一足お先におばあさん感

IMG_4684_convert_20141230131021.jpg


本日、12月30日。
大掃除やお正月の準備に励まねばならないところだが、
なんのなんの、体調がよろしくない。

寒くなってからというもの、
寝違い、ぎっくり腰・・・この類のものが交互にやってくる始末で、
現在、何度目かの寝違え?強度の肩コリ?首が回らないし、
背中全体、頭も痛いし、吐き気がするほど。

整体や鍼、ストレッチ、ぼちぼちランニングなど
やれそうなことはやっているけれど、
なかなかスッキリせず、年の瀬を迎えてしまった。

ホルモン治療のせいばかりではないにせよ、
「一足お先におばあさん感」は否めず、
節々の痛みやこわばり、肩こりも薬を飲むことなんて
これまでなかったのに、ここ最近は「ナポリン」がお友だち。
寒いと筋肉が緊張し、そうなりやすいらしいけれど、
こう頻繁だとうんざりだし、日常生活に支障がでてきた。

このような華々しい「大義名分」のもと、
自分サンタさんにお願い(自問自答)して「Dr.Air」を購入。
以前、友だちとLoftでお試しして以来、頭から離れず。
ティファニーでもなく、エルメスでもなく、ハワイ旅行でもなく、
有無を言わさずコレに決定。

IMG_4689_convert_20141230131126.jpg
持ち運びできるマッサージチェアー(器)

小さいし、機能も最小限だけど、なかなか良い仕事をする。
痛みが完治するなんてことはないけれど、疲労感は確実に軽減するので、
一日に何度も座っている。ばあさんか!

できることなら、こういうものに頼らない生活をしたいもの。
リュープリン注射が終わり、だいたい半年で薬が抜け、
元の体に戻る(といっても、経口ホルモン薬は続くけど)らしいので、
少しは改善してくれるといいけれど・・・来年に期待。





***


最近のお気に入りをもうひとつ。

「Groony」の着る毛布。

IMG_4942_convert_20141230130906.jpg

女子失格でもいい。背に腹はかえられない。
暖かい、肌触りがよい、静電気が少ない、なにより軽いのがいい。
もともと肩がこるのがイヤで薄着だし、
着ぶくれして動きが緩慢になるのもイヤ。
その辺りをクリアしてくれて、とても助かっている。

そんなこんなで、流行りのファッションもコスメも
ほとんどこのブログに出てくることがなかった2014年。
こちらも、来年に期待ということで!





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

2014年、私の漢字

IMG_4904_convert_20141226160140.jpg


仕事も一段落し(たと思う)、
忘年会やらクリスマス会に興じる日々。
夏から先日までの記憶が曖昧だが、
カレンダーの日付けは12月26日であり、今年も無事に終わりそうだ。

昨日は女友だちとクリスマス会。
写真はまるごとチキンがさばかれている様子。
おおいに食べ、おおいに飲み、おおいにしゃべる。
あー、本当に楽しい。このメンバー、大好き。

会話の中で「今年の漢字」の話になった。
毎年なんとなく考えているけれど、今年はまだだったな。

ということで、2014年の私の漢字は、


「集」


に決定。
すんなり、この一文字がおりてきた。
油断すると、人見知りと面倒くさがりと引きこもり病が発症し、
「たくさんの人と会うところ・・・行きたくない」とか、
「話すの億劫だから、すみでじっとしてよう」とか、
ついつい思ってしまう。正直、得意でないし、必要ともしていなかった。

でも、今年は違った。
「行ってもいいかな〜」なんて、めずらしく心が社交的。
心が拒んでおらず、ちゃんと開放している状態だった。
いわゆる「オープンマインド」が年間を通して継続した、
近年では希な一年であった。

去年の文章を読み返してみたのだが、


 2013年で頑張って掃除した分、
 2014年は一気に開花する・・・らしい。
 なんの根拠もないけれど、私自身も少々の事では負けない
 自信もついたので、闇は感じない。光が見える。


 2012年
 2013年

・・・ほほう、私の読みもなかなかじゃないか。
多忙を極め大変疲れたけれど、確実に「光」を感じられた一年であった。
そして、その光の近くにはたくさんの人がいて、照らしてくれていた。
大きな大成功をおさめるような「開花」ではないけれど、
人の助けを借りたり、人を信じたり、人に感謝できるようになったのは、
私にとっても驚きであり、大きな「開花」だったと思う。

昨日のメンバーも今年になって仲良くなったし、
マラソンスクールの友人たちにも大変お世話になった。
大阪の個展では「初顔合わせ」にも関わらず本当に良くしてもらったし、
わざわざ遠くから駆けつけてくれた友人や読者の方、
そうそう年の初めの選挙では地元の人たちときちんと向き合えた。
また、昔からの友人たちや仕事先との関係も良好で、
人間関係で悩むことが本当に少なかった。あったかな?なかったわ。

もう一つ言えるのが、マラソンや個展、
選挙の手伝いも含め、実際に体を動かした。
自ら行動することによって、おのずと「集」の意味を理解し、
体感として心身に刻み込めたことも大きい。

「集う(つどう)」ことで、ひとりでは見られなかった景色が見えたし、
喜びは何倍にもなった。世に言う「チームワーク」の醍醐味を
40歳にして知るのもいかがなものかだが、知れてよかった。


充実した一年・・・だったってことか。


来年の事を言えば鬼が笑うかもしれないが、
2015年はもっともっと楽しい一年になるといいな。
いや、なるに違いない!てか、する!






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

晴れて、5年クリア

IMG_5049_convert_20141216090341.jpg

ひところに比べ、息がしやすい気がする。
まだまだ、追いついてはいないが、遅れていることを自覚できているので
よしとしたい。というか、これまでが異常だった。

12月1日をもって「5年クリア(仮)」であったけれど、
先日の検査の結果、晴れて(仮)が取れ、
主治医W先生より「5年クリア」のお墨付きをいただいた。

「よく頑張りました。本当によかったね」

W先生、ありがとうございます。
発症時、温存を推奨する病院で治療を受けるつもりだったけれど、
セカンドオピニオンでW先生の診察を受け、
「ステージも初期ではないし、広がりの様子から判断して、
 私は全摘をすすめます。命最優先です」と言われた時、
正直、すごく悩んだ。だって、痛くも痒くもない状態で、
「命優先」と言われてもピンとくるはずがない。

家族全員の「命優先」推しはもちろん、
技術、人柄、話し方、あらゆる要素から判断して
「W先生に命を託そう」と決めた。
自分で決めたことでもあるけれど、その判断は間違っておらず、
この5年間、心身共に安心して治療を受けることができた。
治療への取り組み方、考え方は本当に人それぞれ違うけれど、
何を選ぶか、何を信じるか、自分で決めたい。
どんな結果であろうとも、そこまで含めて運命、私の人生だと思う。

婦人科系のがんは一般的ながん(胃や腸など)と違って、
ホルモン療法を継続する場合が多く、治療期間が長い。
今回、5年経過で喜んでいるが、あと5年続く。
やっと折り返し地点をくるっと回ったところ。長い………(-_-)
考えると辟易するからこそ、先生との信頼関係は大事だ。
でないと、やっていけない。

ということで、まだまだ……ホルモン治療は続く。
しかし、今回をもってリュープリン(黄体形成ホルモン放出ホルモン誘導体)が
終了した。ちなみにこちら3カ月に1回、お値段1本20000円超。

リュープリンとは、抗がん剤の一つで、
主に、閉経前乳がん、子宮筋腫、
子宮内膜症、前立腺がん等の改善に利用される薬(注射)。
性腺刺激ホルモンの分泌を抑制し、
主に症状の緩和、進行の鈍化を目的に利用される(治療薬ではない)。

女性ホルモンがストップするのでプレ閉経状態になり、
俗に言う「更年期障害」のような症状が出てくる。
ホットフラッシュ、関節痛、目眩、チカチカ……一通り体験したが、
「まぁ、我慢できる範囲」とあまり気にしていなかった。
むしろ、私は大丈夫だったと思っていたほど。

しかし、つい先日、ダンナと大げんかした。その時、
「最近、癇癪起こしすぎやない。怒りすぎ」
と言われた。たしかに……そうかもしれない。
元々、喧嘩っぱやい気質ではあるけれど、ここのところ、
自分でも驚くほど、怒ったり泣いたり、特に負の感情のコントロールが
できてなかった気がする。まぁ、忙しくてイライラしてたのもあるけれど
(怒らせるダンナも悪いし)、言われて「ああ、更年期か〜」と
ちょっと腑に落ちた(言い訳かもしれないが)。

以下の「続きを読む」に副作用参照。
もはや「副」とか言ってられないんじゃないか!

話を戻すが、治療とはいえ体に負担をかけているのは事実だし、
また、この負担に勝つことが「完治」への条件でもある。

「飲み薬はちゃんと飲んでいますか?」

「・・・・・」

「小葉がんは他の種類に比べても再発リスクが高いんだから、
 ちゃんと飲まないとダメ!」

「・・・・ハイ」

病気を忘れるぐらい毎日が充実していたにせよ(単なる多忙)、
本気で忘れてはいかん。気を引き締めないといかん。

帰りの車にて、母に電話。

「5年クリアできたよ」

「本当によかったね」

母の声を聴いた瞬間、涙があふれた。
家族にとっても、もどかしく、苦しい日々だっただろうな。
本当に心配かける娘でごめんね。ああ、親孝行しなきゃ。

自分のため、家族のため、友人のため、
長生きしたいな。いや、長生きするぞ。


+ Read More

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア