FC2ブログ

じゃあ、なんで走ってるの?

IMG_5763_201903111930588bc.jpg 

 SNSにかまけてしまって、いや、文章を書くことから逃げてしまって、随分と間が空いてしまった。なにせマラソンシーズンのピークだったこともあり、脳にエネルギーがまわっておらず、走るので精一杯。低スペック・型落ち感は否めない…。

 ということで、先週の鹿児島マラソンで、今シーズンのレースが終わった。フルマラソンは、下関海峡マラソン、青島太平洋マラソン、京都マラソン、鹿児島マラソンの4本、このほか、ハーフだとか10kmだとか、山に登るだとか、週末は、文字通り走り回っていた。初っぱなのレースで初の途中棄権をやらかしてしまうという非常にイタい幕開けではあったが、結果としては数分ではあったものの自己ベスト更新(念願の3時間50分カット)、重篤な故障もなくシーズンに幕を降ろすことができた。まだまだ課題山積みだが、来シーズン考えることにしよう。燃え尽きた。

 「なぜ、そんなに走るの?」とよくよく聞かれるけれど、一寸の曇りなく「走るのが好きだからです!」とは言えない。複雑味(こじれ感)を醸し出したい訳でもないのだが、いざ好きかと聞かれたら…、「うーん…嫌いとは言いませんが、好きではないですね…」と面倒くさい返答をしてしまう。

 「じゃあ、なんで走ってるの、私?」。最近、お決まりの自問自答のテーマだ。仲間と走るのが楽しいから、走ったあとのビールがおいしいから、精神衛生的に健全な気がするから、少々遠くても走っていけて便利だから、階段にひるまないから…改めて書きだしてみると、思った以上にメリットがいっぱいある。これで十分ではないか。いや、でもこれは表層にすぎず、もっと深層に何かが隠れているに違いないのだ!

 大濠公園をジョギングしていたら、声が降りてきた。「柄にもなく頑張っている自分が好きなんじゃないの」。ん?ん?ん?何?何?え、もしかしてこれ?大声で言うようなことではないけれど、私はこれまで物事に対して自発的に頑張った記憶が一切ない。勉強も運動も何もかも、その場しのぎの要領だけで乗り越えてきた。いや、違う。すり抜けてきた。夢や目標に向かって邁進する人たちを見て、「そんなのダサいし〜」と格好つけてきたけれど、内心はうらやましかった。それを克服するべく、なんとなしに頑張ってみても続くわけもなく、天命のようなミラクルも起こることもなく、いつしか青春は過ぎ、いい大人になってからも、その呪縛はつきまとう…。何かから逃げているような、何かをやり忘れたような、モヤモヤとした気持ちにずっと苛まれていた。

 私が走り出したのは、このブログを読んでくださる方はご存じのように、2009年に発症(発覚)した「乳がん」がきっかけだ。「4cmの腫瘍があります」と宣告された時は、「え、冗談でしょう?長く生きられないってこと?」一瞬にして絶望のどん底に突き落とされた。その後、手術や抗がん剤などの治療を経て、何事もなかったかのごとく復帰したが、やはり体力はもちろん、なにより気力が弱っていた。体がキツいとか悲しいというより、とにかく、「なんで自分が…」と悔しくて、運命を恨んだ。そこで、やり場のない思いをぶつけるべく、「この世で一番嫌いだったマラソン」を始めることにした。ボスキャラにはボスキャラで応戦。これをやり遂げたら、がんに勝てるんじゃないか、と…。今思えば、実に根拠のない願掛けにすぎないのだが、そうするしかなかったのだ。

 それから、1年がたち、2年がたち、9年以上もの間、走ってきたことになる。もっと真剣にやっている人はごまんといるので、声高に「頑張ってます!」と言うことは憚られるが、地味ながらも続けてこれたことについては、小声で「頑張ってると思います…」とつぶやきたい。これまた、ささやかでも自己ベストを更新できた、無理だと思っていた距離を走れるようになった、見たことのない世界を見ることができた、なにより「ずっと頑張れなかった自分」と決別することができて、本当に、本当に良かった。

 厳密に言うと、走ることは手段であって目的ではない。とはいえ、この境地につれきてくれたのは、紛れもなく一歩一歩…何万歩も走ってきた、私自身の二本の足である。そう思うと、むげに「走るの嫌い」と一蹴するのもかわいそうな気がしてきたので、来シーズンは「走るの・・・好きかな」と小声で言えるぐらいになっていたいもの。もっと楽しく、もっと強く、さぁ、第2ステージに突入するぞ!

頑張っている自分、あー、最高!
大きな一歩じゃなく、
小さな一歩が重要だってことに、
やっと気づけた、44歳の春。 



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

9年

IMG_4921.jpg

 12月1日は「乳がん記念日」。あの日から、9年が経った。1年経ち、2年経ち…9年。日薬がじわりじわりと効き、苦しかったことや悲しかったことも随分と薄れ、遠い世界で起こったことのような気すらしてくる。でも、告知された日の風景…真っ赤に紅葉したハナミズキ並木や、カーテンの隙間から差す一筋の陽光など、まるで昨日のことのように鮮明に蘇ってくる。以前ほどの恐怖はないけれど、胸がぎゅーっと締め付けられるような感覚は、今なお残る。

 今年の12月1日は、久しぶりに親友と会った。同窓会もあるしね、と、二人で散々買い物し、ほろ酔い通り(酔っ払いの聖地)で、驚くほど激薄なハイボールで乾杯した。もつ焼きをつつきながら、「そうそう、今日で9年経ったよ」と報告。「よかった…。あの時はどうなることかと思ったよ」。よりにもよって…という表現は適切ではないかもしれないけれど、親友の職業は臨床検査技師だ。日々、多くの患者の血液から病を発見するのが仕事である。よって、結果の詳細も分かるからこそ、私以上に深刻さを感じていたはず。「最初の症状を聞いた時、正直、ダメかも…と思った。本当に生きててくれて、ありがとう」。酔っ払いや観光客が行き交う雑踏の中、二人して涙した。

 先週末は、9年検査だった。ここのところ体調が優れず、どうしたものかと心配していたが、「白血球がちょっと低くて、あら!昨日の夜、甘い物食べた?中性脂肪の数値が高いね。でも、それぐらいで腫瘍マーカーの数値も異常なし。9年クリアです。よかった、よかった」と、主治医のW先生。私のがんの性質がホルモン受容体陽性であるため、ホルモンの錠剤(タモキシフェン)の経口投与が10年続く。よって、残すところあと1年。マラソンでいうところの40kmあたり。ゴールは目前。これもマラソン同様、最後まで気を引き締めていかねばならないが、来年の今頃、晴れてゴールしていることを祈るばかりだ。その際には、心配をかけた人々を招いて、上等のワインでも振る舞おう。もちろん、親友には一番いいやつを飲ませてあげなきゃね。


IMG_4920.png IMG_4919.png

検査結果は「CARADA 健康手帳」で管理している。前々回の数値!何かが起こっていたのだろうか(対処していないってことは、管理できていないってことでもあるけれど…)!なにはともあれ、次回までに中性脂肪を減らしたい(というか、クッキー食べません)。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

隠れた才能、44歳で花開くか!?

th_IMG_4804.jpg

 少し前、女友だちと温泉に行った。秋の高原をドライブしながら他愛ないおしゃべり。そのとき誰かが、「私たちが気づいてないだけで、実はまだ眠ったままの才能ってないのかな」と言い出した。私も前々から気になっていて、実家に帰った際、「大成はしなかったにせよ、計算が得意だったとか、漢字博士だったとか…う〜ん、もっとミニマムにボールの遠投とか、縄跳びとかでもいい。なんか他人より秀でたものってなかった?」と、父と母に聞いてみたんだった。だって、やっぱりというか、結局というか、重要なのって遺伝子だもの。オリンピック選手やプロスポーツ選手、音楽家など、たいてい両親もその筋を極めた人だったりする。「鳶が鷹を生む」なんて、そう滅多にないからこそ、ことわざになったわけでさ…。「う〜〜〜ん、ないね〜。実に普通やった」と母。多趣味で器用な父なら望みはあるかも!「(いろいろやったけど)ちゃーんとやりきれた試しがなかばい(この辺り、しっかり受け継いでいる)」。遺伝子への期待、一瞬で崩壊。・・・そんなこんなで女同士、実は歌手に向いてたかも!いや、実はスケートとか!なんて、根拠も生産性もない話でおおいに盛り上がった。

 夕刻、温泉宿にチェックイン。川の流れを見下ろす和室に通された。お茶とお菓子で一息。テレビでも見ようかね〜とリモコンに目をやると、おっ、けん玉ではないか。時間だけはたっぷりある。「やってみよーや」とけん玉に挑戦。懐かしい〜と思いはするが、実際にやった経験はほとんどない。もちろん、うまくいかない。でも、私はその時、何かがスッと降りてきたのだ。玉を降ろし、膝を曲げ、垂直に持ち上げる…エイッ。大皿に乗った!連続で中皿(けんの下の部分)乗せる。もしもしかめよかめさんよ♪…できるし!「さっき言ってた、隠れた才能ってコレじゃないの!」計算でも遠投でもスケートでもなく…けん玉。夕食を終え、みんなでゴロゴロしている間も、私はカチカチとけん玉をやり続け、待ちくたびれた友人たちは寝てしまった。ごめんよ。

 ということで、せっかく見つけた才能の芽を摘んではならぬと、アマゾンでポチッ。とうとう手に入れた、Myけん玉。ちなみに日本けん玉協会認定モデルだ。ちょっとした時間を見つけてはカチカチ。我ながら筋がいいと思う。すると、夫から「カチカチカチカチ、うるさい!俺がおらんときにやって!」と怒られた。早速、才能を潰されかけているが、私は負けない。44歳、まだまだいける・・・はず!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア