而立と不惑の間

P9120497.jpg

不惑・・・四十にして惑わず。
人生の方向が定まって迷わなくなる年。

私も“あとちょっと”で到達しますが、
残り2年分の精進が必要なようで、
まだまだ「不惑とは言い難い」現状であります。

とはいえ、そこに近づくにつれ、
前年比-5%ずつほど「迷いめいたもの」が減り、
生きていきやすくなっている感はあります。
歳を重ねることで経験や知識が増して応能力がついた、
憧れや希望との折り合いが付いてきた、諦めることももちろんあります。
人生の折り返し地点、良くも悪くも自分を客観視できるようになり、
道が定まりやすくなるってことなんでしょうかね。

と、いうことで・・・

而立(じりつ)・・・三十にして立つ。
学問が備わって自分の立場ができあがる年。

20代で培った「自分」をコマとし、
果敢に攻めつつ、決断することが増える30代は、やはり悩み多き年代です。
私も最中でありますが、先ほども述べたようにピークは越えたなと感じます。
周りの後輩の悩みっぷりったら・・・ハイシーズンに突入している人
いっぱいいるよぉ〜〜〜。

そこから抜けつつある先輩として一言いうなら、
「シンプルに考えよ。そして、行動せよ」
ぐらいでしょうか。答えがあるなら、私がやっとるし。
いろいろ考えること、やらなくちゃいかんことも
あるかと思うのですが、やはり欲をかいたらいけません。
全部を取ろうなど思わずに、1得るなら3捨てるぐらいが適正な気がします。
必要なもの、必要なこと、必要な人って、案外ちょっとです。

実践編としては、とりあえずやる(行動する)こと。
考えたり、検討したりする時間も大事ですが、
年齢的なリミットも含め、やりながら考えた方が効率がよいかと思われます。
当たって砕けろ!みたいな無茶・無謀はオススメしませんが、
ある程度で見切りをつけて、行動に移すことです。
やはり動かないことにはエネルギーの波動はおきませんから。
何かしなきゃ、何も変わらない。
何かしたら、何かが変わる・・・それだけです。
大変で、辛くて、うまくいく保証なんてないですけど、
可能性はゼロではなく、止まっているよりかは確実に%は上がります。
そこに賭けられるかどうか。信じられるかどうか。

上記は自分自身にも問うていることでもあります。
例えば、どうしても辛い事があるとします。
大人なので我慢もするし、好きになる努力もしますが、
やはりどうにもこうにもいかんという結論に落ち着いたら、
切り離すべくな行動にかかります。

1つ捨てたければ、1つ始める・・・私なりの決めごとです。
簡単に捨てられるものならいいですが、もちろんそうもいかず、
結局、2倍頑張らねばならない場合も多々なんですが、
「辛いことから離れる」には、それ相当の力が必要です。
これは、病気から身についた(学んだ)ことでもありますけど、
こうして平穏を取り戻せていますので、間違ってはいないはずです。

2つの物事を相殺させつつ、敵を潰してゆく戦法であります。
「逃げない」というと言うより、
「逃げ道を作る」「別の道を探す」感じかな。
横道に逸れたり、迷ったりを繰り返しつつ、本道に到達する・・・予定です。

悩みのない人生なんて、
それはそれでつまらないものかもしれませんので、
いかにして付き合ってゆくか・・・なんでしょうね。

長々ダラダラ書き散らかしましたけど、
「みんな、がんばれ!!」と言うことで。※強引な〆


**

チョロマ、最近はもっぱらこんな感じです。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

Comment

Seiko | URL | 2012.10.01 00:16 | Edit
わたくしも遅ればせながら、「全部うまくやろうなんてまちがい」なんて気付いたところです。
「全部を取ろうなど思わずに、1得るなら3捨てるぐらいが適正」って染みるぅ~、くぅ~!
会社員でもないのに、「10月!下半期!!」とか聞いて、心がそわそわしている35歳の秋です。

くれぐれもお風邪を召さぬよう。
カナ | URL | 2012.10.01 13:29
>Seikoさん

ちゃんとしなきゃ、スマートにやんなきゃ・・・
自意識と行動のバランスがよくない年代やな・・・と我ながら思います。苦笑
「自分が思い描く自分」にがんじがらめになるというかさ。

格好良くではなく、格好悪くできるかが鍵やと思うわ。
捨てる覚悟、恥かく度胸、腹が決まると自ずと迷いはなくなるだろうからね。
ちびみどり | URL | 2012.10.01 20:28
先日はありがとうございました!
中途半端だと思っていた自意識が、実はまだまだ大きかった!
と気づけたことが一番の収穫だったような…

リセットボタンもない一度きりの人生だと本当に理解できる瞬間が増えて、
少しだけですが行動が変わりました。

またどうぞよろしくです♬
| | 2012.10.01 22:02
このコメントは管理人のみ閲覧できます
カナ | URL | 2012.10.02 08:34
>ちびみどりさん

こちらこそどーもねー。
酔っぱらいの相手させちゃってー。
でも、楽しかったわ〜。

自意識との戦いは、私もかれこれ長いよ・・・。
もう、うんざりというのも、ある意味「終焉」を感じるソレかもしれん。

運動とか習い事と一緒で、やるとやらんのではやっぱり違うよね。
タイミングを逃さないためにも、フットワーク軽く、
気負わず、考えすぎず・・・ってとこでしょうか。

結果がどうであれ、やれるだけを尽くせば、
後々、後悔はないはず・・・たぶん。

ということで、つぎはねじけで!
カナ | URL | 2012.10.02 08:47
>ゆ・・さん

コメント、どうもです!
私も不惑を迎えても、ずーっとずーーっと
悩み続けてたり、迷ったりするんだろうなと思います。
第一章から第二章みたく、終わらないんだろうな・・・と。
希望としては、悩みの質を変えたいかな。
自分自身を攻撃するようなタイプの悩みはもういいかも(がんの要因?!)

ゆ・・さんは正直だし、行動も伴っていてすごいです。
迷いながらも進むことが、可能性を広げる一番の策だと思います。
ファイト、ファイト。
| | 2012.10.02 18:35
このコメントは管理人のみ閲覧できます
カナ | URL | 2012.10.10 10:25
>きょんさん

お返事、おそなりました!!
やはり、人生を大きくかえる一大事ですから、
落ち込んで当然ですよ。
病気での不自由も分かるし、偏見とかもあります。
でも、最も乗り越えるべきものは、きょんさんの言う通り、
「私自身の心」なんだと思います。

これ以上、傷つくこともないと開き直って、
壁を壊してゆくことも、これまた必要なことです。
辛くなったら休んで、壊したくなったらちょっと頑張って・・・
ちょっとずつでも進むことが大事やと思います。
Comment Form
公開設定

プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア