僕の死に方 ー エンディングダイアリー500日 ー

DSCN7516_convert_20121220124438.jpg


「僕の死に方 ーエンディングダイアリー500日」
   著/流通ジャーナリスト 金子哲雄

読みました。

41歳という若さで急逝された
流通ジャーナリストの金子哲雄さん。
お寺、葬儀、最後の挨拶まで、
すべてご自分でプロデュースされたとのことで、
テレビなどでもたくさん放送されていましたよね。
「肺カルチノイド」という10万人に1人という珍しい病、
さらに、組織型は数千万人に1人しか発症しないものだったそうです。
悪性の腫瘍が全身を蝕んでいく病で、治療や経緯はがんと同じ。
しかし、宣告を受けられた時は、
「今日亡くなってもおかしくない」いわゆる余命0日。
そこから、生と死と向き合ってこられた500日の記録、
奥さまとのこと、仕事、お世話になった方への感謝など、
金子さんの思いがここに綴られています。

ダンナには「(自分の状況もふまえ)あまり読まない方がいいじゃない」と
心配もされましたが、(自分の状況もふまえ)るのであれば、
読んでおいていいんじゃないかなと思いました。

もちろん、死ぬのは嫌だし、怖いし、とんでもないことですが、
病気を経験したことで、いわゆる死生観が変わりました。
余計な恐怖がなくなったといいましょうか、
冷静に感じられるようになりました。
ある意味、死ぬことを考えることは、生きることを考えることでもあります。
「じゃ、生きているうちに楽しいことやっとかねば!」と
生きることに前向きになれますもの。

先日、同病の友人と「死んでしまうかも・・・と心のどこかに
冷静に捉えていることって確実にあるよね」と話しておりました。
一切考えたくもない人もいるでしょうし、
縁起でもないと言われるかもしれませんが、
自分のことなんでね・・・考えますよ。
金子さんいわく「死ぬことは一生に一度」なわけですから、
自分の思い描く最後でありたいと考えるのも理解できます。

近所に新しく葬儀場ができたから内覧行こうかなとか、
葬儀社はここがいいなとか、保険とか分かるようにしとかなきゃとか、
「金子さん的」な段取りめいたものを、よくよく考えます。

一方で、残された家族に迷惑をかけたくない、
仕事でお世話になった方や先生、友人にもお礼をいいたい
・・・これもすごく分かる気がします。
ありがとうの気持ちは、ちゃんと伝えたいですしね。

内容は、時系列に沿った闘病の記録のほか、
「流通ジャーナリスト・金子哲雄」ができるまで、
末期医療の現実、なにより奥さまである稚子(わかこ)さんへの
愛情がたくさん込められています。
苦しい闘病、動かなくなる身体、死へと向かう恐怖など
辛いことも書かれてはいますが、悲壮感みたいなものはなく、
私たちが知っている「明るく楽しい金子さん」がそこにいました。
本の帯にもあるように「見事な死の記録」でした。

もちろん、これを真似できるとは思いませんが、
必ずくる「一生に一度」のこの時のことを、
自分らしく迎えるためのヒントになりました。

精一杯生きよう。生きなきゃ。
・・・ですね、金子さん。

東京タワーの下で今も金子さんは、
「情報収集」されているんでしょうね。
ご冥福をお祈りします。









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

musica | URL | 2012.12.20 20:29 | Edit
先日久しぶりに本屋さんに行ったときに見かけて、気になりました(が、読書に時間を割く余裕がないので、買うのを諦めた)
年末年始の休みに、読めたらいいなぁ、読みたいなぁと思ってます。
カナ | URL | 2012.12.21 09:32
>musicaさん

私も最近忙しくて読む暇なかったけど、
ネコとひなたぼっこしてたら・・・全部読んでしもた。

エッセイであるので、
知識的に何かを得られる類のものではないけれど、
死を受け入れるべくのひとつのあり方として
参考になりますよ。
自分はどうするだろう・・・と考えることに意義があるかな。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア