無意識の記憶の海

th_shigoto.jpg 


 知り合って日の浅い友人には、「アクセの人」として覚えられているが、収入の主を占めるのは、書いたり、考えたり、仕切ったりすることだ。フリーになって、もう15年も経つのか…。記念日に興味がないのでスルーしていたが、それなりの年月が過ぎている。書いたり、考えたり、仕切ったりと前に書いたが、得意な順番は、仕切ったり、考えたり、書いたり、だな。どっちでもいいか。

 最近、仕事をしていて感じるのは、昔にくらべて「迷わなくなった」ということ。“降りてくる”というほど仰々しいものではないが、スッと視界が開け「見える感覚」を覚える。雑多に散らばっていた点と点がつながり、一本の線になる瞬間。昔を10としたら、いまは3ぐらいで到達できる。

でも、 その一方で「待てよ」と思うのだ。基本的に似たような案件について考えているわけで、知識の蓄積がある一方、それが水垢みたいに固まってしまい、いびつな「ひな形」を形成しているだけ、ではないのかと。もちろん、それが「経験値」というものかもしれないが、それにサクッと当てはめて、ハイ、終了=迷わない…に陥ってできている気になってやしないかと。

 難儀な企画書を仕上げた夕方、どうしてもビールが飲みたくなり、無理くり夫を誘い、近所の焼き鳥屋にいった。酔いに任せつつ。「これでいいんやろうかね」と夫に話したところ、意外な答えが…。「ひらめきって、経験によって学習した膨大な『無意識の記憶の海』から生まれるものらしいよ」だと。どっかで読んだか聞いたかした話らしいが、モヤっと曇っていた気分に薄日がさした。「サクサク仕事が進むのは、経験を積んだおばちゃんの特権たい」。ありがとう、夫よ。せめて、無意識の海が常に満潮であるように多くの情報のインプットすること、そして、時にこうして立ち止まって冷静に水位を確かめること。そんなことを忘れてはいけないなと思う、よく晴れた土曜の朝。

もう少し、やれそうな気がするよ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

8年6カ月

kensa_20180615180623f65.jpg 

 今日は3カ月に一度の定期検診の日。えっと…8年6カ月。1日+1日+1日…3100日ちょっとか。ずいぶん遠くまで来たものだ。今日は患者さんが多く、待合室も満杯。血液検査とCT、エコーを済ませW先生の診察を待つ。「よかったよ〜。異常なし。あら!中性脂肪の数値が悪い!昨日の夜、重たいものとか、果物とか食べたね?」…いや。食べてないですけど…。「前回は正常だったからたまたまだと思うけれど、注意しておきましょう」…ですね(後で思ったが、前日の夜、かなり追い込んで走った。激しい運動はやめておくべきだった)。

 あ、そういえばと、別の病院で受けた骨シンチ(骨に転移していないかを調べる検査)のデータを見る先生。「あ!!!!!」…えっ!!!!!「左胸の横に異常があるじゃない!!」…あ〜、それは、自転車で倒れて骨折したんですよ…「あ〜、びっくりした!(画像を見て)たしかに3本やってるね」…えっ、1本じゃなく3本も!!!!!普通のレントゲンでは詳細まで判明しにくいが、精密機械であれば可能。1本は骨折、2本はヒビ…どおりで痛かったはずだ。「左胸のクッションがないからよ〜。そろそろ再建手術してみたらどうね」…ですね(もう、体にメス入れたくないもんな)。ということで、あわや再発!疑惑も晴れ、病院をあとにした。

 最近、生きるのがラクになったなぁ…とよく思う。病気が分かった8年6カ月前、36歳の私は、生きるのが辛いなぁ…とよく思っていた。もっと高みを目指さなきゃ、子どもだって産まなきゃ、誰かれに負けたくない、まだまだ私はやれるはず!と、不安、恐怖、欲望、葛藤…いつも頭や胸の中で何かがぐるぐると渦巻いていた。若さ故のいわゆる成長痛なのかもしれないが、自分で自分を攻撃して(縛って)いたような気がする。

 がんは自己免疫疾患。その類いのストレス(自意識過剰)が、私自身を痛めつけていたのかな…なんて。「がん」という強制終了はかなり堪えたが、あの頃の私は、こうでもしなければ立ち止まれなかったと思う。もう高みを目指さなくていい、子どもも産まない、誰かと競う必要もない…生きてさえいられればいい。抗がん剤で髪が抜けた頭を眺めながら、ああ、もういいや、と、ひゅるるる…とあらゆる力が抜けていったのを覚えている。悲しかったけれど、すごくほっとした。

 食事療法や民間療法など、特別な再発予防はやっていない。でも、ひとつ決めていることがある。「あの頃に戻らない」これだけだ。とにかく、ストレスを溜めないこと。食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、やりたいことをやる。あの頃は、暇さえあれば頭のなかでいろいろ捏ねくりまわしていたが、今じゃこの有様だ。暇さえあれば西へ東へ走りまわっている。まぁ、心配といえば、脳が筋肉になってしまうことか。文章がゴツゴツしてきた。あきらかに。

あ、でも、中性脂肪の数値は減らさないとね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails

い、ら、ん、こ、と。

shinkansen.jpg 


「昔、機械体操とか、バレエとかされてました?」

取材先のご主人から、おもむろに言われた。「いえ、まったく。この通りカチコチです」。(えっ、体操選手のしなやかな風情というか、バレリーナの気品が漂っているとか!)と、ちょっとイイ気分になったのもつかの間、「いや、歩き方(がに股)がさ、そんな感じだなと…。あら!いらんこと言うたかいな!」。「いえいえ〜、今度からそういうことにしよ〜っと…」と返したものの、うん、いらんことやね…。

いらんことついでにもうひとつ。先日、久々に「言い訳」に遭遇した。取引先にせよ、友人たちにせよ、なにかしらの問題がおこったとしても、あーだのこーだの言い訳する人も周りにはいないし、私も意識して言い訳だけはしないようにしている。よって、“久々”を頭につけた次第。いるんだ、今どき…。私はちゃんと伝えた、誰さんが悪い、こちらにも予定があった…などなど、よくもまぁ、なめらかにお口が動くこと。何も反論せずに聞いていたけれど、「なにはともあれ、無事にお会いできてよかった…」自分の第一声の低さに驚いた。自分の部下ならただじゃおかない。言い訳なんて、本当にいらんこと以外の何者でもない。

なんて、うだうだ書き散らしている自分も「いらんこと」のような気がしてきたので、そろそろ 仕事にもどろうと思う。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts with Thumbnails
プロフィール

カナ

Author:カナ
カナと申します。
だらっとすることと、
テキパキすることが好きです。

Twitter:cotori29

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア