THE サバイバー同級生

th_IMG_5654.jpg

一頃の忙しさが一段落。
もっとも心地よい季節であることも相まって、
身も心も爽快な気分で過ごしているここ数日。
ほどよく仕事し、ほどよく遊び、たいがい飲んだくれている。

久々に幼なじみのYちゃんに会った。
久々と書いてみたものの、なんと20年ぶり!
(スーパー銭湯で裸んぼで再会したのを除く)
ネットで繋がっているので、まさかそんなに・・・と思うが、
「成人式の飲み会で、○○が急性アルコール中毒になって
 一緒に救急車に乗ったのが最後よね」・・・だよね。思い出した(-_-)

Yちゃんと私には共通項がある。

「がんサバイバーであること」

彼女は30代前半に子宮がん、私は35歳で乳がん。
連絡し合うきっかけとなったのが、私の闘病っぷりがテレビで
放送されたのを偶然見ていたらしく「あ!カナやん!」と。

近所の居酒屋で会ったYちゃんは相変わらず。
ホルモン治療でふっくらしているものの、顔色もよく、
話も愉快で楽しい。昔っから、面白かったもんな。

二人して、同じ抗がん剤を使ったとか、
あの副作用は困ったとか、他でやってはどん引きされる話題も
二人ならよろし。また、彼女の仕事は看護師。
発症後も復職したものの、度重なるリンパ肝炎で入退院を繰り返したそう。
普通なら「仕事やめちゃおうかな」となるところ、彼女は負けない。
それならばとリンパ浮腫セラピストの資格を取得。
ちょっと聞かない間に、JPMCA認定医療コーディネーターの資格も
取得していた(全国でも95人しかいない)。

「私たちは大変な目に遭ったけれど、
 神様が“生きなさい”と、2度目の命をくれたと思うんよ。
 だからこそ、私には何ができるんだろう・・・って考えたったい。
 医療の知識とがん体験者の経験、誰かの役に立つかもしれん。
 それで、リンパ浮腫や医療コーディネーターの勉強をしたんよ」

もう、Yちゃん、偉すぎるよ!
病気が分かった時、本当に不安だったし、本当に無知で、
もうどうしていいものか困ったもんな・・・。
リンパ浮腫の情報も地方ゆえ少ないし、医療相談をできるところも
大きい病院ぐらいで、利用しやすいとは言い難いしね。
現在は臨時で看護師として働きつつ、医療者&サバイバーとしての講演や
医療コーディネーターとして全国を飛び回っている。

さて、私は何ができるだろうか・・・。
今の私は「他人のため」になにかを考えることもないし、
ましてや、なにかを与えることなんてできない。
正直、まったく余裕がないし、自分のことで精一杯だ。

「私も発症から10年が経とうとしているけれど、
 月日が経つにつれて、少しずつ思うようになったしね。
 ゆっくりでいいさ。カナが元気で過ごすことが、
 他の患者さんの希望になるんやから」

居酒屋で号泣。
この言葉だけでも、すっと心が軽くなった。
ありがとう、Yちゃん。

ということで、この日は居酒屋だけでは終わらず、
さらに近所に住む同級生夫婦(20年に救急車で運んだ)の自宅を襲来。
朝5時まで飲むという、まさに20年前のような荒行を敢行。
唯一違ったのは、翌日(当日)めちゃくちゃ二日酔いし、
丸一日、廃人と化していたこと。歳月は正直であり、残酷だ。

病気が引き合わせてくれたけれど、これもひとつの導き。
Yちゃんを見守り、そして見守ってもらいつつ、
自分の道をしっかりと歩き、しぶとく生き抜きたい。


※医療で困っている方がいらっしゃったらメッセください。
 私は何の役にも立ちませんが、Yちゃんは役立ちます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

「適」なタイミング

IMG_4771_convert_20150418145130.jpg


「今、どこの国に行ってみたい?」

女性同士の集まりの時、もはや必ずといってよいほどあがる質問。
半分ぐらいは私がふっかけているとしても、結構な頻度で上がってくる。
昨晩も友人とふたり、パクチーいっぱいのタイ料理を食べながら、
そんな話になった。彼女はもうじき結婚を控えているので、
新婚旅行はどこ行くか・・・というそれもあるので、
普段よりも厚くシミュレーション。

「イタリアに行きたいけど(旅慣れていない)ダンナさんと一緒は
 ちょっとリスキーよね・・・疲れそう」

「私もそれが嫌で、無難にバリにしたもん。
 なにもしないでノンビリとか、オプショナルツアーにおまかせぐらいの方が、
 夫婦円満ってなもんだよ」

「じゃ、国内にしようかな・・・でも歳取ってからも行けるしな。う〜ん」

・・・もちろん、結論もなく、だらだらと脳内旅行は続く。

実をいうと、年々「旅熱」というか、
突発的に旅に出たくなる衝動が減っているのを感じる。
順当に老いている証拠なんだろうけど、疲れすぎているんだろうか。
昔はまったく興味がなかった温泉でいいかも・・・なんて。

今、友人が「1か月ほどヨーロッパを気分で回ってくる」ということで、
女一人、気ままな一人旅を敢行中。昨日あたりは、たしかニースに居るようだった。
私も職業柄かもしれないけれど、一人旅はまったく苦にならない。
むしろ、旅の3回に1回は一人でいたいくらい。

「あらためて思うんだけど、女一人旅ならなおさら、
 若ければ若いほど楽しいかもね」

一人でフラフラ旅行していたのは、20代後半〜30代前半。
私は英語に難ありなのと、ダンナの許しをもらえなかったこともあり、
一人旅は国内だったけれど、一人でご飯を食べてる時など、
お店の人や常連の人から(一人で目立つのか)声をかけてもらえたり、
イケメンとの出会いこそないものの、行く先々で友だちができた。
「一人旅に行ったのに、結果ずっと誰かと居た」なんてことも多々。

「天神を歩いてても思うけど、私たちの年代ってどこにも属していないというか、
 エステや居酒屋のキャッチ、アンケートやラッセンの勧誘ですら
 スルーされるしね。さしずめ、主婦向け番組のレポートで呼び止められるか、
 ティッシュもらうぐらいよね」

「旅先で一人居酒屋で飲んでても“出張やろか”、もしくは眼中にも入ってないはず」

「ドミトリーで異国の友だちと仲良く・・・とか、もはや子どもの年齢やん!」

年齢なんて関係ないし、要は個人の資質の問題と思うけれど、
やはり「適」なタイミングってあると思う。
そういう意味では、昔みたいな貧乏テキトウ旅ではなく、
目的を持ってお金もかけて、ゆったり旅を楽しむ時に来ているのかもしれない。

「結婚式落ち着いたら、二人で韓国にでも行こうか」

「せやね。それが一番楽しいと思うわ」

なんか旅に出たくなってきた。
さてさて、どこへ行こうかな。
小さくまとまってないで、ぱーっと世界へ飛び出すか!




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

私の味覚は問題あり?なし?

IMG_5588_convert_20150415175738.jpg


今更かよっ!な塩レモン。
ずっと作ろう、作ろう・・・と思ってて、やっとこさ。
とりあえず、1か月熟成Vr.と3時間スピーディーVr.の2種類。
3時間スピーディーVr.を加えたのは、もちろん1か月待つ自信もなかった故。
とりあえず、どんなものかを知りたい。

早速パスタ(作り方は先日のアレ)に投入。
シーフードと春野菜の塩レモンパスタ。

・・・・うましっ!

熟成が甘めゆえの皮の苦みと酸味がとても良い。
「ただのパスタ」が「カフェのパスタ」に進級した。

これはいいぞ!とまさしく味をしめ、夕飯にも使用。
鶏肉とタケノコ、新タマネギを塩レモンでさっと炒めた。

・・・・うましっ!

旬のうまみを邪魔しないあっさり味でありながら、
エッジの効いた一品に仕上がった。
「ただの炒めもの」が「こじゃれ居酒屋の炒めもの」に進級。

ダンナ氏が帰ってきて「塩レモン、しこんだんよね〜♪」などと
ルンルンで夕飯を出した・・・ところ、

「塩レモン、今後はナシで」

なんだとうぅ!!!!!!!

得てして男性は酸っぱいのとか、風変わりなものを好まないのは分かるが、
私の感動100に対して、その1/100ともいえるリアクションはなんだね!?

「もう、一生あんたには食べさせん!」

大量の塩レモン・・・一人消費決定。


こんな風に、私たち夫婦の味覚は正反対と言っても過言ではないけれど、
先日、友人と話していた際、

「私がすごくおいしい!と思って勧めても、
 案外リアクションが薄かったりして、なんでーーーっ!!って
 なることが多々あるんですよ」

わかる。すごくわかる。

「そんな感じなんで、最近、自分の味覚に不安を覚えてきて・・・」

わかる。すごくわかる。

つい先日、サラダを作ったんだが(流行りのボトルサラダ)、
これまた大量にできてしまった。
ダンナに出すも「食べれるけどギリギリ」と言われる始末。
もちろん「もう、一生あんたには食べさせん!」とあいなり、
友人にお裾分けをしよう!と準備した。その瞬間、

・・・よぎる不安。

いや〜、やっぱり美味しくない(合わない)かもな・・・と弱気になり、
結局、冷蔵庫の中へバック。結局、全部食べ切れなかった。

いわゆる和食とか、いわゆる中華とか、いわゆる定番と言われる味が、
基本的に好みではない。醤油+砂糖とか。
えたいの知れないスパイスとか、えたいの知れない穀物とか、
一見するだけでは味の想像がつかないものが好きなのだ。
もしかすると、私がアウェイ?

以前、友人を招いてご飯を振る舞った時も、
「・・・なんだろう、世界の味がする」と言われたあたり、
やはり、やはり、私の味覚は「問題あり」なんだろうか。
いや、はまる人はいると思うが、その人も含めて少数派なのかもしれない。むむ

近々、私がおいしいと思うものだけを作り、
友人たちに食べてもらおう。白黒つけようじゃないか。

ということで、夕飯でも作ろう。
ダンナは定番ごはん、私は謎のごはん。
二人なのにたくさん作らねばならない、あ〜、面倒くささよ。








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア