平尾台へ

PB252617_convert_20121126141404.jpg

登山道具一式の減価償却に励むべく、
両親とダンナと一緒に、北九州の平尾台へ

距離的には近いし、名前もよくよく知っている場所だけど、
訪れるのはお初。意外とそんなもんだよね。
ということで、どこから登るのか、どんなコースなのか、
所要時間はどれぐらいなのか・・・も一切知らぬまま、
「行けばどうにかなるやろ」・・・全員がそんな感じ。苦笑

「あっ、お弁当買ってくるの忘れた!」

山頂で飲むべくビールはしっかり準備していたものの、
お弁当を忘れる始末だし・・・。
売店ぐらいあるだろ・・・と思っていたけど甘かったですね。
やっとみつけた鍾乳洞の食堂で、おにぎりをこさえてもらい、
なんとか「食事抜き」を免れました。よかった。


吹上峠〜大平山〜四方台〜茶ヶ床園地


PB252560_convert_20121126141533.jpg
まだ余裕。なんとなく登る一行。

PB252596_convert_20121126151613.jpg

想像していたより、広くて雄大。
羊群原やドリーネなど、カルスト台地特有の自然も
めずらしく、見応えがありました。地球ってすごいですね。
写真でお分かりのように、絵に描いたような秋晴れ。
寒くもなく暑くもなく、黄金色に輝く大地を
わっさわっさと歩くのは、実に爽快です。

ざっくりまわって、約3時間。
途中、いくつか難所はありましたが(大平山から四方台の間)
大人から子どもまで楽しめる、よい場所だと思います。

PB252621_convert_20121126141608.jpg

PB252591_convert_20121126141745.jpg

登山をするたびに思うんですが、
人間の力ってのもすごいもんだと感心します。
かなーーーり遠くに思える場所でも、
なんだかんだで行けちゃうわけで、
千里の道も一歩からしかり、
たとえ小さな歩みでも、何度も繰り返すことによって到達できる
・・・まさにこの達成感こそ、登山の醍醐味でありますね。
それでもって「あー、私、生きてるんだーー」と、
生きている実感がこみ上げてきます。

もうじき12月1日。
あの日から3年の月日が経とうとしています。
「来年の紅葉、見られないかもしれん・・・」と
泣きながら帰ったあの日から3年かぁ・・・。
ということで、今年も紅葉が見られました。
よかった。本当によかった。
生きていられて、よかった。

また、こうして一緒に登ってくれる両親とダンナにも感謝です。
みんなが自分の足で歩き、語らい、笑い合える時間って、
何気ないことのようですが、幸せの最たるものだと思います。

さぁ、来年はどこに登ろうかな。
登れるよう、元気でありますように。


PB252628_convert_20121126161105.jpg
また、来年!





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

JOHN | URL | 2012.11.30 12:49
すばらしい景色ぃ!
生きていればこそ。
幸せやね。小さな幸せを感じて過ごせることが
なにより幸せやね。うん。
PETがんばれー。
カナ | URL | 2012.12.02 16:56
>JOHNさん

大自然の中にいると、
ああ、私ってちっぽけやな〜と思う反面、
じたばたしても、しゃーないな〜と
心がほっとするんよ。

ぼわ〜っとぬくもるような幸せが
一番心地よかったりするね。

Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア