「私が昨日まで知っていた時間や常識を、今、超えていく」

th_hakuryuso_3.jpg 


「四十路から体育会系!マラソン大好きカナのブログ」

もはやタイトルを変更しないといけない
・・・そんな気がしてならない今日この頃。


hon.jpg  おやおや?


そして、ついにやってしまった。
同じ本を2冊買っちゃうアレ。
本棚に近づいていない証拠だ。
ああ、ブックオフに行こう…。

ということで、
週末、熊本県美里町で開催された
「第3回 Red Bull 白龍走」に参加した。

「日本一の長さを誇る石段3,333段での
 ステアークライムを含む、
 総距離3,333mの上り坂レース」

初年度は333人、昨年は666人、そして今年は999人が参加。
(私はよく知らないんだが)世界で活躍する
トレイルランナーの上田瑠偉選手だとか、川崎雄哉選手だとか、
有名どころも参加する大会(のようだ)。

友だちに誘われたし、ネタになりそうだし、
ま、なんとかなるやろ〜と、完全なノリで参加したわけだが、
10段/3,333段ほどで、そんな自分を激しく後悔。
100段、500段、1000段、2000段…綿々と続く石段、
「これ、ホントに終わると!?終わらんっちゃないと!!」
ハァハァ…とあがりまくる呼吸、
ズンズンとウソみたいに重たくなる足、
普段、あまり汗をかかない私だが、この時ばかりはポトポト…。
もちろん周囲の絶景を見る余裕など一切なく、
前方をゆくランナーたちの汗がしたたりおち、
水玉模様になった石段をただただ見つめながら
3,333段のゴールを目指した。

記録は、

一般女子の部】  
 44位/123人
 49分41秒

今回から制限時間が設けられたそうで、
女子は60分以内、男子は50分以内でゴールしないと
タイムアウトになってしまい、記録証がもらえない。
これが、マラソンタイムのどれぐらいに値するのか分からなかったが、
サブ4レベルの私で男子制限時間ギリギリ。
遊び半分で参加した人々は、完全にタイムアウトだ。
最低でも男子サブ4、女子サブ4時間20分(サブ4.5じゃ厳しいかも)
じゃないと難しいということか…わおー。


いきなり話は逸れるが、
毎度このブログに登場の「しいたけさん」。←準レギュラー
彼がいうところの守護神的なソレに

龍系の人

というジャンル?括り?が出てくる。
友人から「まさに、カナさんやし!」といわしめるほどの
ピッタリ具合で、私も読んでびっくりした。

龍系の人の特徴① 龍系の人の特徴② 龍系の人の特徴③

龍の人が求める世界観は、
「常軌を逸した陶酔の世界」らしい。

「普通じゃ味わえないことを、この瞬間だけは味わうことができる」
 
「私が昨日まで知っていた時間や常識を、今、超えていく」

ギリギリ限界まで自分を追いこんで、
自分を壊してくというのが龍系の人たちは大好き

…なんだって。うぐぐ。


話を戻そう。

タイムアウトのカウントダウンが遠くから聞こえてくる。
このまま歩いていては間に合わないので、
最後の力を振り絞って走る(走れてないんだろうけど)。

「50分切りせんと、悔しくてまた来年…とかになりかねん。
 そんなの絶対いややし〜〜〜!!!」

もはや、半べそ。
なりふり構わず倒れ込んでゴール。
19秒を残して3,333段、走覇!いや、踏覇した。

辛かったよ〜。
きつかったよ〜。
死ぬかと思ったよ〜。
途中でやめなくて良かったよ〜。

まぁ、平凡な記録であるが、
「私が昨日まで知っていた時間や常識を、今、超えた」
瞬間がそこにあった。物理的にはもちろん、
達成感ともまた少し違う、まさに何かが昇華した感覚。
己の精神が龍となって天に昇った。
白龍が見えたような、見えなかったような…。

ということで、3,333段上れば、
3,333段を下らねばならない。
笑いが止まらない膝をひきずり下界を目指す。

現在、3日経つが、
今なお、強烈な筋肉痛。

挑戦して良かった。
でも、1回で十分だ。
階段、しばらく見たくない。


th_hakuryuso_1.jpg 

途中で飲んだレッドブルの染みたことよ。
帰りの温泉に癒されたことよ。
4時過ぎに食べたダゴ汁にホッとしたことよ。
一緒に走った友人たちの存在が心強かったことよ。

こうして、
元気で楽しい毎日を送れることの
素晴らしきことよ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

大阪が、私を呼んでいる。

IMG_5483.jpg


週末は従兄弟の結婚式、
週明けはディスプレイのショウルームに行くべく、
久しぶりに大阪に行ってきた。

今回は両親、親戚一同を引き連れてのツアコン担当。
終始、自由すぎる面々に振り回されもしたが、
とりあえず、無事に帰ってこられたのでよしとする。

結婚式は、従兄弟のお嫁さんが若くて可愛かったこと、
それにプラス、生粋のなにわガールたちのキラキラ感
(福岡比30%アップ)がハンパなく、それはそれは
明るく、笑いに満ちた、素晴らしい式だった。

翌日は、親たちリクエストで「吉本新喜劇」へ。
親たちの…と書いたが、私も大好き。
平日の午前中にも関わらず、立ち見もでるほど大盛況。
やはり、ライブはいいものだ。空気感、大事。

夜は、大阪の仲良したちとご飯。
天満の無国籍料理?屋に集い、これまたワイワイガヤガヤ。
おばちゃんが営む渋い居酒屋、クラフトビール屋とはしごし
(炭酸ナシビールに開眼。うまし)、大阪nightを楽しんだ。

いくたびに思う、いや感じるのだが、
私の根っこの部分をかなり侵食しているであろう
「オモシロ」部分が、まってました!
とばかりに勢いよく出てくる。

なんば花月のフチコ人形の横でアホ顔している
写真を友人に送ったら「すごく開放されとるね」。
いわゆる「いい顔」してるだろう。
水が合うというか、土地が合うってあると思う。
(悲しいかな、実家あたりとはソレが合わない)

大阪大満喫の最終日、
「あーあ、もう帰らんといかん…」と
心斎橋アーケードを歩いていたら、メールがピロロン。

「大阪マラソン抽選結果のお知らせ」

osaka.png 

「当選」

わーい、当たった。
ということで、後ろ髪パワーが届いたのか、
大阪が私を離したくないのか、やはりご縁があるようだ。

2017-18のマラソンシーズンは、大阪から始まることとなった。
景気が良いじゃないか。良い記録、頼むよ〜(神頼み)。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

買わなければならないものと、買ってよかったもの。

leaf.jpg 
※本文にまったく関係ない写真。
 ベビーリーフがモリモリ育ってきた。さぁ、食べねば。


くるりと振り向き、手を伸ばすと…

ああああっっっ!!

もう、何度目だろう…。
時に心乱され、時にうなだれ、
私を揺さぶり続けた、あるものとは…

キッチンペーパー。

先ほどもイカをさばきながら
手を伸ばすと…ああああっっっ!!
なくなってわかる、そのありがたみ。

今日は買う、今日こそは買う!


***


「買う」つながりということで、
「買ってよかった」ものを紹介しよう。

かれこれずーっと、ベリーショートだったが、
さすがに飽きてしまい、最近、髪を伸ばしている。
現在、アゴ下ぐらいのボブ。
天パなので、ヘアクリームでぐしゃぐしゃしておけば、
くせ毛パーマ風(風じゃなく、くせ毛)に収まるが、
ちょっとちゃんとしたい時は、
ヘアアイロン(コテ)で毛先だけ巻く。そして…、

あちっっっっっ!!

あぶないよね、あれ。
何度目だろう、うっかり火傷。

ということで、これを購入。

kote.jpg 

SALONIA ROLL BRUSH

美容師さんが(こんなやつを)持っていたの。
それをまねっこしたの。
値段が値段だったので、正直、期待していなかったのだが、

いいやん!!

すぐ温まるし、もちろん火傷しない。
いわゆるコテは挟む角度も気にしないと、
髪の横に「一」と線が入っていたが、
これはどんな角度でもOK。

強くクセ付けしたい場合は強めに巻いて
時間をおけばクルンとなるし、
私のように毛先だけであれば、
クルクルクルクル…と巻くというより
回しているといい。

ペシャとなりがちな後頭部やトップの
ボリュームアップも簡単にできるし、
熱が入る分、持ちも格段によくなる。

母に買ってあげよう。これはいい。


その前に、キッチンペーパーだ!






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア