前を向いて走ろう。

IMG_5442_convert_20150323172354.jpg


すっかり週一更新。

忙しくて診察日を変更したりで、やっとこさ5年3カ月検診に行けた。
「一番優先するべきは病気!」と宣言していたにもかかわらず、
すっかりこのテイタラクぶり。仕方ないのか、自覚が足りないのか……。

今回は血液検査とエコーのみ。

「ハイ、今回も異常なし」

主治医のW先生より。
何度も何度も書いたけれど、やっぱりドキドキするもの。
採血を失敗されたので「なんか、いやな予感……」などと
うっすら弱気になっていたのだが、何事もなくてホッ。
その他の数値もこれといってひっかかることもなく、
「健康的な病人」として、さらに期間延長できた。
前回からリュープリン注射をやめて、経口ホルモン薬だけになったので、
順調に回復すれば、次の診察の頃には生理が戻ってくる。
もちろん“たぶん”であるけれど、多少なりとも更年期症状は落ち着くと
思うので(食欲やのぼせ、白髪などなど※順当な老成かもしれないが)
今後の体調変化に期待したいところ。その反面、女性ホルモン復活で
“寝た子”を起こしてしまわないか……どちらにせよドキドキだが。

W先生より「乳房再建はどうするの?」

「……ですよね」何度か再建の先生に診てもらったにもかかわらず、
なんとなく後回しになっている。
怖いとか、面倒くさいとか、そんな感じではなく、
ないならないで不自由を感じていないのが正直なところ。
「女性としての象徴」であるのは承知だけど、
(もともと貧乳だったこともあり)そこに重きを置いていないせいもある。
温泉やエステでも平気で行くし、おおぴらにせずとも、
恥ずかしいだとか、悲しいという意識もない。
(病気は誰だってなるし、人に悪いことをしているわけではないので
 堂々としてとはいわずとも、臆することはないと思う)
とはいえ、なんとなく「治療が終わっていない」ような
一抹の後味の悪さは感じるので、
近々、再建の説明を聞きに行こうと思っている。

一つひとつクリアしつつ、一日一日を積み重ねる。
人生の歩み方を病気で体得するのも皮肉なものだが、
これしか方法はないので、前だけを向いて進んでゆくしかない。

再建、やってみようかな。


**

乳がんの病院からはしごして甲状腺の病院へ。
やれやれ……だけど、こちらも行かねばならぬ。
ここ最近、あまり調子が良くなく、さらにドキドキは続く。

「どうやら、甲状腺の機能が止まりつつあるかも……」

私もなんでそうなるのかは分からないけれど、
どうやら「そうなっている傾向がある」らしい。
止まったからといって命に別状はないのでご安心を。
ただ、死ぬまで薬で甲状腺ホルモンを補完・調整しなければならないが。

「チラーヂン125ミリで様子を見ましょう」

通っている病院で最高ミリ数らしい(-_-)
「コンタクトレンズと同じようなもの」と、
無理くりポジティブに理解しつつ、飲み続けるしか、これまた道はなし。
(ちなみに飲み忘れると、一気に衰弱するので気が抜けない)

運命だと思って、受け止めるしかない……ね。


**

病人Dayの次の日は、一転してマラソンDay。

久しぶりに「海の中道はるかぜマラソン2015」に参加。
今回は訳あって5kmにエントリー。
乳がんのリハビリとして走りだして4年半。
一番最初に出た大会が、海の中道(秋の大会)の5kmだった。

当時は、孤独なランナーだったので、
速いんだか、遅いんだかも分かっておらず、
さっと走って、さっと帰った記憶がある。うん、全然楽しくなかった。

今回は、ラン仲間と一緒に参加。

記録は、25分20秒(部門4位/93人・総合80位/646人)

最近、調子が良かったのでもう少しいけるかな・・・と思っていたが、
前日の飲み過ぎと暑さがたたり、イマイチ伸びず(自業自得)。
4年半前の5キロの記録が25分16秒で4秒及ばなかったが、
4才半歳取ってるってことで、仕方なしと言うことで。
その後は、みんなの応援をしたり、芝生で打ち上げしたり、
温泉行ったり、居酒屋行ったり……ああ、すばらしき人生かな!

振り幅のある日々ではあるけれど、
辛さや悲しさを相殺できるくらい、楽しく生きられている。
5年3カ月前の私に今の様子を教えてやったら、
きっと喜ぶだろうな。

前を向いて走ろう。
5年3カ月の前の私より、
確実に脚力も、気力も強くなっているはずだから。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

りん | URL | 2015.03.23 19:42
ひそかに更新を楽しみにしている、りんです。以前も書き込みしました。
私は卵巣嚢腫、子宮筋腫で2度も手術しました。どちらも腹腔鏡とはいえ、体への負担は大きく、精神的にも落ち込んでいました。
加えてアラフォー独身のためマイノリティ故の悩みも尽きず。九州の田舎で公務員をしていると傷つくことも多いです。
カナさんのブログを読んでると、勇気づけられます。日々、体を大切に、楽しみを見つけながら頑張ろうと思えます。ありがたいです。
アクセサリーも買いに行きたいです。前回は手術入院と重なってたので次回はぜひ!
カナ | URL | 2015.03.24 13:02
>りんさん
読んでくださりありがとうございます(*^_^*)
やはり婦人系の病気はカラダのダメージはもちろん、精神的なダメージが大きいですよね。不幸に大きい小さいもないんでしょうけど、ついつい病気のせいにしたくなるし、どんどん沈んでゆく感覚すごくわかります。
5年経過し、病気のことは書かない方がいいのかな、過去記事も整理しようかな・・・と思ったりしてましたが、あくまで一つのモデルケースとして、ご参考になれば幸いです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア