文章の学校@3回目

P5130759_convert_20130513105021.jpg

「文章の学校」3回目。

毎回テーマに合わせて課題が出されるんだけど、
今回は「ラブレター」。

本気で、ぞっとする。した。
現役を引退して長ごうございますゆえ、
ピンとこないわけですよ。
全てが薄ぼんやりと、モヤがかかったようで、
「LOVE」の輪郭が掴めないのです。

西野カナの歌みたく、会いたい、会いたい・・・とか
なんじゃそりゃと思っていましたけど、
それも含めて「生の声」であるから、
同じ層に属する人々の心に響くんでありましょうね。

やはり、家族を持ち、長く生きてくると、
(ミスチルの歌みたく)世界人類平和路線へ向かうのも納得です。
愛は書けても、恋を書くのって難しいです。
恋愛小説作家とか・・・・すごいなぁ。

とはいえ、課題は待ってくれないわけで、
絞り出してでも提出しなければなりません。
ええ、もちろん提出しましたよ。
書き上げるのに必死で、恥ずかしい気持ちもすっ飛んでしまいました。
(ある意味、すっ飛ぶ感じを体感することが重要です)

文章の出来は置いておいて、
私の最大の難関は、もうひとつ。

自分の文章を読めない。

もう、深刻です。
感極まるというか、涙が出てくるのです。
子どもの頃からその傾向はありましたけど、
みんなスラスラ読んでるのに、私だけ読めないのです。
「あがり症克服教室」に通うのが先じゃないかと
本気で思いました。いや、通ったほうがいいわ。
ということで、スタッフの方に読んでいただきました。
ああ、手のかかる生徒で申し訳ない・・・・。

この日の参加者は、男女半半。
元木先生曰く「このクラスはレベルが高い」。
たしかに、みなさん、すごく上手。
私は書く仕事をしてますので、コテサキの技術はそこそこあっても、
表現であったり、視点であったり、ふへ〜〜〜と感心させられます。
とにかく、毎回、毎回、打ちのめされますが、
脳天にガツンと響くそれがむしろ心地よくもあり、
これだけでも受講した甲斐があったというものです。
(もちろん、しっかりとした指導も勉強になります!)

余談ですが、今回のラブレター。
女性は割と感情をストレートに表現する人が多いのに対し、
男性はおしなべて控えめというか、
描写が細かく、とてもロマンチック。
女性は別れたら、未練なくスパッと次に進み、
逆に男性は引きずる傾向が強い・・・ああ、なるほど納得。

そんなこんなで、毎回行くのが楽しゅうございます。
次の課題・・・気が重いけれども、頑張って書くべ〜。








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

匿名 | URL | 2013.05.13 11:53 | Edit
ひゃー!ラブレター!!
こわっ。
私も書けん!

必ずしも相手は恋人じゃなくてもいいの?
それとも必ず、恋人?
カナ | URL | 2013.05.13 12:02
>★さん

怖いでしょ〜。www
震えましたよ。

完全フィクション
はNG。
子どもや動物などへのLoveも禁止。
恋人じゃなくても可。

・・・そんなしばりでした。
元カノ・元カレ系が割と多かったですよ。
わ、匿名になってるw | URL | 2013.05.13 17:08 | Edit
ごめんごめん、nodaでした~m(__)m
カナ | URL | 2013.05.13 17:10
>nodaさん

大丈夫。nodaさんってだって思ってたから。笑
noda | URL | 2013.05.13 17:43 | Edit
バレてた(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア