私の「福岡マラソン2014」

IMG_4690_convert_20141110111941_201411102025422b5.jpg


福岡マラソン、なんとか完走できました。

記録は、ネットタイム5時間31分1秒

目標だった6時間を30分ぐらい短縮できましたが、
いやはや、いやはや、地獄の5時間30分でした。

ぎっくり腰から、初めての長距離ラン。
どうにでもなりやがれ!と、自暴自棄&開き直りで挑みましたが、
念が通じたのか、なんとかどうにか持ちこたえてくれました。
というか、腰も痛かったですが、それよりなにより、
ヒザ、股関節、足首……下半身のすべてに激痛が走り、
痛みを痛みで包括したソレで、気にならない、気にできない感じでした。

前半、早朝は大降りだった雨がすっとあがり、
暑くもなく、寒くもなく、まさに、絶好のマラソン日和。
ランサークルの友人と一緒におしゃべりしながら楽しい10kmでした。
友人がトイレに行くということで、別々に走りましたが、
基本的に独りも苦にならないので、海を眺めたり、沿道の応援のみなさんと
ハイタッチをしたり、非常に良い感じでした。

が、20kmを超える頃から、とにかく足が痛い。
道脇でストレッチをして走り出すを、何回やったか分からないほど繰り返し、
さらに追い打ちをかけるように35km地点では雨が降り出し、
寒いし、追い風吹くし、朦朧としてきました。本当に地獄。

40kmあたりで「ゆっくり走るより、速く走った方がラク」と判断し、
とにかく早く終わりたい一心で、力を振り絞ってダッシュ。
FINISHの文字が見えた瞬間、涙が流れました。

ああ、やっと終わった。

単純に苦痛から逃れられることが一番ではありましたが、
これまでのマラソンに限らず、いろいろな事が走馬燈のように蘇り、
まさに感無量。「ああ、私、がんばれたわ」と、
私の中の何かが成仏できたような、心底ほっとしました。

マラソンを始めたきっかけは、乳がん発症でした。
治療の苦痛や副作用や後遺症はもちろん、出産とか左胸とか
諦めないといけないことも多く「なんで私なんかな……」と何度思ったことか。
また、ご存じの通りの負けず嫌いでありますし、
「あの人、かわいそう」などと、絶対に思われたくない。
悲しいとか、きついとか以上に、ただただ悔しかったんです。

これまで自分がやってこなかったことに挑戦しよう!
そうすれば、健常のままの人生と「得るもの」の総量は同じなんじゃないか、
他人から見下されたりもしないし、自信を持って生きてゆけるんじゃないか、
打ち勝ってやろうというより、嫌なことを病気のせいにしたり、
気持ちが負けてしまうのが怖かったのです。何かしないと折れそうで。

……今となっては、単なる勝ち気な中年なんですが、
とにかく「悔しさ」とのせめぎ合いであったことは事実です。
富士山に登ったり、もの作りに挑戦したり、
生き急ぐかのごとく、次々に自分に課していきました。

数週間後の12月1日で、発病から5年の節目を迎えます。

これまでただただ突っ走ってきたんですが、
立ち止まって、くるっと後ろを振り返ってみて
これまでの5年のいろいろを思い出すと、
まんざら悪い景色ではないかも……。
ちょっとがちゃついていますが、その凹凸も私らしいかな、と。

マラソンはよく人生になぞられますが、
やはり主人公は自分自身。苦も楽も、己次第であります。
そして、諦めたら終わり。ゴールしたければ、
はってでも自分の足で行くしか術はありません。
これは全ての人、生き物に共通したことですし、
「人生の縮図」を疑似体験できることから、
いわゆる「人生観が変わるよ」などと言われるのでしょう。

そしてもうひとつ、辛い思いや体験をした分、
もっと楽しく走りたい、もっと早く走りたい、と欲求が生まれます。
この欲求こそが、次のステージへの入口であり、
自分でも知り得ない世界への第一歩なんだろうとおもいます。
生きる活力になり、未来に希望が生まれるのかなって。

良くも悪くも、この5年。
ある種の呪縛めいたものによって、奮起していたのも事実です。
昨日ゴールした時、「あー、やっと自由になれる」と思いました。
なんというか、自分自身のミッションを完了した気分といいますか、
憑きものがとれた、何かがすっと抜け出た気がしました。

この先、何が起こるか分かりませんが、
少なからず、人生に後悔はないと思います。
今できる限りを尽くしたし、うん、がんばりました。
ゴールしてから、泣けて、泣けて仕方なかったです。
純粋にスポーツで泣いたわけではありませんが、
一生忘れられない涙となりました。

長くなりましたが、最後に励ましてくれたダンナ
(彼も私より1時間も早く完走しました)、応援してくれた友人、
一緒に頑張ったランサークルのみんな、長崎から駆けつけてくれた
父母、叔母(ちなみに11月9日は母の誕生日でした。完走でお祝いできた)、
私の無茶につきあってくれてありがとうございます。
がんばれたのは、みなさんがいてくれたからです。

ということで、ひと区切り。

肩の力も抜けたことだし、さらに楽しい人生を送れるよう、
のんびりゆったり行きたいと、生きたいと思います。
あ、でも、マラソンはもっと速くというより、
楽しく走れるよう精進しますよ。

次は、4月の佐賀桜マラソンだ!







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Kiki | URL | 2014.11.10 20:54 | Edit
完走おめでとうございます!
感動しました。色んな人が色んな思いで走ってると思うと胸が詰まりました。そしてかなさんはマラソンのきっかけは乳がんだったとは…
かなさんの前向きで悲壮感ない生き方に癒されています。見習いたいです。
突然ですが
今月2日に友人が乳がんで亡くなりました。悲し過ぎてまだ信じられません。一ヶ月前まで自分ではまさかがんとは思わずたった入院一ヶ月で逝ってしまいました。なんの治療も無しにこの世を去った彼女の無念を思うとたまりませんが今、ここにある自分の命を本当に大事にしようと思いました。そんな矢先、昨日の福岡マラソンの中継見てて突然夫が泣き出しました。
なんで〜⁈と思いましたがその友人の死と私の乳がんが軽かったこと、そしてゴールが病院の近くだったので感情が押し寄せたみたいです。
そう言えばびっくりするほど今回のことで白髪が増えてたなぁ。病気になるっていうのはひとりの問題ではないとつくづくわかりました…
私の治療は始まったばかり…といってもお薬だけですが。しっかり生きていこうと改めて思ったのでした。
カナ | URL | 2014.11.12 08:54
>Kikiさん
ありがとうございます。
すごーーーーーくきつかったですが、
苦労した分、うれしいものですね。
連綿と続くランナーの姿を走りながら見て、
ああ、少なからず、みんな辛いんだろうな・・・と。
自分だけじゃないんだよな・・・と思うと止めるわけにもいかず。
私も親しい友人と同時期にがんが分かり、
友人は他界してしまったのですが、同じようなことを思いました。
生きていることを大事にしようって。
そしてダンナさま。いやはや、本人より家族の方が辛いんじゃないかと
私も思いました。そう言う意味でも、元気でいなきゃですね。
万葉 | URL | 2014.11.12 11:11
わあ すごい!良かった!と拍手した後、
最後まで読んで「まだやるんかい!」と突っ込みましたよ。(笑)

楽しむってのも色んな種類がありますからね。
自分を追い込んで得る達成感も、もちろんそうだし。

カナさんが健やかにあるために、マラソンを利用するのは良いことだなと思いつつ、
やっぱりちょっと心配もしています。くれぐれも無理せずに・・・ね。

完走、おめでとうございます!よくやった!!
yukipoo | URL | 2014.11.12 17:11 | Edit
お久しぶりです、カナさん
完走おめでとうございます。素晴らしい!

以前コメント入れさせて頂いたものです
わたしもマラソンではないのですが、ロードバイクを
やってまして
来週、わたしにしては長距離のライドに挑戦するのですが、走り切ることができるか?途中でやめちゃうかも?体力面などいろいろ心配してるのですが、そんな今日まさに完走したカナさんの記事を読んでなにやら力が漲ってきました(笑)
ありがとうございます!
仲間の脚を引っ張らぬよう、無理せず走ってきますね〜

5年経つのですね、早いものです
わたしも術後一年半、いまは注射だけですが
おかげさまで普通に元気に暮らしてます。
カナさんにはたくさん元気をいただいてます
お互いこれからも元気に楽しく過ごしていけますように。
カナ | URL | 2014.12.11 10:05
万葉さん

リコメ遅すぎでアレすぎますが、
やっと正気を取り戻しつつあります。ふ〜。

ということで、あれから1か月。
激務と寒さと寝違え(癖になってる)などで走れておらず、
「運動気質を持ち合わせてないな」ってことがよく分かりました。
とはいえ、このお返事しかり、「今日から復活しよう」と思えたので、
それはそれで「無理のない程度」であると判断。

以前は、全般的に「やらねばならない」前提でしたが、
最近はちょっと横着になって「やれないことはやらない」が
デフォルトになりつつあります。オバチャン化ともいいますがね。

ってことで、春まで時間あるので(油断)、
ぼちぼち走りたいと思います。
カナ | URL | 2014.12.11 10:13
>yukipooさん

返事が遅すぎること、どうかお許しを!
やっと目の前が明るくなってきました。

ロードバイク、いかがだったでしょう。
仲間というのは、怠ける抑止力、奮起する起爆剤、
使えるといってはなんですが、重要な存在であると認識しました。
(これまで、重要とか思ったことなかったんですが。苦笑)

マラソンしかり、病気しかり、
辛かったことって、思った以上に早く忘れます。
良いことでもありますが、ついついついついつい無茶したり、したり、したりで、
我ながら反省であります。実は、明日が検査の日・・・無事に事なきを得ますように。

yukipooさんも頑張りつつ、頑張らないでくださいね!

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア