一歩奥、一歩先

IMG_8131_convert_20130131135510.jpg

ありのままを、あえてかんぐらず、
素直にうけることが大事な反面、
建前、謙遜…などなどをおもんぱかりつつ、
深掘りすることも大事だったりする。

もちろん、その両方とも大事なのであって、
バランスが悪いと、やはり社会生活に支障をきたすわけで、
むずかしいよな・・・などと思う今日この頃。

ということで、本心?建前?など、受けるときに??となった場合、
自分なりのルールを決めている。

一歩奥まで、一歩先まで。

「発言」を挟んでだから、合計3回考えるということ。

極端な例だけど「あんた、嫌い」と言われたとする。
嫌いと言われて腹が立たない人なんていない。
もちろん、私も腹が立つ。で、そこから開始。

一歩奥・・・嫌いとなぜ思われたのか。
やはり、原因というか、言い分があるはず。
こっちが悪い場合もあるし、疑問が浮かべば、聞いてみてもいい。

一歩前・・・嫌いをどう処理するべきか。
もはや修復不可能なのか、話し合いでどうにかなるものか、
「言葉」として発されてしまった事実の後片付け、みたいなものか。

おそらく、無意識にやっていることなんだろうけれど、
「型」として捉えると、なるほどなと思う。
自分の意見を押し通すだけでなくいったん受け入れてみる。
そして、現実的な落としどころを見つけて対処してゆく。

いやね、なんでもまんま受け入れるのも危険だし、
たまにというか、いやいや、意外と多い割合で、
「自分はこうだ(他に余地なし)!」とピシャリと言い切っちゃう人もいる。
消極/積極どちらにせよ、断言する(考えない)のって
・・・どうなんだろうね。

私は「???」と思うから、
そうならないようにとの自戒も込めて、
「発言の前後ぐらいまで、考えてみようかな〜」と思った次第。

この場合、深く考えすぎるのもよくないし
(会話の鮮度が落ちるというか、テンポが崩れる)、
「断言しちゃう人」に対して、そりゃいかんよと、
説教するのもこれまた違う。
いろんな考えがあるんだな・・・とソース程度に心に留めておきつつ、
その場で一番よい発言なり、対応なりを見いだせばよい。

決め込まない訓練、想像力の訓練、
一番のメリットは、冷静になれることかな。
ちょっと一呼吸おくことで、より話はスムーズに進み、
無駄に怒ったり、落ち込んだりしなくなるしね。



・・・非常にとりとめのない話ですんません。









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

hiromi | URL | 2013.02.01 18:14
私はどちらかというと白黒決めたがるタイプなのに優柔不断
でも最近はソースを含めていろんなものを見たり聞いたりするので
最初の意見がブレブレです。(泣)
なのでSNSでの発言も意味のないことばかり。

もっと本質を見極める力鍛えなきゃだめですね。


カナ | URL | 2013.02.05 09:28
>hiromiさん

私もそんな感じですよー。
ソースの量の調整も大事ですよね。
「これ以上、入れ込むとやばい」という、
線引きが難しいですけど、一定で締め切るようにしています。

今回のネタもとはダンナとのやりとりだったんですが、
うちのダンナ、割と決め込む(〜にちがいない!)タチで、
決め込んでもいいけどその理由は?じゃ、そうなる原因はなんなん?
この手のやりとりが始まるわけです。笑

答えなんてないんだろうなと思いますが、
一呼吸おいて物事をせめて前後ぐらいから見る癖を
つけたいなと思っております。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア