バルセロナ&パリ【バルセロナ・1日目】

th_PB090458.jpg
どっかーーーーーーーーーーーーーーん!

<11月9日(金)>

9:20  オプショナルツアー参加(「みゅう」主催)
    コロンブス記念塔
    ランブラス通り
    モンジュイック展望台(下車)
    スペイン広場
    グラシア大通り
    バトリョ邸
    カザ・ミラ邸
    オリンピック競技場
    グエル公園(入場)
    サグラダ・ファミリア(入場)    
12:30〜 ツアー終了
13:00〜 サグラダ・ファミリア周辺でランチ 
15:00〜 サンパウ病院(世界遺産)見学
17:00〜 カザ・ミラ、カザ・バトリョ見学
20:00〜 ホテル着


今回は比較的入念に計画を立てて挑んでおりました。

・事前にチケットがとれるものは日本から取っておく

・自分で理解できそうもないものは、
    解説付きオプションを申し込んでおく

・美術館や教会などの入館料はケチらない


当たり前ですが、時間のロスもないですし、
余った時間は休憩タイム(ビール飲んだり)にあてられます。


バルセロナ、噂に違わず素敵な街でした。
街全体が、まさにテーマパーク。
なおかつ、メリハリがきいていて、飽きずに観光できました。
そして、すごーーーーく街がキレイ。この場合、清潔さ。
清掃が徹底していて、おもてなしの心を感じます。
まぁ、住んでいる人が片付けしてしているわけではなく、
(こちらも噂に違わず、昼間から飲んだり食べたり、
 あまり働いてない印象です)
朝方、でっかい清掃車がゴゴゴゴゴゴ・・・とお掃除してました。



■モンジュイックの丘からの眺め

th_PB090315.jpg

バルセロナ市の人口は170万人といいますから、
福岡よりちょっと大きめの地方都市といったところ。
全体的にコンパクトで、実際に回ってみても
タクシー・地下鉄で十分把握でき、観光しやすい街でした。
曇っていますが、気候は日本より温かかったですよ。



■グエル公園

th_PB090350.jpg

ガウディが作った集合住宅跡です。
遊び心満点で、まさに夢の国な風情でした。
子どもの遠足、他ヨーロッパ地域からの観光客で、
有名なトカゲの像の前では、写真の場所取り合戦が熾烈でした。

th_PB090331.jpg



■サグラダ・ファミリア

th_PB090392.jpg

th_PB090405_20121119181731.jpg


「生きているうちに、一度は見てみたいもの」
世界ランキングでも上位にランクインするかと思われるものでしょう。
1882年から着工され(ガウディが担当したのは、翌年の1883年から)
130年あまり経った今でも工事中です。
予定では、ガウディの没後100周年にあたる2026年に
完成するそうですが、さてさてどうなることやら・・・。

もうね、建築とか歴史とかなんにも知らなくても、
その存在感に圧倒されます。イマジネーションと情熱が、
ビシビシ突き刺さる感じ。エネルギーが満ちて、発光しているかのうよう。
眺めているだけで、目頭が熱くなってきましたもの。

ちなみに、ここの正門にあたる「生誕の門」の建設の
主任彫刻師を務めるのが外尾悦郎氏
ガイドさんによれば、
「作業をされている外尾さんの姿をたまにお見かけします」
世界的建築物の、しかもメインどころを任せられるなんて、
日本人として嬉しいですよね。

th_PB090413.jpg
こっちは、裏門の「受難の門」ですよ。

オプショナルツアーもしくは、入場券の事前購入を
おすすめします。塔の上まで行きたければ、
かなり待つこを覚悟で!
オペレーションがのんびりしているので、
すんごく時間がかかります。

th_PB090424.jpg

と、いうことで後日談を少々。

以前、旅の相棒さんは外尾さんのインタビューを担当したことがあるらしく
(外尾さんは福岡出身。街づくりのシンポなどでたまーに来福)
「偶然でも、会えたらいいね〜」なーんて話しておったのですよ。

数日後、相棒さんより「ミラクルが起こった!」とメール。

・・・・外尾さんと出くわしたらしいです。

バルセロナでもなく、東京でもなく、福岡の街角で!
思わず声をかけたら覚えていてくださったようで、
「あら〜!言ってくてたら案内したのにー」ですって。
一体、何事なんだい!ということで、次回はぜひ、ぜひ。
私もついて行くよーーん。



■サグラダ・ファミリア近くのバルでビール

th_PB090466.jpg

歩きぱなし、聞き疲れでクタクタになり、
ヨロヨロと名も知らぬバル「Cerveceria Intertapa」にて昼食休憩。

ということで、ここでえらいめに遭う・・・。

バルセロナ初の食事だったのに・・・この話は後日。

th_PB090472.jpg
こんなに食えるか、このやろう!



■サンパウ病院(世界遺産)をチラ見

th_PB090486.jpg



■カザ・ミラ邸

th_PB100552.jpg

気を取り直して、グラシア通り沿いにあるカザ・ミラ邸へ。
これまたガウディを代表する建築物。
奇岩をモチーフにした波打つような形状が印象的。
コレ、集合住宅(マンション)なんですってね。
当時の部屋が再現されていたり、建物の資料館になっています。

th_PB100589.jpg

th_PB100551_20121119100956.jpg



■カザ・パトリョ邸

th_PB100657.jpg

カザ・ミラ邸の近くにあるカザ・パトリョ邸。
実業家のパトリョさんの邸宅を増改築したものなんだそうで、
地中海をイメージして作られているそう。

・・・そう。・・・ってことで、ここには入らず。

この時点で、ガウディはおなかいっぱい状態でした。


本来ではこの後、地元で人気のバルであります
「Cervecería Catalana(セルベセリア・カタラナ)」
行く予定でしたがっ、上記にあった「エビ貝三昧」にあたったのか、
強度の胸焼けおよび嘔吐により戦線離脱・・・具合最悪。


おやすみなさい。
というか、初日だぞ。
スクロールだけでも疲れたかと・・・。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

少尉 | URL | 2012.11.19 14:32
やっぱりバルセロナいいですね!
治安はどうでしたか?
それだけが気がかりです…女ひとりでぶらぶら歩けるものかと。
カナ | URL | 2012.11.19 16:52
>少尉さん

パリとはまた違った魅力のある街でしたよ。
海っぺたということもあり、私たちの故郷近辺と似た、
開放感(場所も人も)を感じました。

治安はね・・・私の感覚ですが、
パリより安全な気がする。
物乞いや怪しい署名集団などもいないし。
暴動などもあっている(た)ようですが、
町中はのんきな風情でした。

かほる | URL | 2012.11.19 23:49
うわーうわーサクラダファミリアの壁面ってこういうことになってたの!
大昔、美大生にくっついて廻った時は、ほとんど建築現場の囲いとてっぺんしか見えず(--;)
当時は「あと100年ぐらいかかる・・・かな?」なんて言ってました。生きてるうちにできそうじゃない。
来年もう少し増毛したらパスポート取ろう!
カナ | URL | 2012.11.20 19:21
>かほるさん

どーもでーす。
まさに、最近発表された「2026年完成」にむけて
急ピッチ(慌てて)で作られている模様でした。
今もう一回見に行けと言われたら丁重にお断りしますが、
あと2週間ぐらい後だったら、もう一回みたいと思うでしょう。

そんなこんなで、かおるさんも、いざ、バルセロナ!
私のパスポートも病気前で「誰だよおまえ」状態です。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア