文章の学校、卒業。

IMG_2441_convert_20130927114541.jpg

先週末、半年間受講した文章の学校が終了した。

2週に1回、土曜日の午前中のクラスだったのだが、
毎回課題を仕上げるのが、ま〜〜〜大変であった。
とはいえ、ご学友(笑)の皆々とFBのグループを通して、
「もう、書いた?」「まだ(金曜の夜)」など
志を同じくするもの同士でワイワイするのも学生気分で楽しかった。

私は文章で(なんとなく)暮らしを立てているけれど、
作家、エッセイスト、コピーライター、編集……
中身は細分化されていて、同じようでまったく異なる。

福岡という土地柄、専門云々より、
オールマイティにこなせる方が重宝される傾向は強い。
私の資質的にも「浅く広く器用にこなしまっせ」
タイプであると思っているので、
地の利と性質が合致した、自分向きな仕事だと思っている。

しかし、とにかくずっーーーと
「他人のため」の文章を書いていたわけで、
いざ、自分自身のことを書くとなると、
それはそれは勝手が違うし、まったく筆が進まない。
自ら何かを生み出すアーティスト型(小説家など)、
あるものから形づくってゆく職人型(編集者)とするならば
私は完全に後者であり、空想&妄想なども苦手。
いわゆる「生みの苦しみ」を久しぶり、
いや、ここまで向き合ったのは初めてのことだ。

そしてもうひとつ、可能な限り、
病気を通して思ったことを課題に盛り込んでいった。
苦しかったこと、悲しかったこと、
感謝したこと、得たもの無くしたもの、
思い出したくなかったこともあえて引っ張り出してきて、
文章に落としていった。それもそれで、つらかった。

泣いて読めないので、代わって読んでもらったりして、
本気で迷惑をかけてしまってすみません。
かな〜り、鬱陶しかったでしょう。

自己紹介からはじまり、ラブレター、
怪談話、時時コラム、ユーモアエッセイ、
売春婦になったつもりでもあったな、
ショートショート、懸賞作文・・・全12回。
いや〜打ちのめされた。何度、心が折れたことか。

文章は果たして上達したのか・・・どうだろうね。
得てして自分自身のことは見えないけれど、
自分以外の人々は、確実に上達しているのがわかる。
講義中も何度感動して泣いたことか、笑ったことか。
文章の学校である一方、文章セラピー的な要素も多分にあり、
否応なしに出てくる「自分」と向き合うことは、
苦しくもある一方、新たな発見もあった。
時に禅問答のような、時にヒーリングのような、
なんともいえない解放感・・・ぜひとも味わってほしい感覚。

講師の元木さんがその人それぞれの個性や、
文体を受け止めてくれたのもありがたい。
よくあるこの手の学校って、先生の思いや好みによって
判断されたり、型には込まれる場合が往々にしてある。
もちろん、改行や句読点の打ち方、修飾語の順序、
文末の処理など、技術指導もある一方で、
個々の持ち味を引き出して気付かせてくれたり、
陥りやすいクセを指摘してくれるなど、
上達というより、改善に近いのかも・・・なんて。
体と同じで、文章も元の自分あってだからね。
単なるテクニックの向上ではなく、
もっと大きな意味での表現の仕方、捉え方を学んだ。

心の奥底に潜んでいた自己顕示欲も発見できたし、
プライドや見栄、表現への躊躇など、
文章に邪魔なものが、随分と減った気がする。
すごくちっぽけでありながら、
こびりついてなかなかとれなかった自意識と
お別れできてよかった。本当にいらん。

もはや無くすものはなにもない、なんでもこいや!
小説家になるかと言われれば絶対NOだけど(確信に変わった)、
進む道というか、自分の得意・不得意もうっすらわかったので、
今後の方向決めに役立てたい。

書く人でなくても、老若男女どんな人でも、
何かしら新鮮な感触、見たことのない自分に出逢えると思う。
言葉を良い意味で上手に使えるようになると、
自ずと周りの人との関係が円満になったり、
変な話、人間としての魅力が増してモテると思うもの。
(現に、講座で同じくした若手男女に彼氏彼女ができたし!)
よって、正解も不正解もない。

それが、文章の魅力なんじゃないかな。

・・・なんて思った。なんて分かった。

ということで、元木さん、12回の講義ありがとうございました。
ご学友のみなさん、本当に苦しかったけど楽しかったね。
(学校終わりの飲み会で)毎度、飲み過ぎてすみません。

力は尽くした。もはや悔い無し。

あ〜〜、清々しい気分。


**

もうすぐ、後期が始まります。
気になった方、ぜひとも受講してみてください。


株式会社 チカラ「文章の学校」


**

ご学友のみなさん、
懸賞作文出した?〆切り30日だよ。
米、もらうぞ!






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

| | 2013.09.27 21:10
このコメントは管理人のみ閲覧できます
カナ | URL | 2013.10.11 08:50
>清さん
戦友よ、飲友よ。笑
例の件、了解でやんすー。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア