老け風情からの脱却…(-_-)

th_sagi.jpg

舞鶴公園・大濠公園周辺を我が物顔で飛び回っている鷺。
近づいても逃げない、完全に調子に乗っている。


先日の飲み会で、
たぶん、同じ歳だったはずだよな…と思っていて方より、
ずっと「カナさん」と敬語で話しかけられておったんだけど、
案の定というか、おきまりというか、
「歳上だと思ってました」との解答。

だよね!

20歳の時も、30歳の時も、42歳の今も、
「歳上だと思ってました」と言われ続けてきた。
一緒にいる友人たちが歳上だったりもするし
(47歳とか…しかし、5歳上はあんまりだ!)、
夫に言わせると、慎重に言葉を選びながら
(解答によっては激高するから)、
「貫禄というか、物怖じしないというか…」
容姿というより、風情態度)にそう思わせる
何かがある…みたいなことを言う。

まぁ、歳上と言われたからといって怒ったり、
反論する気なんてサラサラないのだが、
よく巷で囁かれる、

「老け顔は、歳をとってから逆転する」

のソレは、信じてよいものだろうか。

その瞬間を今か、今かと待ち続けているのだが、
最近の出来事をみても、その兆候は見られない…。
あ、そういえば、母がまさにそんなタイプだ!
目鼻立ちのはっきりした大人っぽい顔だったので、
ずいぶんと歳上に見られたそうな。
今では、全体のエッジもゆるみ、ふわっとした、
得てして年齢より若い印象がある。

と、ここまで書いてはみたものの、
私の場合、形状云々の「老け顔」ではなく、
じわっと醸し出る「老け風情態度)」が問題なのだ。
漠然と抽象的だけど、それは確実に存在しているという
非常に難易度の高い敵…。

余計にしゃべらなければいい?
取っつきやすい格好だといい?
いつもより多めにニコニコしたほうがいい?
ねぇ、ねぇ、どうしたらいい?

年齢より若く見られたいなんで贅沢は言いません。
せめて、年相応でいいんです!

秘訣をご存じの方、
どうか御指南くださいませ、ませ、ませー。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

中年女子の友情

IMG_1368.jpg 


いきなりのモノクロで「なんかあった!」風ですが、
まーったくそんなことはないです。
白いハスがキレイだな、そんだけです。

もうはや恒例?遠方より帰省している友人らと会う。
ひとりはフランス、もうひとりは東京、
子ども連れで何週間か帰ってきているので、
私が近所の実家に帰る(滞在する)時間より多いぞ!

かれこれ、20年以上のつきあい。

彼氏ができたとか、転職しようかなとか、
結婚しようと思うとか、子どもができたとか、
順調に月日は積み重なっており、
顔のシミをどうにかしたいとか、
子どもがゆーこと聞かないとか、
悩みの質も随分とあの頃とは違ってきた。

話題の中でも「ついに来たか」なのが、
介護(看護)問題だ。
生まれた順番に少しずつ不具合が出てくるのは
世の常ではあるが、直面するのはキツイ。
「遺産を私にはあげないって!ひどくない!」など
ついにこの域に私たちも突入してしまったんだな、と
ステージ1アップを実感した。

そんな話を蕎麦屋でしっぽり話していたら、
「え、義母が入院したって!」との電話が入り、
「もういいけん、お帰り、お帰り」と早めにバイバイ。

もちろん、歳はとりたくないし、
何事もなく順風満帆に暮らしていきたいけれど、
やはりそうはいかない。
これから先、苦しいこと、悲しいこと、
たくさんの困難があると思う。

でも、それらのダメージをほんのいくらかでも、
やわらげる存在なのが、こうした旧知の友なんだろう。
昔話はもちろん、弱音だって吐いていいし、
格好つける必要も、もはやないもんね。

「また、来年ねー」

足早に帰宅する友人を見送りながら、

「ファイトだ!」

と心の中でエールを送る。
中年女子の友情、ここにアリである。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

おぼんとの出会い2016

th_obon.jpg
「こんな草っぽいご飯じゃ、俺には足りん!」と
 悪態をつかれた、ある日の夕飯。

今更ながら、その素晴らしさに触れ、
あらためて「なにこれ!」と、感動に打ち震える瞬間がある。
ここ最近の私のソレは、

おぼん

オシャレ風に言えばトレーとかプレートとか?
ま、とにかく「おぼん」である。

気づきの発端は、遠方より遊びに来た友人をつれ
久方ぶりに訪れた、うきはのぶどうのたね

th_obon2.jpg
プロとアマとの違いが歴然。

体にやさしい系のおかずがちょこちょこのってる
よくあるっちゃ、よくある”ランチ。

よくあるっちゃ、よくある”ってのは悪い意味ではなく、
よくあるっちゃ、よくある”にもかかわらず、
最近、その手の気の利いたお店だとか、
かふぇーなどにめっぽう行かなくなったせいで、
よくあるっちゃ、よくある”場面に遭遇することがなく
(肉てんこ盛りとか、カレーとか、酒のつまみとか…)、
すっかり脳内から削除されていた。
よって、悪いのは私の方だ。

私と夫は生活&食スタイルが違うので、
基本的に別々のものを、別々の時間に食べる。
私が先に食べて、帰ってくる夫の分を作るのだが、
仕事だったり、アクセだったり、走りだったり、飲みだったりで、
ぱぱぱ〜っと出来る簡単なもの(手抜き料理とも言う)に
なってしまうこともしばしば。もとい、しょっちゅう。

「今から帰るけん」のLINEが入った瞬間、
「やっべ!」とキッチンに走り、急ごしらえスタート。
切っただけ、混ぜただけ、焼いただけ、など
素材本来の味を生かしたシンプル…地味な品々がならぶ。

「そうだ、ぶどうのたねのアレや!」

掻き立てられるように、ネットで「おぼん」を検索。
「大きめでいっぱい載った方が、豪勢に見えるはず…」
ということで、コチラを購入。


※正直、品物の質は、う〜ん…。
 ニス?塗料?独特のにおいが強かった。
 洗ったり、干したりしてるうちに薄れてはきたけれど…。

なんとなく手の込んだ風に見えるのはもちろん、
出すのも下げるのも一度でラクラク!
その上、テーブルも汚れない!!
おぼん、すげい!!!

ということで、
最近、料理に行き詰まりを感じているアナタ、
今こそ、おぼんですよ、おぼん!


おぼんに出会えて良かった、2016年の夏。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア