瞬間湯沸かし器と24時間風呂

th_IMG_4468.jpg


よくよくダンナさんより、

「カナは瞬間湯沸かし器だ(昭和な表現)」

といわれる。

否定したいところだが、うん、たしかにそうだ。
良くも悪くも頭と感情が直結する時間が短い上、
多少、弁も立つため、速攻で攻撃できる。
交渉ごとなどには便利な特質だと思うが、
実際、頭を回転させれば疲れるし、
意地になって論破したところで、
総体的な部分で敗北している気もするので、
なるべくスイッチオンしないよう、近年は心がけている。

でも、これも経年劣化が進んでいるのか、
スイッチオフ時の“ぬぼ〜〜んっぷり”が著しい。

完全、無回転。

話もろくすっぽ聞いていないので、
へっ?とか、はっ?とかなることも多々、
そんな時は感情もオフなので、友人らが鼻息荒く
「これ、どう思う!」と怒りの賛同を求めてきても、
う〜、別に何も思わないけど…だったり。
きっと、目も半開きなはず。

外見や話し方のそれもあってか、
「いつでも、どっからでもかかってこい!」と
思われがちだが、基本的には戦いたくない性格なので
(平和を勝ち取るための戦はやむを得ないが)
なるべく巻き込まないでほしい。
仕事などでやむを得なく強く意見することはあるが、
あっても1年に1度あるかないか。
プライベートで喧嘩をふっかけたり、
一方的に怒りをぶつけることは滅多にないような気がする。

ダンナさんに重々伝えているのは、

「攻撃されたくないなら、
 とにかく、スイッチを入れないでおくれ。
 寝た子を起こさないことが、最大の防御であるよ」

ちなみに、ダンナさんは真逆で、24時間風呂タイプ。
常に何かしらもや〜っとした何かや、
苛立ちなどを腹の中で保温している気がする。
(まぁ、ダンナさんからしてみれば、
 スイッチ入れるなという前に、
 言われないようにしとけ!なんだろうけど…)
いろいろ気を遣ったり、気を揉んだり、
毎日大変だろうな〜っと、遠巻きから観ている。

だから一緒にいられるのか、
実は一緒にいないほうが良いのか…。
平行線のまま、早15年…。

湯沸かし器やらお風呂だとか書くヒマがあったら、
風呂掃除にあてた方が少なくとも家庭円満につながるはず。
ってことで、強制終了(思考停止)。風呂掃除しよう。


湯、湯、湯〜の湯名人♪
CMソング、リピート中。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

水仙スイッチ

th_IMG_9030.jpg


糸島の病院の帰り、
ランチをした店の前の河原で水仙を見つけた。
※ちなみにココ→三馬力1/2 糸島
 1000円のクッパ&ローストビーフのランチおすすめよ

私は植物に対してまったくの知識も思い入れもないけれど、
日常のふとしたシーンで出会う花々や漂ってくる香りから
記憶のスイッチがオンになる瞬間は、なんかいいな、と思う。

水仙…よく摘んでたな。
都会で見る水仙は、おそらく誰かが植えたものであろうが、
実家の辺りでは自生しているものと推測される。
当時通っていたお寺のお習字教室が終わると、
お墓横の土手に咲いている水仙を1本、2本と摘んでいっては、
毎回、毎回、飽きずに「お母さんへのプレゼント」にしていた。
よろこんでもらえるのも嬉しかったし
(この頃からすでに、プレゼント癖があったんだろう)、
また、摘むという行為自体が好きでもあった。
(つくし、蓮華、シロツメグサ…春の田舎は摘み放題)
最期にはどんどんエスカレートして、両手では持てないぐらいの
大きな花束になり、ドロドロの汁まみれ(水仙あるある)になったっけ。
今思うと、母も「ありがとうね」と言ってくれてはいたものの、
ドロドロの水仙(他、多数)を、しかも大量にもらって困ったんではないだろうか。
そんな感じで、水仙を見るとむしょうに摘みたくなり、
そして、母にプレゼントしたくなるのである。

香りといえば、沈丁花。
3〜4月ぐらいになると、どこからともなく香りが漂ってきて、
ああ、春が来たね〜と、なんだかワクワクする。
先日、友人と街を歩いていた時にその香りに遭遇し、
私は一人、無邪気にいいね〜、いいね〜などと言っていたのだが、
友人は「あー、この香りをかぐと“今度はどこに転勤だろう”」と、
切ないとは言わずとも、別の意味で感慨深いものがあるよ、とのこと。
当然かもしれないが、花ひとつとっても個々の思いはさまざまだ。
沈丁花の鉢植え、いいがかげん買おうっと。

今日の福岡は暖かく、良いお天気。
春を探しに散策…は仕事山盛りで無理だけど、
花の種(いや、正確にはパクチーとバジルの種)でも
植えてみようかな。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

6年3カ月。そして安心は禁物

IMG_8839.jpg


ここのところ、忙しさを理由に走るのを怠けていたが、
いい加減練習しとかないとやばいぞと焦りを覚え、
しぶしぶ支度をし、さぁ行こうか…としたら雨降ってるし。
雨が止んでから行こうということで、ブログを書くことにした。
さぼりませんよ。ちゃんと行きますよ…。

昨日は、病院Day。

3カ月に一度の糸島の病院で乳がんの定期検診。
今回は胸部エコーと採血検査のみ。
「なにか気になるところはありませんか?」と
技師の女性に聞かれ「別にありません」と答える。
しかし、彼女の手が止まったり、印刷のジージー音を聞く度、
ドキッとする。6年前の発覚の際、尋常じゃないくらい
左胸をグリグリやられ、スタッフの動きが慌ただしくなったのを
思い出してしまい、さすがの私も気が滅入ってくる。

診察室に呼ばれ、ちらっとモニターを見ると!!!
なんか、しこりっぽいものがあるんですけど!!!

「見ちゃだめ、見ちゃだめ。これは違うデータよ。
 あなたのはこっち…う〜ん、問題ナシね」

よ、よかったです。
ということで、6年3カ月クリア。

「でも、小葉ガン(細胞が小さく、再発しやすい)
 だから安心は禁物よ」

は、はい、わかりました。
次の予約と骨シンチの紹介状をもらって無事終了。

帰りの車にて「安心は禁物」について考えた。
他のがんに比べて進行が遅いため、
通常であれば経過観察5年が「一旦OK」の目安であるが、
乳がんは10年がデフォルトとなりつつある。
その間、投薬ないし、注射ないし、治療はずっと続く。
幸い6年3カ月の間、何事もなく過ごせてきたが、
初発がそうであったように「ある日突然」がやってこない保証はない。
走っているので体調管理は多少できていると思うが、
仕事も不規則、お酒大好き、食べたいものを食べているし、
特別な制約はなにもやってない。

6年3カ月を通して思うようになったのは、
たら、ればのない人生にしたいな、ということ。
後悔がないように生きるというほど高尚なそれではないけれど、
良きにつき悪しきにつき、自分が選んできた結果が「今」だ。
たら、ればと、過去を振り返ったところでどうなるもんもない。

ひとつ前のブログで、今日のことを今日やるので精一杯…と書いたが、
それはそれで、私の思うところの生き方だったりするのか。
ハードだし、とっちらかっているし、人様に褒められるような
部分は一切ないけれど、誰かに「今の気分は?」と聞かれたら、
「なかなか楽しいよ」と答えられる。

毎回、同じようなことを書いているなと思うけど、
やっぱりどう転んでも、こんな感じに着地してしまう。
まっ、これが私の生き方なんだろう。
とにかく、不安はいっぱいある。
願わない今日も来るかもしれないが、その時に考えるとするか。

ということで、今日のミッションを遂行しよう。
さ、走ってくるぞ。しかし、さむそーだな〜。









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア