抜歯とトラウマ

P5211127_convert_20130521103654.jpg

「虫歯かな〜」と軽い気持ちで歯医者へ行ったのだが、
なんのなんの、奥歯を抜かれてしまったよ!

「奥歯の詰め物の下(もちろん見えない)が
 きれいに折れていますね」

度重なる治療で歯がもろくなった(矯正やってたし)、
薄くなった箇所にヒビが入って噛んでいる間に折れた・・・まぁ、原因は不明。
どおりでぐらぐら浮いた感じがするわけだ。
もちろん、抜くのはできるだけ避けたいとのことだったけれど、
カンをあけてみると「複雑骨折のような有様」で、
「もはや、修復不可能」とのこと。あ〜〜〜〜〜〜っ泣。
幸い、虫歯や炎症がなかったおかげで、即抜歯となったが、
これが腫れたりしていると、治療も手こずるらしい。

ずーーっとかかっている先生なんで、もはやおまかせ。

ということで、何十年かぶりに抜歯。

昔の抜歯の記憶って、注射は痛いし、
ガリリゴリリと力づくのイメージがあったけれど、
最近のそれは、そんなことはないんだね。
親知らずなどを抜く際も、熱が出るだとか、
血が止まらないとか、いろいろ言われたけれど、
現在、痛くもないし、血も止まっている。

とはいえ、「奥歯を抜きます」と宣告された時、
「がんかもしれません」と宣告された時の心境が
ぶわ〜〜〜っと蘇ってきて、くらくらっときた。
なんというか、意識が飛んでいくような感じ。
トラウマが残っているんだろうね。怖かった〜。

ちょっとしたら落ち着いたけれど、
「えー、もしかしたらインプラントとか!」
「まさかの部分入れ歯!」
など、別の現実的恐怖がやってきたけども、
一応、それは免れた模様。このあと一週間後に抜糸して、
運良く残っていた親知らず(下の箇所は矯正の邪魔で抜いた)と、
一個前の歯にブリッジを架けるらしい。
面倒っちゃ面倒だけどね。

ということで、身も心もすっかり疲れ果てて帰宅。
お酒も飲むことができず、早々に寝てやったさ。

折れるのを防ぐのは難しかろうけれど、
やはり歯を大事にせんとなと思った次第。
ついつい舌先で歯茎を触っては、
「ひ〜気持ち悪〜」となるけれど、
しばらくは大人しくしとこう。ハイ。


**


春眠暁を覚えず。










にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア