女性ホルモン復活の予感!?

IMG_4804_convert_20151017111933.jpg


今朝は起き抜けから、走りに行く行かないでダンナと喧嘩し、
そうこうしていたら、お腹が痛くなり、
うぐぐうぐぐとうずくまっていたら、もうお昼。

昨日、カレー食べたからかな……てっきりコレのせいだと思っていたけれど、
いや、まて。なんだかいつもとちょっと違うぞ。

腰と下腹部にずどーーーーーんと痛みが走り、
なにをするにも、重たいというか、響くというか……

もしや!!!

すっかり忘れていたが、もしや女性ホルモン復活か!?
長らく活動休止していたシンガーが、肩慣らしにライブハウスで
ちょっろっと歌うみたく、お腹の奥の方で、
か細いけれどハッキリとした声が聞こえる。

よく女性は「物事を子宮で感じる」などというが、
かれこれ5年以上、その感覚を忘れていた分、
より顕著に「何か」を感じる。ザワザワザワザワ……。

女性ホルモン復活は、抗がん剤などの影響を脱し、
体が元の状態に戻ったことを意味するので
「良かったね」ってことになるのだが、私の場合はそうもいかない。
ホルモン依存のがん、しかも、この5年再発しなかったところをみると、
女性ホルモン……明らかに怪しい。
このホルモンが動き出すと、これまでじわりと苦しめられてきた
更年期障害とおさらばできる反面、再発の恐怖レベルが2段階ほど引き上げられ、
今以上に戦々恐々とした日々が続くことになる。

「リュープリン注射を復活して、もはやリアル閉経まで
 女性ホルモン活動中止、いや引退させるってのはどうだい」

など、ダンナもその復活に怯えている。
胸もとられ、女性ホルモンも止められ、
復活しても、その存在が私を脅かす……。

神様は、私をおっさんにしたかったんだろうか。
前世で女を武器にとんでもないことをやらかしたのか。
アンチエイジング時代を逆走させられるような試練がずっと続く。

もちろん素人判断だし、しかもまだ「気がする」レベルだが、
うん、いっそ気のせいであってほしい。
でも、お腹が痛いよ。


**

ということで、先日病院で血液検査を受けており、
さっき、結果を聞いたところ、

FSH(卵胞刺激ホルモン)・・・11.7
エストラジオール(エストロゲン)・・・5以下

結論として、復活の兆候なし。
「薬による閉経中」とのことだった。
※FSHの数値が30を超えると、本当の閉経らしい。


どうやら、気のせいだった模様。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア