父と母の子どもでよかった

父母
この時は、まだ元気。

早いもので、登山から一週間。
筋肉痛などは意外と早く収まり、すこんと普通の生活に戻っている。
父も母も、そんな感じだろうか・・・。

とにかく、今回の富士山登山に関して、
ご迷惑、ご苦労、ご心配・・・とにかく感謝すべくは両親だ。
もはや奇行と言われてもよいほどの思いつきに乗ってくれて、
本当に、本当にありがたいと思う。

父も母も61歳。
二人とも体力がない方ではないので、
目下の不安要素は私だったわけだが、
元気にしていても年は年。
若者中心のツアーはやはり負担が大きかったらしく、
6合目に差し掛かる頃から、ちょっとずつ遅れだした。

団体の先頭であれば、休憩の時間が多く取れるので
体力のない人や子どもは自ずと前方に置かれる。
とにかく遅れると、やっと到着したころには出発となり、
十分に休めないまま、さらに遅れるという悪循環・・・。

初めは私も両親につきあい、休み休み登っていたのだが、
これはこれでペースが狂い、疲労がたまりやすくなる。

「いいけん、先に行きなさい」

「でも、置いてはいけんよ」

この時点では、団体の姿は見えないくらい離れてしまっていて、
しかも、日もかげり、寒くなりだしていた。

一緒に諦めるか、一人でも登るか・・・。

「絶対、登ってくるけん、お前は行け!」

今生の別れとは言わないが、それに近いものがグッと胸にこみ上げてきて、
「じゃ、行く」小さくなってゆく父と母の姿を振り返りつつ、
泣きながら岩場を一人登った。

登りながら、本当にキツイ思いをさせて申し訳なかったと後悔したのだが、
その一方で、親が先に死に、子どもは後に死ぬという
「生命の正当な流れ」を取り戻せたような気もした。
とにかく私が最後まで登り切ることこそ、父母には喜ばしきことではないか。

ほぼ休みなしで7合目を登りきり、8合目の半ばで団体に追いついた。
もはや、体力ではなく気力。目が据わっていただろうな。苦笑

8合目の山小屋を出たり、入ったり・・・
下の登山道をのぞき込みつつ、父と母の到着を待つ。

遅れること1時間半、
ガイドさんの引率の元、無事8合目到着!

あの時の嬉しかったことよ。
もう、会えないかと思った~泣

いかんせん、今振り返るとオーバーな気もするが、
極限状態においては、変なテンションにもなりますって。苦笑

8合目での断念は、父も母も悔しかっただろうが、
その分、私は力をもらったし、最後まで行けたと思うのだ。
病気で折れっぱなしだったけれど、頑張れたことは自信にもなったし、
今後、病気と闘ってゆくにあたってのパワーにもなってくれるはず。

たかが登山。されど登山。
人生に立ちはだかる山々も、
一歩一歩登り倒してやるんだから・・・みておれ!



最後にもう一度、
お父さん、お母さん、
本当に、本当に、ありがとうございました。
私はお二人の子どもで、
本当に、本当に、幸せです。



みなさんも、長文にお付き合いくださりありがとうございます。




ということで、富士山は終了!





にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

富士山リポート(8合目~頂上~下山)

棒


8合目到着。

「死ぬほどキツイ」と構えていたせいか、
「えっ、もう着いた?」と若干の余力がありました。
実を言うと、先日の油山登山(600m)の方が苦しかったかも・・・。
あの時の具合の悪さを思うと・・・福岡県民の方、富士山の前に登るといいよ。苦

富士山3
みっちり。

7合目~9合目に山小屋が点在していますが、
見たところ一番キレイだったのが、7号目の「東洋館」であったと思います。
私が泊まった(数時間居た)「白雲荘」は
新しくはないものの、思ったより清潔でした。
がっ、寝場所は半畳、男女雑魚寝、更衣室もあるんだかないんだかで、
居心地は最悪です。汗臭いし、埃っぽいし、イビキうるさいし、
「収容所ってこんな感じなんだろうな・・・」と一睡もできませんでした。苦

富士山4
夕飯。もちろん、おいしいとは言い難い。

午前1時には山小屋を出発。

瀕死の父母はここで断念です。※ここまで登れただけでも奇跡
よって、私一人で登頂することになりました。
とはいえ、ツアーであるため団体行動だし、目をこらすと1人参加もチラホラいて、
結局、1人参加×3で楽しく登ることができました。

8合目~頂上までは、寒さとの闘い。
速乾長シャツ、速乾Tシャツ、ユニクロの薄手ダウン、
スノボの上着でちょうどよかったです。
ちなみに一緒に登ったカズ君(24歳・海上自衛隊)は、
普段訓練で山登りは慣れているからいいかと、
普通の格好(スニーカー、半パン、Tシャツ)できてしまい、
親切な女性からピンクのパーカーを借りてなんとかしのいでました。
よい子はマネしないように。笑

週末ということもあり、じゃんじゃん人が登ってきます。
ガイドさんの判断により下山道を上ることになったのですが、
これまた足場は砂でキツイし、距離が長いしで地獄のようでした。苦

約3時間で頂上に到着!

富士山6
頂上の山小屋で食べた味噌汁。温かくておいしいがっ、500円ナリ!

ここで点呼がとられ、この先のカルデラを廻り
日本の最高標高地点3,776mの観測点がある剣ヶ峰に挑む、
通称「お鉢巡り」への参加者が募られます。※500円払う
この時点で、ツアー参加者の半分ぐらいに減ります。
「もう、2度と来たくないし・・・」
一周1時間半・・・もはや気力と根性で行くしかありません。

富士山7
月と太陽が空に浮かびます。

薄ぼんやりと空が明るくなってきます。
剣ヶ峰まであとちょっと・・・この坂がもう半端なく急!
バランスを崩すと転ぶし、もう一歩間違えたら下まで真っ逆さま!
頂上に相応しい最後の洗礼です。

富士山8
ご来光待ち。

場所が狭いので、写真を撮ったらちょっと下に移動してご来光を待ちます。
いかんせん逆光で人物入りの写真が撮りにくいというね。苦笑
万歳する人あり、泣いている人あり、わーわーきゃーきゃー賑やかです。
たかが太陽ではありますが、やはり感慨深いものはありました。
空がぐんと近く、遥か下に街の明かり・・・。
ああ、日本のてっぺんにいるんだなぁ・・・私。

富士山9
見事な影富士を見たり、カルデラの中には雪も残っていました。

富士山10
一緒にまわったさっちゃんと記念写真。

富士山11
物欲しそうにしていたのか、おっちゃんよりシャンパン。最高の乾杯!

高山病で土色の顔色の人も見かけましたが、
(意外と若い男性が多かったように思います)
頂上は人でいっぱい!
「ここでしか買えないお土産いかがですか~~~」と、
超高級キーホルダーやらTシャツなどが売られていました。

ちなみに「浅間神社」のお守りも1500円!
とにかく、すべてが2倍はすると思ってください。

富士山12
どうしてもキツイ人は馬に乗れます。12000円~50000円以上しますがね。苦

「とにかくキツイのは下山」と皆が口を揃えて言うようにかなりハード。
赤土の坂をズリズリ滑りながら下りるので、それはそれはすごい砂埃と、
陽が高くなるにつれ、太陽光線がきつくなります。
マスク、サングラスあると便利です。

途中休み休みで3時間半ぐらいでしょうか。
わーわーおしゃべりしながらだったし、
「キツイ」と覚悟していたせいか、意外と大丈夫でした。
微弱ながら、余力も残っていてよかった、よかった。

富士山13
とはいえ、ヨロヨロ・・・。

先に下山した父母をやっとの思いで捜しあて(携帯通じず)、
冷たいビールをゴクッと飲んだ瞬間のま~~~~~幸せなことよ!


ああ、生きててよかった~~~~~。


正直、ご来光より感動したのは、この瞬間でした。笑

ということで、長くなりましたが
2010夏・富士山リポートでした。
興味を持たれた方、ぜひ来年挑戦してください。



ちなみに、もう二度と登りませんがね。




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

富士山リポート(5合目~8合目)

剣ヶ峰

富士山登山シーズンは今日で終わり(7月1日から8月31日)。
今日の新聞では28日深夜の時点で、山梨側からの登山者が25万人を超えたそう。
静岡側からは12万人ぐらいいるそうだから・・・いやはやすごい数!

私が登った日は金曜日の午後3時~翌日午前10時でしたが、
そりゃ~そりゃ人も多く、祭りかフェスかといった風でした。

山スカ+スパッツの山ガール、親子連れ、老夫婦、
外国人(白人系 5合目には中国人がたくさんいたけど上には少ない)、
全身ばっちりきめた人あり、街着?な軽装の人あり、実に多種多様です。

富士山
ゾロゾロ・・・混むぶん、ペースが落ちてある意味よい。

4つある登山道のうち、最もポピュラーであるらしい
「富士吉田コース」から入山しましたが、どうやらスタートの5合目あたりは
気流がぶつかるところらしく、歩き出して10分で大雨にうたれるという悲劇・・・。
レインウェアは持ってはいるものの、かなりの豪雨で着用する間にずぶ濡れ。泣
いやはや、上等のレインウェア、速乾性のシャツ、サックカバーはお忘れなく。

富士山5
ちなみに、富士山登山では4000kcalを消費するらしいです。

客観的にみて、私の体力は中の中。
一般女性の極めて平均的な体力ではないかと思われます。
5~7合目までは余裕とはいいませんが、なんとかなりました。
年齢が若い、日常的に運動をしている人は、もう少しラクなはず。

7~8合目は岩場で勾配もきつく、一番の難所であります。
ここ辺りになると、一同の会話もなく、高山病にかかる人がチラホラ・・・。
空気も薄くなり、呼吸リズムを意識しておかないと過呼吸っぽい感じになります。
付け焼き刃ではありましたが、1カ月半のランニングの成果により、
心肺機能が向上してくれていたようで、いわゆる肩で息する状態は免れました。
※息が上がると、かなりの困難を強いられます。心配な人は事前のトレーニングを!

富士山2
深夜2時頃。光はもちろん人ですよ。

素人考えでは、明るいうちに登ってしまいたいと思いがちですが、
この猛暑、昼間の暑さは殺人的です。日陰ゼロですしね。
おまけに汗もかきますから、少々不便でも夜が懸命かもしれません。
その場合、ヘッドライトは必須です。※かなり怖いです


ということで、まだまだ続きます!




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア