けていた!?
 …なんて、ダンナが疑われるだろうな」

真っ赤になった腕をさすりながら、とぼとぼ帰った。

ということで、○シーズン」で書き出したが、
ひどい目に遭った!ということを
書きたかったようだ、私。※根に持っている

現在は、いくらか青タンや腕の内出血も治まり、
いくらか平和な皮膚模様になってきた。
ここらで「生傷シーズン」を終了していただけるとありがたい。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

まき | URL | 2016.04.24 21:17 | Edit
カナさんこんばんわ!!
転移の有無を他の病院で調べたの?
何かあったの?
しかもずいぶん痛い目にあったようでΣ( ̄□ ̄;)
確かに3ヶ月ごとに検査しているけど、ちゃんと見つけてもらえるのか不安に思うことは多々ありますね(笑)
PETでも受けれてた時はまだ安心感があったけどね。
2年に一回くらいは受けときたいものだわ。
出費は痛いけど(☆_☆)
カナ | URL | 2016.05.03 10:28
>まきさん
そうなんよ。私のがんのタイプが微粒子タイプで
骨に飛びやすいそうで、毎年、骨シンチをせないかんみたいで…。
PETが受けられた時が良かったよね。やっぱり不安だもん。
まぁ、費用は目の玉飛び出るけどさ(^^;)

しかし、あの病院はオススメしないよ。
終始、検査も対応もぐだぐだやったわ。W先生にいわないかん。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア