哀愁がただよわない暮らし

th_IMG_9305.jpg 


久しぶりすぎて、なんもいえねえ。

いえねえねではなく、正確にはかけねえだが、
つくづく、書き“続ける”ことの大事さを痛感する。
感覚も、筋肉も、日々コツコツ鍛錬しないといけない。
ということで、リハビリを兼ねて
ちょびちょび書くとする。

マラソンシーズンが終わったやいなや、
お仕事シーズンに突入。
フリーランスの身ゆえありがたいことだが、
それこそフリーランス=ひとりぼっちゆえ、
その全部が一気に降りかかってくる。
「断ればいいじゃん」もちろん分かっているが、
それをすんなりできるフリーランス(個人)は、
おそらく、いや確信として、ほんの一握りだ。

先日、遠方での取材を終え、
さ…帰ろう…と、とぼとぼと駅ビルを歩いていた。
連日の取材、原稿書き、そしてまた取材…心身困憊
「ビール一杯飲みたい…」
普段、滅多に一人で外で飲むことはないが、
するすると吸い寄せられるように、駅ビルのちょい飲み系居酒屋へ。

カウンターに座り、とりあえずビールを注文。
一息ついて周りを見渡すと、私以外、全員おっちゃんだ。
滅多に一人では飲まないけれど、どんな店でもへっちゃらな
強靱な心臓を持つため、ま、いいやとテキトウに焼き鳥などを頼み、
スマホを眺めながらぼーーーーーーーっとしていた。
すると、隣のサラリーマンからは「たばこ、良いですか?」だとか、
「荷物(サンマが入っている)にあたってスミマセン」だとか、
もしかして、ちょっと気を使わせている?

そうこうしていると、カウンターの奥から、
大将おぼしき男性スタッフから、
「コレ、どうぞ」と、かわいく盛られたイチゴをいただく。

「ありがとうございます」とその好意に
できる限りの笑顔で応えたものの、
…私、イチゴ、そんなに好きじゃない。

th_IMG_9306.jpg 
イチゴにも大将にも罪はない。

なにせ、ひとりなので誰かとシェアできるわけもなく、
残り少ないビールでイチゴを流し込み、そそくさと店を出る。
塩味で締めたかった後味が、爽やかイチゴ味となってしまった。

「よほど哀愁がただよってたんじゃないとー」と友人。
「いや〜、私がかわいかったけん、サービスしてくれたんよー」
返したものの、うん、あなたの意見が正解だよ。

哀愁がただよわない暮らし

を目標とし、生活を立て直してゆきたいと思う。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

| | 2016.04.17 07:50
このコメントは管理人のみ閲覧できます
カナ | URL | 2016.04.18 08:52
>さはらさん

メッセージありがとうございます。
福岡は熊本に比べたら被害はたいしたことなく、
とはいえ、救援だ、なんだと、慌ただしい感じです。
情報や雰囲気に飲み込まれず、冷静に社会生活を送らねば。
さ、仕事しなきゃです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア