(いまさら)有田陶器市2015

th_IMG_5847.jpg


「お皿、どこのですか?」


気に掛けてくださってありがとうございます。
これは、放置していた「有田陶器市2015」の散財の記録を書けってこと
だと受け止め(アクセス解析などを見ると「陶器市」でいらっしゃる方が多い)、
写真フォルダを漁ってきた。露出が安定せず、イマイチな写真だが・・・。

いや、それ以上に「特徴の薄い品々」ばかりで、
まぁなんと、絵面の寂しいことよ・・・。
毎年、波佐見陶器市だったけれど、今年は有田陶器市もダブル参戦。

ってことで、ダブル散財の記録をいざ紹介!


th_IMG_5966.jpg
陶悦窯「今村家」

これだけだと良さが伝わらないが、
生活用品デザイナーの大治将典さんを迎え、
2012年に誕生した新ブランド「JICON」。
「いっぱい入るから」という理由で選ばれた大きめのマグカップ。
軽くて使いやすい。ホームページを見るとその素敵さがわかるよ。


th_IMG_5985.jpg
一真窯

毎年、地道に買い足している「一真窯」。
今年はスクエア型のお皿をば。シンプルすぎて特別言うこともないのだが、
その、特別言うことなさが、ある意味、魅力だと思う。ハイ。
ホームページこれまた参照。


th_IMG_6001.jpg
都築 明

去年に続き再訪。宮城県出身の陶芸家さんで、
とっても感じがいいお兄さん。
青銅色(校庭のダビデ像を思い出す)の小皿を2枚ゲット。
これまたこれまた、ホームページ参照。


th_IMG_5958.jpg
梵良窯

最近の記事によく登場している器集団。
これら、すごーーーーーーーく重宝している。
無骨なんだけれど、妙に味わい深く、そんでもってサイズ感が絶妙。
しょぼい献立でも、それっぽく見えるありがたい器。そして、価格も良心的。


th_IMG_5976.jpg
梵良窯

おまけでもらった。
これも使いやすい。


th_IMG_5963.jpg
Common

波佐見の新プロダクトで「西海陶器」の自社ブランド。
機能的で使いやすい・・・GOOD DESIGNなシリーズ。
単体で見ても魅力は伝わらないので
これまたこれまたホームページを見るべし!


th_IMG_5999.jpg
どこだっけ・・・

帰りがけ、慌てて購入。
よってどこのメーカーか分からず。
ポイントはフチのカクッとした立ち上がり具合(まったく伝わらないと思うが)!


th_IMG_5986.jpg
白山陶器 ブルームシリーズ

毎年、チマチマ買い足しているもののひとつ。
我が家の食器群では「最も派手」な部類に入る。今回は小さめのボール。
本店は渋滞するほどの混みようで諦めたが、有田の商店で半額で発見。
「ならば買いでしょ〜」ということで。本店でも安くならないからありがたい。
これまたこれまたこれまたこれまたホームページ参照!


th_IMG_5972.jpg
貞山窯

友人Hの実家「三弘商店」にて。
パパさんに激しくまけてもらって購入(いつも、ありがとうございます)。
これまでのご飯茶碗が大きすぎて、毎度「食べ過ぎ」に陥っていたので、
戒めをかねて、小振りで品の良い茶碗をば。佇まいが良く、手に馴染む。
とっても気に入っておりまする。


th_IMG_5995.jpg
三弘商店

有田か波佐見のメーカーのものだと思うが、こちらも三弘商店にて。
中型の深めのお皿?お椀?あいまいな風情であるが、
これがまた使いやすい!!藍色の模様が、実に料理を引き立ててくれる。


以上、散財記録ナリ。

個性的な器も欲しいけれど、これまで何度も失敗しておりますゆえ、
年々、シンプルという名の地味〜地味〜路線へ傾倒中。
写真ではまったくテンションあがらないが、いやはや「使えてなんぼ」じゃ。
絵柄の違う古伊万里とか、沖縄のやちむんとか、
上手に使いこなせるようになりたいな(さらなる散財の予感)。

もう、買いませ・・・・いや、来年・・・もきっと買うんだろうな・・・。


th_IMG_5727.jpg

th_IMG_5724.jpg

th_IMG_5720.jpg にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

波佐見陶器まつり2014

th_IMG_9639.jpgth_IMG_9666.jpgth_IMG_9652.jpg
th_IMG_9668.jpgth_IMG_9643.jpgth_IMG_9656.jpg
th_IMG_9645.jpgth_IMG_9662.jpghasami.jpg

恒例の・・・ご近所観光@波佐見陶器まつり

今回のテーマは「使えてなんぼ」

コレクター気質は持ち合わせていないため、
とにかく、シンプルで何にでもあう実用性重視のセレクト。
器に凝っていそうと言われるが、実際はかなりテキトウで、
たいてい目に付いたものにちゃちゃっと盛って完了・・・(-_-)
そんな無策であっても、統一感をもたらすであろう品々を!

よって見よ、この地味さ!
家に帰って並べて「うわ〜、色少なっ。形も普通やし」。
カラフルでデザイン性の高いものも大好きだけど、
私の腕とセンスではやっぱり使いこなせないしね・・・(-_-)
(色彩満点の古美術にちょこちょこ盛りとか憧れるんだけど)
それから、薄さやスタッキングしやすさも重要。
食器棚およびキッチン周り、マジでリフォームしなきゃ!

毎年行けば、あらかたブースの並びだとか、
好みの作家さん、陶器メーカーがわかるので回りやすくなってくる。
正味2時間、短期集中での戦利品なり。

まずは白山陶器
毎年、ちょっとずつ買い足し、買い足し・・・。
なんだかんだいって丈夫だし、デザインも飽きが来ないので
我が家の使用率は断トツのトップ。
今年はアウトレットの販売所が町外れに移転していたので、
賑わう本会場を通り越しそちらへ。
※ものすごく混むため時間を外していって正解

相変わらずの大盛況。
平茶碗シリーズは人気で黒山の人だかり。
このシリーズ、以前買ってはみたものの、我が家の手荒い扱いに耐えられず、
次々とお亡くなりに・・・ということで、泣く泣くパス。
そして、一番人気であろうブルームシリーズは、
なんとなんと売り切れ?もしくは、人気ゆえ出されてないのか!?
至ってシンプルすぎる皿を大中小、角皿を購入。(写真左から1、8)
今年からはがきのノベルティーもなくなったようで、
な〜んか消化不良・・・。う〜ん

続いて、メイン会場へ。

一龍陶苑でちょっとやそっとじゃひっくり
返らないであろうマグカップ(写真左から6)、
堀江陶器のh+シリーズのお皿(写真左から5、7)、
一昨年購入して非常に使いやすかった朝長仁さんのご飯茶碗(写真左から3)、
緑の角皿は西日本陶器でなんと一枚200円也。

今回の一番のお気に入りは、都築明さんの平皿。(写真左から4)
波佐見はメーカーが多く、作家さんの出店は少数。
まだまだ、若手作家さんは少ない印象だけど、
一頃よりずいぶん増えた。

都築さん、聞けば宮城県のご出身とのこと。
「寒いのが嫌いで、こっちに来ました。へへへ」
波佐見は県外移住者を多く受け入れているし、
オシャレなショップや新しい活動も活発になってきて
いるのは非常に喜ばしいこと。
割らないように大事に使わねば。

今回は時間がなかったので有田には寄れず。
まぁ、これ以上買っても置き場所がないのである意味賢明か。
これだけ買っても知れたもんなんで、陶器市はやっぱり楽しい。
付いてきたダンナは、死んだ鯖のような目になっていたが、構うものか。

ということで、今日は器の入れ替えだ。
さて、どこに仕舞えばいいんだろう・・・無策すぎ(-_-)






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

ミイラ取りがミイラになる

th_P4120257.jpg

ライターなんて家業は、薄給なうえ、時間ばかりかかり、
あまり人にお勧めできる仕事ではありませんが、
ジャンル問わず、いろいろな人や、物事に出会えるので、
(見方によっては)楽しい仕事でもあります。

ということで、料理ではなく、お皿の方ね。

大丸さんの広報誌の取材でお世話になった、
「器ギャラリー 松山堂」さん。
高宮と飯倉、大丸さんにもテナントで入られています。

オーナーである有光夫妻のお人柄もよいし、
何より、セレクトが非常によいのです!
あくまで「普段使い」を目的とした器やガラス食器がメインですが、
どれもシンプルでありながら、ちょび〜っとひねりがきいている
ほほう〜な品物が多いのです。
聞けば、オーナー夫妻が、窯元や作家さんのところで出向き、
仕入れはもちろん、コラボレーションによる
オリジナルの商品を作られているそうな。

女性ならお分かりかと思いますが、
「あとちょっと小さかったら・・・」とか、
「もう一息、薄い方がいいな・・・」とか、
実際に使ってみたときに、希望が出てくるじゃないですか。
あの辺りのモゾモゾとした感覚が見事にクリアされていて、
さらに使いやすくなっているというわけです。
そんな感じなので、高いのでは・・・と思ったらそうでもなく、
良心的な価格なものが多いです。ここもウレシイ。

ということで、
見事に「ミイラ取りがミイラに・・」ということで、
福岡の陶芸家・熊谷雅博さんの平皿をば・・・。

th_P4120258.jpg

深い緑の釉薬がよい風情です。
ちょっと小さめな楕円形で、我が家の狭いテーブルにぴったりです。
(大きいお皿がおけなくて・・・・)
和食器ですが、上記の写真のような、
エスニック系の料理との相性もいいですよ。

「鶏の煮たやつ」にグリーンカレーペーストを入れた(だけ)のもの

ということで、何のために働いているのか分かりませんが、
まぁ、それはそれで楽しいので、よしとしましょう。
・・・たまには・・・・・ね。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア