パリ・ロンドン2016(食い倒れて、パリ!その1)

th_IMG_9934 のコピー 

前回(2年半前)にパリ&スペインに行ったときの
「食関係」は、それはそれは惨憺たるものだった。
スペインでの初日、
私は「シーフードのタパス盛り」を注文しはずなのだが、
やってきたのは「パーティーのオードブルかい!」と
思わず突っ込んでしまうほどの40センチはあろう大皿。
真ん中にオマールどーん!そのまわりを30匹ほどのエビや
ムール貝、マテ貝のグリルが、ずららららら…。

th_PB090472_2016052610130763a.jpg 
ハイ、しめて120ユーロなーりー(15000円)。チーン。

…のっけから、まんまとだまされた。
つたなすぎる英語ゆえ自業自得ではあるが、
それを逆手にとった悪徳レストランめ!
もちろん食べきれるわけもなく、文句もうまく言えず
(聞こえないふりをする。注文聞いたやつは来ない)
150ユーロ(飲み物代含む)払い、結局、泣き寝入り…。
しかもそれだけで終わらず、
見事に食あたりをおこし、ヨーロッパ滞在中、
高熱や腹痛でまともな食事をとることができなかった。
今度、バルセロナ行ったらおぼえとけよ!

…まったく関係のない、
長ったらしい前振りになってしまった。

いやいや、関係はある!
いわゆる、前回からの〜今回だったわけだが、
見事、雪辱をはらすことができた。

「一切はずれなし!」

もちろん、パリには星の数ほど飲食店があるし、
パリ通の方には「何この素人チョイス。笑っちゃうわ〜」
かもしれないが、そこはお許しを。
やはりユーロは高いし、贅沢税も加算されるので、
日本に比べて飲食費はかさむ。
また、うどんやラーメンのような軽食もほとんどないので、
ランチでも、前菜、メイン、デザートとコース仕立て、
そして、量もがつーーーーーーんとやってくる。
味も似ているので食べ飽きるし、全般的に塩気が強いので
薄味を好む日本人には結構きびしい。食べきれん。とにかく。

ということで、

普通の日本人が、
普通の感覚で、
普通の価格で食べられる、

そんな店を紹介したいと思う。
パリに行かれるご予定のある方ぐらいにしか
役に立たない情報だが…「備忘録」ということで。


長いよ!覚悟して!



【Chameleon Restaurant】

宿泊していたホテルの斜め前の店。
メトロ:サン・ドニ駅から5分ほど、
レピュブリック広場からも同じく5分ぐらいかな。
近いから行ったではなく、ちゃんとトリップアドバイザーで
調べてからアタック。この一手間、ホントに大事。

トリップアドバイザー Chameleon Restaurant

滞在最後の日の夜だったので、
「さぁ、飲むぞ、食べるぞ」と意気込む3人。
今回は、33ユーロのコースを注文。
前菜はイカとアスパラ、カリフラワーのソース、
メインはなんとかポークグリル、
デザートはチーズの盛り合わせ…だったと思う。
他店にくらべ、盛りつけが地味な気もしたが、
素材の持ち味を生かした、上品であっさりした、
実に日本人向けの味わいだった。
量も少なめで、滞在最終日にして初めて完食できた。
ま、といっても“他店に比べて少なめ”なだけであり、
チーズの盛り合わせは「3人前?」と思わせる量で、
まんまとワインを3本開けてしまった。

オーナーであろう初老のムッシュの感じもよく、
説明も丁寧(私は理解できてなかったけれど)。
店内も広く、こざっぱりしていて、
気持ち良く、食べて、飲んで、笑って、
「もはや、悔い無し!」とパリの滞在をビシッと締めくくることができた。

参考:パリのおいしいレストラン訪問記


th_IMG_9928.jpg 

th_IMG_9930.jpg 

th_IMG_9936.jpg 

th_IMG_9990.jpg 

店名Chameleon(カメレオン)
住所70 rue René Boulanger 75010 Paris
TEL01 42 08 99 41
営業時間月~土 12:00-14:30 / 19:30-22:30
定休日日曜日
最寄り駅Jacques Bonsergent⑤、République⑤⑧⑨⑪
Websitewww.chameleonrestaurant.fr


********

【Zerda Café】

宿泊していたホテルの隣のモロッコ料理店だ。
「また、安易に決めやがって!」と思われるだろうが、
こちらは日本から持参した「ことりっぷ」に載っていた。
よって、観光客向けかな…と思いきや、
見渡すかぎり地元の方々ばかりだ。

トリップアドバイザー Zerda Café

本の受け売りだが、パリのグルメガイドで
「パリのクスクスNo.1」と評された店らしい。
23歳の時に始めてパリを訪れた際、
留学していた友人にクスクスの店に連れていって
もらったのがクスクスとの初めての出会い。
パリでは必ずモロッコやチュニジア系の店に行くし、
日本でも作って食べるほど好きだが、
たしかに、ここのクスクスは蒸し加減が絶妙。
粉くさくなく、粒子が細かいせいか、ふわっふわ。
これまで食べたクスクスの中で一番おいしいかもー。

日本人は小食だし、シェアするのが主流(食文化)だが、
ヨーロッパは違う。基本的に1人1品(コース)なので、
「わけて食べる」にせよ、人数分注文させられる。
クスクスのほか、ニンジンのグラッセサラダ、
タジン蒸しなどをチョイスしたものの、
ここに来る前に散々食べていたこともあり
もちろん、完食は無理だった。

次は、お腹をすかせて挑みたい。


th_IMG_9501.jpg

th_IMG_9500.jpg 

店名Zerda Cafe(ゼルダ カフェ)
住所15 Rue Rene Boulanger, 75010 Paris
TEL01 42 00 25 15
営業時間12:00~15:00/ 19:00~23:00
休業日:月曜の昼、土曜の昼
最寄り駅Jacques Bonsergent⑤、République⑤⑧⑨⑪


********

【Café des Musées】

こちらはMちゃんの友人であるYちゃん(ジュネーブ在住)に
セッティングしていただいた店。
ミシュランガイドで「ビブ・グルマン」を
獲得するほどの人気店。段取りありがたや〜。

この日は「パリの邂逅」と称し、女子会?を開催!

私たち3人、Yちゃん(プロのダンサー)、
ちょうど福岡からシャンソンのレッスンを受けにきていたIさん、
Iさんの娘さん(中学からパリに留学。パリ在住のピアニスト)という、わお〜なメンバー。

トリップアドバイザー Café des Musées

内装も古き良きパリな雰囲気で、地元の人で賑わってる。
こちらでもコースをいただいたが(35ユーロぐらいだったかな)、
私がチョイスしたのは、前菜はマッシュルームのエスカルゴバター、
メインは子羊の煮込み、デザートはシャーベット…だったかな?

写真では伝わらないが、前菜もメインも、
日本の1.5〜2倍の量があると思ってほしい。
マッシュルーム、かなりのジャンボサイズ。
どちらも、しっかりとした味付け。
これまた、ワインがすすむ〜。

友人いわく「お肉のタルタル、おいしかったー」とのこと。

店の雰囲気も明るく陽気で、
「あ〜、パリって感じ〜」とテンションもアップ。
まさに、女子会?にふさわしいレストランだった。

参考:定評に納得!雰囲気も味もハズれなし、ミシュランにも掲載のお値打ちビストロ


th_IMG_6675.jpg 

th_IMG_9590.jpg 

th_IMG_6676 のコピー 

店名Café des Muséesカフェ・デ・ミュゼ)
住所49, rue de Turenne 75003 Paris
TEL01 42 72 96 17
営業時間12:0015:00、19:00~23:00(ディナー要予約)
休業日:なし(年始休暇 1/11/7、夏期休暇 8/78/27)
最寄り駅Chemin Vert、Saint-Sébastien-Froissart8番線、Saint-Paul1番線



すでにお腹いっぱいでしょうが、
その2、に続く。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

パリ・ロンドン2016(駆け抜けて、パリ!)

th_IMG_9818_20160518100712452.jpg 

【駆け抜けて、パリ!】

私は普段から、早寝・早起き。
ま、酔っぱらって早々に寝てしまうから、
結果として早く起きてしまうだけ、もしくは、老化…。

ということで、遅寝・遅起きの若者たちの迷惑を顧みず、
朝っぱらからゴソゴソと身支度し、ランニングへGO!

data=RfCSdfNZ0LFPrHSm0ublXdzhdrDFhtmHhN1u-gM,Qrp5OPWtMI_FhqTkOSSv44SCKOpFa31jpwMKVJ4K0MlQ_Rto_XDFAcm1H0L4wbny4Si5RSyUQe1TUeZB3rd-8zAGpmdBcQAZamxeY4aAzN31XOfgMc0NZVrxjNoygZCB8057GMkmbo0wSftfjJTMzxVESUB 

パリは東西12km、南北9kmの楕円形の街。
中央を東西にセーヌ川が流れ、大きく右岸と左岸に分かれていて、
パリは中心のシテ島を基点とする20の区から成り立っている。
有名な観光名所はほぼ中央に集中しているので、
体感的にはとてもコンパクトな街だ。

パリの20区 Arrondissements


parismap01.jpg

今回、私は3区と10区の境目あたりの
ホテルに滞在していたので、ちょっと走るだけで
大抵の有名どころを巡ることができる。
まぁ、有名どころでなくても、
普通の街並を走るだけでもため息の連続で、
ああ、パリってすごいや、と感心させられる。
絵になる街、ほんとうに。

今回は6日の宿泊で3回、3コース走った。
なかでも「これぞ、パリ!」のコースがこちら。

IMG_0038.png


「エッフェル塔まで走ってみようか」と
何気なしに走り始めたものの
…う〜ん、見えてはいるがなかなか着かない。
行ったら帰らねばならないので、
あまり調子に乗って遠くまでいかないように。
いや、メトロで帰ってきてもいいか。
そうなることも見越して小銭を持ってゆこう。

以下の写真は、走りながらスマホで撮影。
よって水平がとれてなかったりするがお許しあれ。


th_IMG_9591.jpg
ホテルを出発。南の方向(中心部)に向けて走る。

th_IMG_9607.jpg
サン・ジャック塔を通過。
th_IMG_9614.jpg
コンコルド広場(だと思う)を通過。

th_IMG_9627.jpg
ルーブル美術館を通過。
th_IMG_9630.jpg
ここはどこだっけ…。
th_IMG_9631.jpg
セーヌ川横の歩道。
普段走っている、極狭の福岡の道路と雲泥の差。
道幅も広いし、フラットだし、
ランナー(歩行者)もほとんんどいない!
かなり走りやすい。

th_IMG_9638.jpg
見えているのに、なかなか着かないエッフェル塔。
th_IMG_9667.jpg
やっと到着…。ホテルから6kmぐらい。
th_IMG_9686.jpg
せっかくなんで、周囲をウロウロ…。ジャージ姿だけど。
th_IMG_9689.jpg
自分の足で走ってきたら、
自分の足で帰らなければならない…。
th_IMG_9690.jpg
それなりに時間も経った(朝8時ぐらい)が閑散…。

th_IMG_9695.jpg 
シャンゼリゼ通りをサクッと横切り…。
th_IMG_9696.jpg
オペラ座近くのプランタンもスルー。
th_IMG_9700.jpg
ビルの隙間からサクレクール寺院。
th_IMG_9811.jpg 
北駅。あとちょっと。じわっと上りなのでキツイ。
th_IMG_9529.jpg 
ゴール。しっかりお腹が空いた。

この日はトータル12kmほど。
7時から9時ぐらいまでの2時間ほどだが、
(写真撮るので途中休み、休み)
かなりの名所を巡ることができた。


【街との距離がぐっと近くなる】

別日は、北部に位置するモンマルトルへ。
それこそ「モンマルトルの丘」というぐらいなので、
なだらかな傾斜が続き、練習するにはもってこい。
ランナーの姿も見かけたが、やはりチラホラ…。
サクレ・クール寺院のテルトル広場の階段をダッシュ!
通常、この辺りは治安が悪く、ミサンガ詐欺や署名詐欺
(財布や携帯を盗む)が横行しており、
うかうかしているとすぐにたかられる。

でも、ジャージ姿なら安心。
wifiルーターと携帯(紐付き)と小銭ぐらいしか持ってないので
「カモ」と認識されないのか、基本スルーされる。
まぁ、国民全体が早起きが苦手なようで、
朝方は人(悪い奴等も)が少ないので、ある意味で観光しやすい。

th_IMG_9814.jpg 

th_IMG_9819.jpg 

th_IMG_9822.jpg

th_IMG_9826.jpg

th_IMG_9834.jpg

th_IMG_9830.jpg

th_IMG_9836.jpg

th_IMG_9807.jpg 

パリは花の都と称されるほど、
世界の誰もが憧れる美しい街のイメージがある。
がっ、訪れた人はお分かりだろうが、
実際はなかなか、いや、かなーり汚い。

一人ひとりがこまめに片付ける意識は乏しいようで、
ゴミ箱が至る所に設置されているにもかかわらず、
まー、よく散らかっていること。
散々散らかしたものをグリーンの服を着た清掃チーム
(私のウエアと同じ色…)が片っ端から片付けてゆく。
それが社会の仕組みになっている。
また、パリと言えば犬のウ○コだが、
中心部はそうでもないが、ちょっと離れると!!!

よって、早朝ランは清掃の隙間をぬいつつ、
犬のウ○コを踏まぬよう気をつけて走ろう。

今回はポケットwifiを契約していったが、1日だけ忘れた。
「!」と思ったが、ご安心を。
ホテルまでのマップをダウンロードした際のデータが
作動するようで(なぜかは分からない)、
wifiがなくてもマップは動いた。
なにせ似た景色が続くのでマップは必須だ。


【番外編】

走るのオススメ!といきなり言われても、
はい、そうですか…とはいかないだろう。うん、わかる。
そんな方にはレンタルサイクルの「Velib(ヴェリブ)」はどうだろう。

20072437_6.jpg 

パリ市とその周辺では、ヴェリブの貸出しおよび返却スポット
(ステーション)が1,700個所以上設置され、
23,000台の自転車が用意されています・・・とのこと。


ICクレジットカードでの登録が必要だったり、
それが英語表記だったするのでコツはいるが、
コンパクトなパリには非常に良いシステムだと思う。
ちなみに、30分以内なら無料だ。←そうだったのか


【最後に】

暮らすように旅する…といえばカッコイイが、
帰国後すぐにリレーマラソンに参加せねばならず、
なにせ、出発ギリギリまでインフル寝込みだったし、
ちょっとでも走って体を慣らしておかねば…という
のっぴきならない理由もあり、
スーツケースにシューズを詰めた次第。

でも、結論として、正解だった。

かねてから、

己の足下にあるもの(行動)が全てであり、
生きている証(人生)だ

と思っているので、
「ああ、私、ちゃんと頑張っているじゃないか」と
走りながら、目頭が熱くなった。
贅沢はできなくても、そこそこパリを楽しめる余裕と、
街の中をぐるぐる走り回れる体力があるって、
とっても幸福なことだな、と。
生きているって素晴らしいや、と。

さて、次はどこを走ろうか。
人生の楽しみがひとつ増えた気がする。


th_IMG_9502 のコピー 



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

パリ・ロンドン2016(ざっくりアーカイブ)

th_IMG_9685.jpg 


【はじめに】

「GWの連休、何します?」

4月の上旬、そんな話題があがった。
日々ドタバタなので、未来への対策に手も頭も回らず、
毎年「あ!なんも決めてない!どうしよー!」が恒例。
もちろん、今年もまったくの無策状態だった。

そんな時、FBであがってきたMちゃんの記事。
1カ月ほど前からイタリア〜スペインをさすらい、
ちょうどGWあたりにパリにいるとのこと。

「(GWのスケジュールを確認)空いてる、空いてるよ!
 ちょっと行くけん、待っとって!」

共通の友人であるAちゃんも「私も行く!」とのことで、
完全なるノリと勢いで急遽決まったパリゆき。
残すところ1カ月もなかったが、何事もタイミングである。

ということで、いざ、パリ&ロンドンへ!

気づき:行こう!と思った時が吉日


【じゅんび】

GW直前、というか、GW中出発のため、
「旅費、高かろうね…」と覚悟していた。
が、段取り10段のAちゃん(その後、100回ほど救われる)の
驚異の手配力のおかげで、破格にて航空券をゲット。
福岡〜羽田〜カタール〜パリと約30時間ほどかかったが、
さすが、航空会社の格付けで実質最高評価の
The World's 5-Star Airlines」を獲得している航空会社だけあり、
サービス・乗り心地ともに最高。
長時間フライトもそんなに苦にならなかった。

th_IMG_6521.jpg 
機内食も安定のおいしさ。帰りの「カレー&ソバ」に歓喜!

th_IMG_6530.jpg 
ハマド国際空港は金ピカ。そして、すごーく広い。
欲を言えば、カタール観光がしたかった。

その他、ホテルはエクスペディアなど使い
三つ星ホテルをリーズナブルに手配できたし、
wifi手続きも完了(前回、苦労したので)し、
ロンドンゆきのロードスター&ホテルもきっちり
事前予約(割安になる)。
やれることは事前に…と協力して準備したおかげで、
(といっても、7割はAちゃんだけど)
Total金額も大幅にダウンできた。
羽田一泊(キャビン※快適!)7泊10日だったけれど、
おそらく3泊4日北海道旅行の方が高いと思う。

気づき:GWは日本の休日。海外は関係ない


【たいざい】

今回でパリに行くのは4回目。
よって、あらかたの観光スポットは既に行ったことがある。
Aちゃんは「初ヨーロッパ」とのことであったが、
「観光地に興味ない」とのことなので、
「もう、行ってきめようや」見事なまでのノープラン。
一応、これまでのまでの学びとして、
便利なエリアかつ、メトロの駅から近く、
荷物を広げても圧迫されないそこそこ広いホテルにしたので、
各自テキトウにまわり、テキトウに帰ってくるという、
「旅というより住んでた」7日間だった。

th_IMG_6575.jpg 
ホテルは北マレ地区。先日テロがあった場所の近くだった。
レピュブリック広場にはたくさんの献花が。

th_IMG_6608.jpg 

th_IMG_9981.jpg 

th_IMG_9624.jpg 
福岡の空はPMやら黄砂やらでかすんでいるが、
パリの空は澄み渡り、かつ、空気も乾燥しているせいか、
飛行機雲だらけだった。

th_IMG_9881.jpg 

th_IMG_6587.jpg 
パリの街は食材豊富なせいか、ハトがすれっからしだった。ちぇっ

パリではMちゃんともすんなり合流。
Mちゃんの現地の友人のYさん
福岡でお世話になっているIさん&娘さんも
ちょうどフランス滞在中とのことで「パリの邂逅」を開催。
洒落たビストロで、みんなでワイワイやっていると
「なんだか、大名で飲んでるみたいですね」と一同。
とはいえ、こういうことが実現できるって、
大人になったもんだよな〜と、
美食と美酒で満腹になったおなかをさすりながら、
「生きているって素晴らしい」と幸福を噛みしめる。

せっかくここまで来たし…1泊2日でロンドンへ。
これまた「アイリッシュパブでクラフトビールと
フィッシュ&チップスを食べる」としか決めておらず、
店もノーリサーチ、地図すら持っていない状態…。

th_IMG_6687.jpg 
着いた瞬間「お腹空いた」と駅前のパブへ。
すんなりミッション完了。

ユーロスターでパリ〜ロンドンは2時間30分ほど。
日本の新幹線よりシートがゆったりしていて、
非常に乗り心地もよく、あっというまに到着。
「とりあえず…時計台でも見とこうか」と、ビックベンへ。
20年ぶりか…もちろん22歳の時と同じ時計台だ。

th_IMG_6706.jpg 
ビッグベン。地下鉄の駅をあがったら目の前にドーン!

th_IMG_6774.jpg 

th_IMG_6784.jpg 
どこのパブも大盛況。海外で一発当ててやる!な人は、
ロンドンでパブを開いたらいいと思う。

th_IMG_6820.jpg 
フランスでは滅多に走っている人を見かけなかったが、
ロンドンではいっぱい。日本と国民性が似ているのか。

th_IMG_6855.jpg 

だらだらと街を歩きながら、よさげなパブに入ったり、
せっかくなんでと2階建てバスに2バス停ほど乗ってみたり、
しかし、結局くたびれてしまい、ホテルで味噌汁タイム…。
「揚げ物もビールもそげん入らないね」との結論に至った。
何事も経験だ。

th_IMG_6698.jpg 
シジミの味噌汁他、そうめん、納豆汁など多数持参。
一番人気は「永谷園の松茸のおすいもの」。

「ユーロスターの改札で会おう!」と翌日も各自自由行動。
ハイドパーク〜オックスフォードあたりを走ったり、歩いたり、
買い物したりしていたら、あっというまに時間になった。
駅でみんなと無事落ち合い(一番の心配の種は私)、パリへ戻る。

th_IMG_9708.jpg 

th_IMG_9784.jpg 
シートも広く快適なユーロスター。
「旅の翼」的会報誌の出来が良かった。

後半のパリももちろんノープラン。
幸いお天気がずーっと良かったこともあり、
早起きしてランニングしたり、美術館に行ったり、
化粧品や靴、服を買ったり、アクセのパーツ屋を巡ったり…。
で、夜に集合しては、パブやビストロで
大いに食べ、飲み明かした。嗚呼、すばらしき、人生!

th_IMG_9817.jpg 
サクレ・クール寺院の階段をゼイ、ハーしながらダッシュするのは、
もちろん、私ひとりだった。

th_IMG_6648.jpg

th_IMG_9853.jpg 

th_IMG_9857.jpg 

th_IMG_6903.jpg 

th_IMG_9894.jpg 

気づき:パリの街は昔ほど犬のウンコは落ちていないが、
    まったく落ちていないわけではないので注意。
    その点、ロンドンはどこもかしこもキレイ



【そうひょう】

だいたい、旅にトラブルの1つや2つはお約束だが、
今回に限っては「ほんとに、なーんも問題おこらんかったね」と
拍子抜けするほど、終始滞りなく終わった。
これもひとえに、Mちゃんの語学力(英語ペラペラ)、
Aちゃんの段取り力(何でも知ってる&持ってるので
あだ名はア○えもん)あってのこと。
私はというと、完全なる「パフォーマー(賑やかし)」であり、
というか、二人に介護してもらったと言っても過言ではない。

th_IMG_6935.jpg 
旅行中、一体何リッターのビールを飲んだんだろう…。

「また、来年も行くぞ!」とワインで乾杯。
調子に乗って3本も開けてしまったが、
まぁ、よか、よか。

最後になりましたが、
Aちゃん、Mちゃん、ありがとう。
日本でどうにかがんばって恩返しします。

気づき:持つべきものは友


…旅の概要はこれぐらいにして、
次回からは、なんとなく役立ちそうな情報のみにフォーカスします。
人の旅行記って、つまんないしね(^^;)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア